【30禁 それは30歳未満お断りの恋。】第5話の感想・ネタバレ/31歳の選択

30禁 それは30歳未満お断りの恋。第5話 感想 ※ネタバレ注意

河合が美鶴を捨てると言った潔さ、そしてある種の誠実さ。志乃は自分も真雪や河合に対してそうでないといけないと思い悩んでいました。しかし、真雪との生活の中で別れ話をする隙がないと嘆き、自分の中に逃げ道のような、言い訳のようなものを持ちながら、真雪をきっぱりと切ることが出来ないまま‥。

そんな中、河合から正式にプロポーズされ、真雪につけられたキスマークを触りながら志乃は答えに迷います。消せない真雪の存在。ここで志乃の答えはある意味出たんじゃないかと思いました。だけど、そういう訳にもいかない志乃はようやく別れの決心を固めるのでした。

一方、河合も美鶴とこれでよかったのかと連絡を取り合いました。志乃にプロポーズしたことを伝えた河合は美鶴に引き止めて欲しかったのかなとも思いました。

美鶴はお互いやりたい方に向かっているよと話しましたが、やりたい方に向かっていても、肝心なのは誰となのか。きっと河合は美鶴のその方向へ向かいたかったはず。河合は心の苦しさのようなものを「器用な大人」として、乗り越えようとしているのだと感じました。

河合に返事をしに行こうとする街の中、偶然出会った真雪の突然のプロポーズ。だけど現実的に見て、年下の真雪との結婚はどう考えても要領のいいものではなく、歳の差の引け目も確実にあります。

真雪からの言葉を余裕のある年上の女性として、軽く流そうと努める志乃。だけどそんな気持ちは真雪にも筒抜けで‥。それでも真雪との別れを選んだ志乃は、その勢いで河合にOKの返事をするのでした。

そしてもう戻れないように、河合との関係を進めようとする志乃。こうでもしないと自分の決心が揺らぎそうだと志乃はわかっていたのだと思います。

31歳、志乃の選択。本当に志乃はこのまま真雪を捨てることが出来るのか。次回も楽しみです。

『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie