【アンナチュラル】ネタバレと解説

アンナチュラル

アンナチュラルのネタバレ・考察などを解説したいと思います。アンナチュラルは法医解剖医のミコト(石原さとみ)が”不自然な死”を解明していく姿を描く1話完結型の医療ミステリーで、2018年の作品ですが、まるで今(2020年)の現状を予感しているかのようで、第1話が再び脚光を集めています。

脚本家は『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さん、2020年の夏ドラマ『MIU404』も野木亜紀子さんを筆頭に『アンナチュラル』のスタッフが結集して話題となったのも記憶に新しいですよね。野木さんらしい細部まで丁寧な設定と伏線をしっかり回収していくストーリーは必見です。

このドラマは石原さとみさんにとってはもちろん、中堂役の井浦新さんにとっても代表作の1つとなったことでしょう。また、主題歌が米津玄師さんの「lemon」で、終盤に曲が流れ出すと切なく熱いメロデイーに涙腺が崩壊してしまいます。

→ 【アンナチュラル】見逃し配信・無料動画まとめました(金曜ドラマ)石原さとみ主演

参考にしている動画

→ 今回の動画はこちら

→ おすすめ別・目的別の動画選びで迷っている方はこちら

今日はこの作品についてね数はネタバレしてしまうんですけれども大筋の事件というのはネタバレしませんのでネタバレする時は言いますので注意してください今作の舞台となっている不自然死キューメイ研究所 to show UDI ラボはですね音で起きた様々な不自然死というの解剖することでその謎を解明していこうという施設なんですよね日本ってね県私立っていうのがめちゃくちゃ低い国らしくてなんで死んでしまったのかわからない不自然なしっていうのも調べられることなく適当なシーンというのつけられた処理されることが多いらしいんですよねそんな問題打ち砕くれたこの UDI ラボですね愛と死何百もの依頼というのがやってくるわけですよしてこの UDI ラボに勤めるみすみみことという主人公と彼女を中心としたチームの仲間たちで様々な人々の不自然なし様々な人々の死の謎というのは解明していくという物語なんですよねこのするならばミステリーの分野に入ると思うんですけども作品を見た時にこんなにも美しいミステリーのと驚いただけですよ犯人は誰なのかというところにスポットが当てられるんですが今作は犯人ではなくその人は死んでしまったのかという神というのにスポットあるわけですだからこその人が死んでしまったバックボーンにあるあまりにも切なくあまりにも残酷な真実というのがめっちゃ心に刺さるわけですよママなどというの解明していく一話完結型のドラマなんですがこれがあっちで神様じゃなくて前は泣けますほんと冗談じゃなくてマジでトラウマって誰かにはぐらいおきに行くエピソードあるじゃん国内のフルスロットルで全部のそんな伝説の幕が上がった第一話と思ってるの全てが詰まってるんじゃないかと言っても過言ではないぐらいの出来だったんですよね。こっから第1話のネタバレっていうのガッツリしゃべって行こうと思うんで。会社員の男性なんですが部屋で突然死してしまったとでも家族はこの突然死と言うのに違和感を覚えてるわけですなんで息子突然死んでしまったのかというのを開始する事になるんですけれどもそのタイミングですねなんとこの男性が亡くなった翌日に同じ会社の同僚の女性というのも彼と同じように突然死してしまったという事件が発覚するんです立て続けに起こった謎の突然死偶然にしてはあまりにも出来すぎているこの子の連鎖に見せてミニことは頭抱えることになるわけですよ一体何でこんなことにどうして調べて行くと彼らは遠くによって殺された他殺体なんじゃないかというメモして語ってくるんですよねどうして容疑者に上がったのはですね最初になくなっていた男性の元恋人の女性なんですが彼女トークを扱うプロフェッショナルで日夜研究で2個持って毒物の研究をしている人だったんですよねそのタイミングですね亡くなった二人が勤めていた会社の社員からあるリーク情報を使うんですよねあの二人実はできてたって知ってますかそう亡くなった男性はですね彼女とお付き合いをしていながらもその次の日に亡くなった女性と不倫関係にあったんじゃないかと社内で噂になっていたんですよねその不倫というの知っていた彼女は6人おって二人を殺害したんじゃないかとここに来て同期も揃ってきたぞと彼女やっとんじゃないかと思うんですけれども調べれば調べるほどは彼女に結びつく証拠というのが一切出ないんですよね彼が生前食べたクッキーなんかを調べてみても毒物なんてのは一切出てこない彼女が毒殺したんかと香港的にこれ毒殺なんかそれすらも怪しくなってきていた時にあることに気づくんです男性はですね亡くなる直前までアラビアに出張に行っているという事実が明らかになったんですよねこれみすみみことピンとくるわけですこれは偶然な事故でキスをしようこの国を支えてきた人も 今学生でベテランから新人に変わるのは意外と悪くない缶コーヒー来なければどう草津でもない様子だともう亡くなった男性はサウジアラビアから mers コロナウイルスというウイルスを持ち込んでしまったのではないかとこのウイルスはですね未だ日本で感染の例がないという新型のウイルスで日本10大パニックに陥るわけおーいおーい届くによる事件かと思いきやマーズコロナウイルスによる病死だったんだとこんなことが明らかになった瞬間20が張りのことをバッシングし始めるんですよねこの男性の方が無責任じゃないかとすると彼の生前の恋人であり最初は容疑者として疑われている女性アリスに必死に彼のことを庇おうとするんです彼はそんな無責任なことはしませんと彼は出張から帰った後健康診断にも行ってましたとこもありますこれ健康証明書リストでも通常の健康診断でまずコロナウイルスというのは発覚しないんですよねりことは明らかにするべきではないパンドラの箱を開けてしまったという切なさに彼女に謝るわけですよごめんなさいこれまで以上にあなた達に辛い思いをさせるかもしれないとこうして彼はどんどんどんどん九重の人間からバッシングを受けるわけですよもうなくなっているのにも関わらず死人に口無しなんて言葉あるけれどもいろんな要素というのが飛び交うわけですが9月の形はその時によって大バッシングを受けてるんですよねしかしですねこの一連の事件にはもうひと展開とんでもない結末というのが用意されていたんですよね。一番最初は毒によって殺害されていたんじゃないかという疑いをかけられるんですけど6月ってのも色々あるわけですよ家番厄介な毒ってのが何もなき毒でまだ誰も重宝してなければ未だ誰も成分を解明していない新しい毒というのはあれにも解明することができないだから何もなき毒をもし彼女が作ってそれを彼らに飲ませているのとしたらこれは完全犯罪歌詞物語中盤になると実は新型のだったとこに行って何もなき毒の海が変換するんですよねこの名もなき毒の本当の意味っていうのは僕この二つじゃないと思ってて匿名で投げられる誹謗中傷の数々や社内で噂になっていたあることないことも手間の噂これらをひっくるめて名もなき毒だったんじゃないかなと本当に怖いのは気の毒でもなければ新型のウイルスでもない人間の集団心理が生み出す闇なんじゃないかとかこういったね色んな意味というのがこの名もなき毒には含まれているもこのタイトルだけでも十分に秀逸なんですけれどもこの作品の序盤でバイトルして新しく入ってきた新人のろくろっていう青年がいるんですけどあれが太尊につぶやくだけですよ方位学ってのは死んだ人の学問でしょうと死体を解剖してその謎を解明するなんて言っても生きている人たちにとっては何の価値もないんじゃないのとその発言に対してにことは反論するんですよね大学は未来のためのことなんだよとこの法医学は未来のための仕事っていうのが今作のキーワードになってくるんですけど今の流れ聞いてもわかるよねこのドラマが放送されたのは2018年なんですがそれから2年後の今新型のコロナウイルスによって日本中が大パニックに陥った2年前のドラマで石原さとみがこれをもう用件していたんですよねコロナウイルスが日本中を大パニックに陥らせるという言葉がまんま2年後現実世界で起きてしまうわけですよ本当に法医学は未来のための仕事というのが現実とリンクしたわけですよでも何が1番強いってさ実際にさクラスターになってしまった人達っていうのは本当に人々の集団心理がまもなくというのも同時に発生してしまったんですよね。

-参考動画

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie