【30禁 それは30歳未満お断りの恋。】第4話の感想・ネタバレ/捨てます

捨てます

放送日:2021.2.1

志乃の勤める四つ葉ホームズは40周年を迎えCM撮影をすることに。

撮影当日、イメージキャラクターを務める逢坂美鶴から、河合と同級生だったことを聞いた志乃は河合の恋人が美鶴であることに気づき、河合に対して不信感を募らせると同時に河合を責める権利はないと悩んでしまう。その思いを河合にぶつける志乃だったが、河合にきっぱり美鶴を捨てること宣言され、余計に心が揺れるのだった。

一方で真雪との関係に思い悩むが、真雪が本気で向き合ってくれるからこそ、二人の間で迷う自分の気持ちにケリをつけ、真雪を捨てることを決めるのだった。

番組HPより

見逃し配信(第4話)
2021年02月09日で終了しました。
見放題(全話無料)

30禁 それは30歳未満お断りの恋。第4話 感想 ※ネタバレ注意

志乃がCMに起用した美鶴はまさか、河合の結婚ができない恋人でした。CMで美鶴を起用する話をした時の河合のぎこちなさはここにあったんだなと納得させられました。

美鶴は志乃に河合のことをよろしくとわざわざ挨拶をします。お見合い相手の恋人が芸能人。そして、宣戦布告ではないにしろ、わざわざ挨拶まで。そんなこと言われてしまったらなんだか不信感が生まれますよね。

このことで全てを悟った志乃。自分も真雪という存在がいるため河合を責めることは出来ないけれど、何故か感じる絶望のようなもの。そんな失意の中、帰宅すると部屋は相変わらず散らかり放題。志乃の怒りのピークがこのタイミングで来るのは仕方ない気がします‥。

バレンタインデー、河合の部屋を訪ねた志乃。部屋も綺麗で料理も上手。本当に欠点がなさそうな河合に、志乃は美鶴に会ったことを話しました。

美鶴との関係は、お互いの将来が一致しないと話す河合に、自分の気持ちを抑えられるのかと聞く志乃。すると、河合は「美鶴を捨てる」と真っ直ぐに答えました。

結婚相手として完璧な答えをいつもくれる河合に対し、志乃は後ろめたさのようなものを感じたのだと思います。

用意したチョコも渡すのも忘れた帰り道、自分にはこんな風に真雪を捨てることが出来るのか、ちゃんと前に進めているのかと自問自答する志乃。志乃にとってこの日はすごく考えさせられる1日だったと思います。

帰宅した志乃。バレンタインデーのこの日、真雪の誕生日だったことを知りかなり慌てます。

志乃のリアクションが見たくて隠していたと言い、志乃のリアクションが十分すぎるプレゼントだと話す真雪は本当に志乃が好きなんだろうなと思いました。

幸せなはずの朝。志乃は「真雪くんを捨てます。」ダメージのあるこの言葉を言わなければならないと決心を固めるのでした。本当に志乃はこの言葉を真雪に伝えることができるのでしょうか。次回が気になります。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie