【24 JAPAN】第1話(00:00 - 01:00)感想・ネタバレ/どうしても粗探しに終始してしまった第1話

00:00 - 01:00

放送日:2020.10.9

“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時――。

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。

ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかってしまう。

あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!

一刻を争う状況の中、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる!

しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう!

一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。

更にその頃、はるか上空を飛行する旅客機の中では、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた――。

番組HPより

24 JAPAN第1話 感想 ※ネタバレ注意

思いのほか 24 season1 のまんまでした。24を見たのは何年も前だから懐かしく感じました。

ドラマとしてはなかなか良く出来てると思いますが、どうしても比べてしまうのは本家の「24」。そうすると緊迫感が圧倒的に足りなくて物足りなさを感じてしまいました。

本家の場合、リアルタイム感を演出するためにカット割りを使ってますが、JAPANでは首を傾げたくなるような使い方をするし、むしろそれいる?と思うような場面が多々。だからリアルタイム感は今のところまったくないし、惹きつけられるような魅力もあんまり感じませんでした。

あと演技の残念なシーンもありました。アメリカの作品は演技が過剰な場合が多いじゃないですか。でもそれはアメリカの文化だしむしろそれが自然。それをそのままなぞって失敗気味かなと感じるのがSUITS/スーツ2の織田裕二さん。

JAPANで特にそれを感じたのが片瀬那奈さん。マンディ役を演じていますが、あの誘われたら決して断れない妖艶な演技をまんま日本人がやると「痴女?」って感じで滑稽に見えてしまった。マンディ役のミア・カーシュナーさんって当時25・6ですよね、たぶん。一回りくらい違う片瀬さんならもっと違う素敵なアプローチができたはず。あとトイレでもっとヤッた感出さないと。

テリー役の木村多江さん、ニーナ・マイヤーズ役の栗山千明さん、トニー・アルメイダ役の池内博之さん、ジョージ・メイソン役の佐野史郎さんなどは独自の良い味を出してます。

ですが、ジャック役の唐沢寿明さんは今のところ納得できません。支部長の足をいきなり撃って首を絞め落とすあたり、それまでの獅堂の言動から「え?いきなり何しだすのこの人!?」って感じで奇妙に思えてしまいました。これからジャックは激しくなっていくから、そこに期待したいですね。

何気に不満だったのがキム役美有のパスワード。なんで「LIFESUCKS」じゃなくて「LOVEPAPA」なのさ。それに抜け出した先で会う大学生とのキスが口元隠してしてないのがバレバレ。片瀬さんの件もですけど、そういう細部なんですよね。質が低下するのって。

批判的に書いてますが、それはどうしても本家と比べてしまうから。比べなければおもしろいドラマだと思います。次回も見る予定。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie