【24 JAPAN】第11話(10:00 - 11:00)感想・ネタバレ/獅堂を狙う暗殺犯の目的は復讐!7年前の極秘任務との関係

10:00 - 11:00

放送日:2020.12.18

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺しようとした実行犯だと疑われ、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長を解任されてしまった獅堂現馬(唐沢寿明)。

彼は警察の追手から逃れながら、あろうことか暗殺計画に関わっていると思われる投資会社の社長・テッド福井(飯田基祐)を拉致!

暗殺計画に関与する謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)の居場所を聞き出そうとする。だが、テッドは知らぬ存ぜぬの一点張り。暗殺計画の関係者との接点についても、シラを切り通す。

一方、墜落した旅客機の搭乗者データを分析していたA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、暗殺未遂騒ぎのあった現場から逃亡したカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)の名前がデータから消されていたことを発見する。そう、皆川は墜落事件の犠牲となり、暗殺未遂騒ぎの何時間も前に亡くなっていたのだ!

だとすれば、“逃亡した皆川”は一体誰なのか――。謎は深まるばかりで…。

やがて現馬は、テッドがある男からの急な要請で、落ち合う約束をしていたことを知る。A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)にその男の素性を調査するよう依頼すると同時に、自らその正体不明の男に会おうとする現馬。ところがその矢先、テッドがナイフを手に現馬を襲撃し、「すべては自業自得。報いを受けろ!」と“不穏な言葉”を浴びせ…!?

同じ頃、六花と美有も命の危機にさらされていた。麗の暗殺計画を完遂するため“第2の作戦”に着手し始めた黒幕=アンドレ・林(村上淳)がなんと神林に対し、2人を殺すよう命令したのだ――。

番組HPより

24 JAPAN第11話 感想 ※ネタバレ注意

前回わずかな希望を頼りにテッド福井を拉致しましたが、やっぱりコイツは黒でしたね。

最初は知らぬ存ぜぬで押し通し、泣き落としまで使ったテッドでしたが、一転隠し持っていたナイフで獅堂を襲います。

7年前の東南アジアでの極秘任務に関わっていたらしく、「すべては自業自得。報いを受けろ!」と言い残して心臓発作で死んでしまいました。

唯一の手がかりが死んでしまい落ち込む獅堂でしたが、この後テッドが会うことになっていた人物との待ち合わせ場所に向かうと、その人物はまさかの寿々のパパ!(の偽物)

このだだっ広い駐車場は千葉県の長柄にある元アウトレットパークですかね?ずいぶん前に1回だけ行ったことがあります。あんなに生クリームたっぷりのクレープはここ以外になかったなぁ。どうでもいいですね笑笑

寿々パパと取引してアジトに乗り込むことになった獅堂。いよいよ次回はアジトに潜入ですね!

六花と美有は「用なし」としてアンドレ・林が殺すように神林に命令します。

神林の命を受けた市来が2人を殺しにやってくると...... 六花の手には銃が!この銃はケンが護身用にもたせてくれた剛のピストル。

六花が銃を2発放ち、自分らを処刑したように見せかけました。この状況で「私達を処刑するなら銃は2発必要でしょ」と判断できる六花はスゴい!

一方、もう1人の主役の朝倉麗は何にも進展がない。総選挙当日なのに何時間孤児院にいるんだろう……

上州を呼び寄せて「誰かに危害を加えることは許さない!」と言うも、「オレのボスはあんたじゃない。あんたのスポンサーはこれまでかけた金と時間を無駄にしたくないだけだ」と一蹴されてしまいます。

正義感だけじゃどうにもならないんですね……

その麗ですが、7年前の獅堂の極秘任務に何らかの形で関わっている様子。だから暗殺犯たちは朝倉麗も狙ってるんですね。

暗殺犯の動機が徐々に明らかになってきました。次週で半分折り返し。どんどん展開が進みそうです。

TELASAとABEMAで見れる特別編ですが、今回は何の意味もなくて笑う。たんに「本当にすまないと思っている」って言いたかっただけでしょ。

オリジナルを吹き替えで見てる人ならこのセリフの意味わかりますよね。

前回も言ったけど、24 JAPANの制作陣がこの作品をネタ扱いして欲しくないなー

今までは事件に関わる裏の出来事を描いてたから良かったけど、こんなネタみたいなのいらないよ。

▼あらすじ・感想・ネタバレ

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie