【24 JAPAN】第9話(08:00 - 09:00)感想・ネタバレ/獅堂はなんとか逃走し、マドカの報道は食い止められた

24 JAPAN第9話 感想 ※ネタバレ注意

前回、南條の機転で菫を捕まえ、獅堂はSPと揉めて銃を発砲することで暗殺計画を未然に防ぎましたが、獅堂は捕まってしまいました。

獅堂、逃走中

獅堂はCTUに拘束され連行される途中で逃げ出し、一般人を人質にして工事現場の事務所に立て篭もりました。

なかなかジャック染みてきたけど、やっぱり日本だと不自然に感じてしまいますね。

工事現場の電話から水石に連絡し、菫が内通者だと聞かされると、妻と子供の居場所を聞き出すために菫の息子を連れてくるよう指示。うーん、鬼畜(笑)

その電話で車を手配するよう指示をすると、しばらく人質と立て篭もりを続けます。

すると、車が到着するよりも先に警察が到着。人質に車をとってくるようお願いするけど、人質はそのまま警察に駆け込んでしまいました。どうして人質を信用してしまうのか…

その様子を見ていた獅堂は「マズイ!」と窓から脱出して車を確保し、逃走しました。そんなことできるならもっと他に人質を上手く使う方法があったのでは…

一方、六花と美有は相変わらず人質のままですが、美有を襲おうとした神林の部下に「私でどう?いいでしょ?」と美有を守って犯られてしまいます。

これぞ母親って感じですね。娘を守るためなら何でもするっていう気概が素敵です。しかもドサクサに紛れて部下のスマホを入手。すごい!

遥平がマドカを懐柔する

朝食会で先手を打って公表する作戦が失敗に終わり、9時のニュースでマドカが発表することになってます。

そこで遥平はマドカに「発表を遅らせる代わりにスクープを渡す」と、暗殺犯として捕まったのは国の秘密機関の人間だと話しました。「国家の陰謀ってこと?」とマドカは食い付きます。

マゴさんから「捕まったのは獅堂元馬という男だ。今は逃走しているらしい。」と聞かされた麗は、「獅堂元馬なら拘束された状況から逃走するのもやりかねない」と獅堂を知ってる様子。

直接会うまでもうちょっとですね!

菫死す

息子に手錠をかけられている姿を見られたくないと、少し考える時間を欲しいといい、1人になった好きに手首を切って自殺を図りました。

なんだか切ないですね。息子の手術費用のために神林に協力し、今はCTUに協力するよう求められている。

証人保護プログラムを使えばCTUに協力した上で、神林の手の届かないところで暮せると思うんだけど、そんなこと考える余裕もなかっただろうし、日本にはそんなものないしね。

そういえば大統領の恩赦とかどうするんだろう。あれ、結構重要だと思うんだけど、日本の総理大臣にはそんな権限ないし…

と思ったけど、シーズン1では恩赦の要求とかなかったような気もする。パーマーは大統領になる前だし。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie