OTONOKO

2016.10.2 sunOPEN 11:30 START 13:00-19:00

ABOUT

今までにない新しいFESを。

2016年10月2日(日)、日本を代表する音楽プロデューサー中田ヤスタカの故郷である石川県
金沢市を舞台に開催された音楽フェス、「OTONOKO」。
地方にて初開催されるフェスとしては、異例の6,500人を動員し、盛大に幕を閉じた。

“今までにない新しいFESを”

をコンセプトに、音楽プロデューサー中田ヤスタカの手がけるFES。
豪華ラインナップのロックフェスでもなく、世界トップクラスのDJが盛り上げるクラブフェスでもない。

そんな“今までにない新しいFES”を目指し、今年も2017年に開催が決定!!
観るものとの一体感を生む圧倒的なステージは必見!

YASUTAKA NAKATA

[中田ヤスタカ]
音楽家・DJ・プロデューサー

‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。
ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don't lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。
音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。
また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。
9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。
クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

OFFICIAL HP | SOUND CLOUD | Twitter | Youtube

公演名
Yasutaka Nakata presents OTONOKO[オトノコ] 2017
日時
2017年12月2日(土)開場11時00分 開演13時00分 閉演19時30分(予定)
場所
石川県産業展示館 4号館石川県金沢市袋畠町南193番地 TEL 076-268-1121

ARTIST

中田ヤスタカ 

中田ヤスタカ

音楽家・DJ・プロデューサー

‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。

ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don't lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」などを発表している。

音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。

また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。

9月1日には、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。

クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

OFFICIAL HP | SOUND CLOUD | Twitter | Youtube

more

close

CAPSULEカプセル

CAPSULE

Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「アップルシードアルファ」の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける“中田ヤスタカ”自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter | Youtube

more

close

Perfumeパフューム

Perfume

広島県出身
結成2000年、メジャーデビュー2005年。
あ〜ちゃん、かしゆか、のっちの3人組テクノユニット。
2007年にシングル「ポリリズム」がブレイク、独自の楽曲、歌詞、ダンス、MC等で多方面から評価を得る。
2016年4月6日にオリジナルアルバム『COSMIC EXPLORER』をリリースし、オリコンアルバム週間チャート1位を獲得。2017年2月15日 シングル『TOKYO GIRL』をリリース。
2017年8月30日 ニューシングル「If you wanna」リリース決定!!
2017年9月6、7日 愛知県体育館、9月13、14日 大阪城ホールと、
「Perfume FES!! 2017」の開催が決定している。

OFFICIAL HP | Twitter | Youtube

more

close

C&Kシーアンドケー

CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性二人組シンガーソングライターユニット。
2010年にメジャーデビュー。
その音楽性は、ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックをルーツに、
フォークや80年代の歌謡曲、クラブミュージックまで幅広いジャンルに至る。
またデビュー以来5年間に渡って"日本全国を地元にしたい!"という想いのもと、
「日本全国地元化計画」と銘打った全国ライブツアーを軸に活動。
その圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、
福岡マリンメッセ、鹿児島アリーナ2days、両国国技館2days等、
1万人規模の単独公演を次々と成功させるにまで成長。
2016年8月には、福岡海の中道海浜公園にて15,000人野外ワンマンライブを成功。
またこのDVDがオリコンウィークリーチャート1位を獲得。
2017年6月7日に15枚目シングル「Y」をリリース。
主要ランキングで13冠を獲得。
2017年8月26日栃木県小山市にて10,000人動員。
2017年10月14日鹿児島県鹿屋市にて15,000人動員。
両地元で野外ワンマンライブを成功させた。
そしてデビュー以来目標としている“紅白歌合戦”出場に向けて邁進中。

OFFICIAL HP | Facebook | Youtube

more

close

岡崎体育 

岡崎体育

京都在住の男性ソロプロジェクト。2016年4月に公開された「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のMVが大きな話題を呼び、同年5月発売のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』は、オリコンウィークリーチャート初登場9位、iTunesのJ-POPチャートで最高位1位を獲得。その「MUSIC VIDEO」は『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞。メジャーデビュー元年とは思えないめざましい活躍で一躍お茶の間にその名を知らしめた。そして今年6月にリリースされた2ndアルバム『XXL』は、オリコンウィークリーチャート2位を記録。その独創的な音楽性とエンターテインメント性を武器に、更なる飛躍が期待されている。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter | Youtube

more

close

DAISHI DANCEダイシ・ダンス

DAISHI DANCE

札幌を拠点に活動するDJ/PRODUCER。
TRIBAL、OLDSCHOOL、MELODICなHOUSEからマッシブなEDMまでその時代で最もアップリフティングなダンスミュージックを軸に、4台のCDJを駆使した様々なジャンルを横断する唯一無二のプレイスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。
幅広い選曲とエンターテインメント性溢れるプレイを武器にDJ GIGは年間200回以上にも及ぶ。
アジア最大のクラブイベントageHaやWOMB、VISIONなど東京を代表する大箱でレギュラーパーティを開催。札幌・大阪・京都・広島・福岡・沖縄などの日本国内のBIG ROOM CLUBでレギュラーDJを務め、ULTRA、electrox、MUSIC CIRCUS、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVALなど大型FESTIVALに出演している。
海外での活動も頻繁に行っており、ロサンゼルス、ハワイ、韓国、中国、台湾、タイ、フィリピン、モンゴルなどの各地で行われたFESTIVAL、CLUBに出演。韓国ではDJ MAG TOP100CLUBS No5に選出されたOCTAGONのレジデントDJを務めている。
一方で、プロデューサーとしても2006年に「the P.I.A.N.O. set」で日本と韓国で同時デビューして以降ハイペースでたくさんのアルバムをリリースし、アルバム累計100万枚以上のセールスを記録している。
ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で、なかでもスタジオジブリ作品の名曲をハウスカバーしたアルバム「the ジブリ set」シリーズは異例の大ヒット、驚異的なロングセールスとなりクラブシーンの枠組みを越えDAISHI DANCEの名を広く知らしめることとなった。独自の哀愁メロディと日本の伝統和楽器とのコラボレーションも大きな特徴となっている。
また、Cr2 Recordsから盟友MITOMI TOKOTOと共作でリリースしたSAX@ARENAはbeatport総合TOP5にランクインするなどインターナショナルレーベルからのリリースや海外ヘッドライナーのREMIXなど国内外様々なアーティストのプロデュース、コラボレーションも精力的で、
プロデュースワークではJ-POPアーティストのみならず、BIGBANGのHaru HaruやMY HEAVENをプロデュースするなど韓国アーティストへの楽曲提供も多数行っている。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter | Instagram

more

close

tofubeatsトーフビーツ

tofubeats

1990年生まれ、神戸在住の音楽プロデューサー/DJ。
10代からインターネットを中心に活動を行い、 SMAP、YUKI、ももいろクローバー、平井堅、RIP SLYME、くるり、クラムボンなど、ジャンルを問わず様々なアーティストのリミックスを手掛ける。
プロデューサーとしてもlyrical school、9nine、チームしゃちほこ、SALU、矢野顕子、ゆず、タッキー&翼など、幅広いアーティストに楽曲提供/アレンジで携わり、 SONY、NIKE、GORE-TEX、資生堂、BEAMS、SEGA、SHIPS、KOSE、PARCO、CONVERSE、 CITIZEN、JRAなど、TVCMやWebコンテンツの音楽制作等も多数。

DJとしても多くの現場をこなし、10代で出演したWIRE出演を皮切りに、各地のDJイベントでも活動中。
2014年にはイギリスBBCのラジオプログラム『BBC Radio1Xtra Diplo and Friends』 に日本人として初出演を果たした。

ソロアーティストとしては「水星 feat.オノマトペ 大臣」を収録したアルバム「LOST DECADE」、外部仕事を纏めたワークス集2枚を2013年にリリース。
同年秋にはWARNER MUSIC JAPANのレーベルunBORDEからメジャーデビューEP「Don't Stop The Music feat.森高千里」をリリースし、 2014年春にメジャー2nd EP「ディスコの神様 feat.藤井隆」をリリースし双方話題となる。

2014/10/02に待望のメジャー1stアルバム「First Album」をリリース。
以降、「First Album」「POSITIVE」と2枚のアルバムやリミックス・アルバム、EP各種をリリース。
2017年2月には約1年半ぶりとなる新曲「SHOPPINGMALL」、続く3月に新曲「BABY」を連続配信リリース。
2017年5月24日にメジャー通算3枚目となるアルバム「FANTASY CLUB」をリリース。


OFFICIAL HP | Facebook | Twitter | Youtube

more

close

80KIDZエイティーキッズ

‘07年1月に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。以後、フル・アルバム5作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、SUMMER SONICをはじめとするビッグ・フェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。
’16年3月23日にスーパーベーシストKenKenや、パリ出身のインディー・ロック・バンドJAMAICAのボーカリストAntoine Hilaire、国内の新進気鋭アーティストCapeson、Maika Loubté、OBKRらとのコラボを含む5thフル・アルバム『5』をリリース。
‘17年、約3年半ぶりにダンス・トラックEPシリーズ『80(ハチ・マル)』を再開。1月にリリースした『80:05』を皮切りに4ヶ月連続で配信EPをリリースした。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter

more

close

TeddyLoidテディロイド

TeddyLoid

弱冠18才にしてMIYAVIのDJ~サウンド・プロデューサーとしてワールドツアーに同行し、そのキャリアをスタート。
☆Taku Takahashi(m-flo)と共にガイナックスのアニメ"Panty & Stocking with Garterbelt"のOSTをプロデュース。柴咲コウ、DECO*27とのユニット、galaxias!の結成、ももいろクローバーZの"Neo STARGATE"のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演、アニメ『メカクシティアクターズ』へのBGM提供、ボーカロイドIAのプロデュース~リミックス、『アニメ(ーター)見本市』中の吉崎響監督作品『ME!ME!ME!』、スクウェア・エニックスの『無限∞ナイツ』、宮本亜門演出のWRECKING CREW ORCHESTRAの長編新作公演、"SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う"等を手掛ける。2014年8月にキングレコードEVIL LINE RECORDSよりEP、"UNDER THE BLACK MOON"、続く9月にファーストアルバム、"BLACK MOON RISING"をリリースし、ソロ・アーティストとしてメジャー・デビュー。2015年夏には『ももいろクローバーZ × TeddyLoid Remix Project』をスタートし、9月には初の公式リミックス・アルバム、"Re:MOMOIRO CLOVER Z"としてリリースを実現。ももいろクローバーZの夏の大型公演『桃神祭2015』では、DJとしてフロントアクト出演を果たした。12月には全12曲に計14組の豪華ゲスト・アーティストを迎えた初のコラヴォレーション作品、"SILENT PLANET"をオリジナル2ndアルバムとしてリリース。小室哲哉、中田ヤスタカ、柴崎コウ、KOHH他、豪華かつ大胆な共演が話題となっている。4月からオンエア中のモード学園グループの学校法人・専門学校 HALの2016年度TVCM「嫌い、でも、好き」篇では、DAOKOと共に音楽を担当している。海外からの評価も高く、RADWIMPS、BABYMETAL、ONE OKE ROCK、ピコ太郎に並び、2016年の海外のSpotifyで最も再生された日本のアーティスト5組に選出される。実際に"ANIME EXPO 2016"、"New York Comic Con"といった、北米最大のジャパンカルチャー・フェスのDJイベントにヘッドライナーとして例年招聘されている。また、2ndアルバムの続編、スピンオフとして、"SILENT PLANET 2"と銘打ち、KOHH、ボンジュール鈴木、ちゃんみな、banvox等の個性的なアーティスト達とのコラボレーションを収めたデジタルEPを断続的にリリースしている。森本晃司監修による新作TVアニメ『18if』では主題歌とエンディングを担当し、『もののけ姫』以来、20年振りのアニメ主題歌となる米良美一と共演を果たした。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter

more

close

HIKAKIN & SEIKINヒカキン & セイキン(TeddyLoid Special Live Guests)

TeddyLoid

HIKAKIN
国内チャンネル総登録者数No.1、日本YouTuber界のパイオニア。ヒューマンビートボックスにはじまり、面白商品の紹介やゲーム実況など、多彩にこなすマルチクリエイター。
HikakinTV | HikakinGames | Twitter

SEIKIN
SeikinTV、SeikinGamesを運営するYouTuber。HIKAKIN(ヒカキン)の実の兄。
YouTubeのチャンネル登録者数は合計360万人以上(※2017年10月現在)。
作詞作曲、面白商品の紹介、料理、ゲーム実況などジャンルにとらわれない幅広い内容の動画で人気を集める。
中でも自身が作詞作曲を手掛けたYouTubeテーマソングは総再生回数5,800万回を超える作品となった。
SeikinTV | SeikinGames | Twitter

more

close

RUAN OHYAMAルアン オオヤマ(TeddyLoid Special Live Guests)

RUAN OHYAMA

大阪出身。14歳。
Michael Jackson、Beyouce、Taylor Swiftなどに影響を受け音楽に興味を持ち始め、
幼少期から歌やダンス、語学、アコースティックギターやピアノをほぼ独学で学び、
常に感じたもの・ことを素直に歌詞に表現することが彼女のスタイルである。
国内のみならず、アメリカでも路上ライブ・イベントハウスにてパフォーマンスを成し遂げた。
その中の一作品をONE OK ROCKのボーカリストTAKAがSNS上で“She’s so talented!”とコメントし、自身のライブに招待。
約20,000人の前で、1日目の公演に彼らのカバー曲「完全感覚Dreamer」、2日目に「Wherever you are」
それに加え両日とも彼女のオリジナル曲「The beautiful girl is about u」の2曲を披露した。
飛び入りしたパフォーマンスは会場の人々を魅了し、より多くのファンを誕生させる事となった。
Instagram・Twitter・YouTubeなどのSNSでも積極的に活動をしており、
様々なアーティストのカバーソングなども投稿し、現在約35,000人ものファンが彼女をフォローしている。
また、本人初となるオリジナルEP「spice 13 acoustic EP」を自主制作し、ダウンロード・ストリーミングにて配信中。

Twitter

more

close

banvoxバンヴォックス 

2011年より活動を開始し、同年にインターネットレーベルMaltine Recordsよりリリースしたデビュー作『Intense Electro Disco』が僅か2 日間で4,000DLを記録。2014年にはiTunesがその年に最も活躍が期待されるアーティストに送る“iTunes NEW ARTISTS 2014”に選出され、12月にリリースしたファーストフルアルバム『Don’t Wanna Be』はiTunesダンスチャートで1位、総合アルバムチャートで4位を記録した。2015年、5/20にリリースした『Summer / New Style』はiTunesダンスチャートの1位2位を独占。その後6月にはULTRA KOREA、7月にはULTRA EUROPEと海外フェスに立て続けに出演。9月には前年に続き再びULTRA JAPANのメインステージに出演した。その勢いは留まる事を知らず、2015年2月と11月には話題のGoogle Android のCM楽曲を担当。その後リリースされた同”Watch Me”はBeatport Dubstep Chart、Shazam Japan Chart、iTunes Dance各1位と三冠を達成。2016年4月からはモード学園のCM楽曲も担当している。banvoxが繰り出す最先端の音楽は海を超え、どこまでも広がり続ける。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter

more

close

新しい学校のリーダーズ(OPENING ACT) 

新しい学校のリーダーズ

踊る、セーラー服と奇行癖。と称され む、む、む。と、ざわつきながらも、
つまらない現代社会を強く・楽しく生きるべく、個性を発揮し、許される自由を見つけることで
社会に怒られないレベルでアンチテーゼを投げかけ、【はみ出していく】小さな小さなレジスタンス。
4人組ダンスパフォーマンスユニット「新しい学校のリーダーズ」でーす。

OFFICIAL HP | Facebook | Twitter

more

close

MANONマノン(OPENING ACT)

MANON

ストリートスナップの常連として注目される福岡在住の15歳。ゆるふわラップなデビュー曲「xxFANCYPOOLxx」以降、ヒップホップやオルタナティブ・ロックといった”ユース・ミュージック”の現在形と、ガーリー・カルチャーを融合させたハイセンスな音楽性でも期待を集めるニューカマーです!
Instagram | YouTube

more

close

2nd STAGE

JUMPIN'

JUMPIN

DJ RIN

DJ RIN

中村 瞳子

中村 瞳子

Kus Kus

Kus Kus

DJ RISA♥

DJ RISA

GIRLS DINNING

GIRLS DINNING

DJ加賀温泉

DJ 加賀温泉

YOCO ORGAN

YOCO ORGAN

namekujikiss

namekujikiss

YUNA

YUNA

Emil.

Emil.

自家製Upper

自家製Upper

YoungKingzHood

YoungKingzHood

KingzHood

KingzHood

Work Out Boyz Club

Work Out Boyz Club

HELLION

HELLION

2nd STAGE SPECIAL GUEST

GUEST DJ・GUEST LIVE

Una

Una

やのあんな

やのあんな

2nd STAGE SHOW CONTENTS (napla show)

GUEST MODEL

中田 クルミ

中田クルミ

在原 みゆ紀

在原 みゆ紀

後藤 恵理佳

後藤 恵理佳

やのあんな

やのあんな

TIME TABLE

TICKET スタンディング

超最速先行早割チケット
2017年6月10日(土)10:00~
~2017年6月19日(月)23:59まで
超最速先行早割チケット¥6,000
一般前売チケット
2017年7月2日(土)10:00~
~2017年8月20日(日)23:59まで
一般前売¥6,800
一般前売チケット (2次)
2017年8月26日(土)10:00~
一般前売¥6,800 ローソンチケット
Lコード:52683(http://l-tike.com/concert/otonoko2017/
テレ金チケット(https://l-tike.com/st1/ktk-ticket/ チケットぴあ
Pコード:337-029(http://w.pia.jp/t/otonoko/
イープラス(http://eplus.jp/otonoko/ セブンチケット(http://7ticket.jp/s/056769 iFLYER(https://iflyer.tv/ja/event/291125/ カンフェティ(http://confetti-web.com/otonokojp HMVイオンモール高岡 HMVイオンモール各務原
オフィシャルバスツアー
1次募集/2017年7月31日(月)16:00~
~2017年8月24日(木)23:59まで

2次募集/2017年9月1日(金)16:00~
~2017年10月5日(木)23:59まで

3次募集/2017年10月6日(金)16:00~
~2017年11月13日(月)23:59まで
オフィシャルバスツアー
シャトルバス シャトルバス

※上記価格には消費税が含まれております。
※3歳以下入場不可

CONTENTS

OTONOKO OPENING DJ AUDITION

OTONOKO 2017 PRE MEETING

OTONOKO 2017 後夜祭

スマホ向けエンタメ情報サイトuP!!!キャンペーン

ACCESS

石川県産業展示館 4号館 石川県金沢市袋畠町南193番地 TEL 076-268-1121

最寄の交通機関

JR金沢駅から
北鉄バス 「下安原」行に乗車、「袋畠町西部緑地公園」下車後、徒歩5分
北鉄バス 「済生会病院」行に乗車、「西部緑地公園」にて下車
タクシーで約15分

お車でお越しの場合

北陸自動車道/金沢西インターから車で5分

SNS