【七人の秘書】第1話の感想・ネタバレ/プロフェッショナルな秘書たちによる痛快・勧善懲悪ドラマ

七人の秘書

放送日:2020.10.22

ホテルのVIPルームで密会している東都銀行の頭取・一原福造(橋爪功)と秘書・照井七菜(広瀬アリス)。楽しい時間を過ごす2人だが、突然福造が苦しみ始め、意識を失う…。すると、ホテルの制服を着た望月千代(木村文乃)、長谷不二子(菜々緒)、パク・サラン(シム・ウンギョン)、鰐淵五月(室井滋)が現れ、心肺蘇生を試みる。

しかし、その甲斐なく福造は死亡。オロオロ取り乱すだけの七菜を横目に、4人は淡々と部屋に残った証拠の隠滅作業を進める。

一方、フロントでは風間三和(大島優子)が、支配人に宿泊記録の削除を命じていた。その後、三和の手引きで風のように去って行く5人――。

実は生前、福造が行きつけのラーメン店の店主で司法書士の資格をもつ萬敬太郎(江口洋介)に、どこで倒れても自宅で亡くなったことにしてくれと依頼しており、彼の指示で5人が駆けつけたのだ。

急なトップの死に騒然となる中、福造のお別れ会が催され、財務大臣の粟田口十三(岸部一徳)をはじめ政財界の要人たちが続々と式場を訪れる。献花係を務めるのは常務秘書の千代。警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)の後ろに控えるのは秘書の不二子、東京都知事・南勝子(萬田久子)とその秘書・三和、慶西大学病院の病院長・西尾忠彦(大和田伸也)と秘書のサラン。秘書たちは互いに素知らぬ顔で花を受け取り献花する。

そんな中、式場の外では、千代のボスで常務の安田英司(藤本隆宏)が千代田支店長の守谷正(山崎樹範)に泣きつかれていた。町工場の決算書を改ざん、不正融資した金を安田に回していたが税務調査で目を付けられてしまった守谷が窮状を訴えるも、頭取昇格をもくろむ安田は耳を貸さず、証拠隠滅を強要する。

その夜、安田の横暴と自分を信じてくれた町工場の社長との板挟みに苦悩した守谷は、衝動的に自殺を図る。間一髪で阻止した千代に連れられ、向かった先は客足の途絶えたラーメン店「萬」。

千代と店主の萬に「自分が罪をかぶって消えるしかない」と語り始めた守谷の後ろには、いつの間にか現れ、ラーメンを食べながら話を聞いている不二子、サラン、三和、五月の姿が。「そんなヤツは懲らしめてやりましょう!」と宣言し、状況が飲み込めない守谷にラーメンをおごってもらって立ち去る秘書たち…。なんと彼女たちは、元締めの萬や情報屋の五月とともに、依頼を受けて人助けをするという裏の顔をもつ影の軍団だったのだ!

それぞれの分野で得た情報とスキルで悪を懲らしめる…秘書たちの秘密の物語が始まる――。

番組HPより

七人の秘書第1話 感想 ※ネタバレ注意

東都銀行の頭取・一原福造がホテルのスイートルームにて持病の心臓病を悪化させ体調を急変させた時に電話した先はラーメン店「萬」店主、萬敬太郎でした。

萬は司法書士の資格をもっているという異色の経歴があり、生前何かあった場合には一原が依頼していたとはいえ、秒速でホテルにチームの面々が到着しきれいに証拠隠滅を図って風のように去っていきました図はあっぱれでした笑。【仕事人】って感じがしてかっこよかったです。

そして銀行の頭取の急逝といえばその後のポジション争いが大変ですよね。男の醜い部分が露呈されているという構図でしたが、分かりやすく、No.1候補の常務の安田英司が権力を振りかざしているというストーリー。

ラーメン店「萬」の元店主の妹であり、「東都銀行」常務秘書である望月千代は疲れ切った様子で電車の踏切をくぐろうとした谷正を間一髪のところで助け、ラーメン店「萬」へ連れて行く。

萬も谷正に話してみるようにいうと、安田の指示で町工場の決算書を改ざん、不正融資した金を安田に回していたが税務調査で目を付けられてしまった為自分の命で償おうとしてという。

話をきいた面々は口々に安田を許せないとし、彼の裏の顔を暴くため計画をし次々としかけていく。

本来スポットライトを浴びることのない【秘書】の面々が協力して悪人の裏の顔を暴いていく感じが痛快でした。スピード感もあるしあっという間に見終わった感じがします。

個人的に見やすかったポイントとしては、善悪が分かりやすいので、確実に悪い奴が悪い演技をしてくれる点w

今回であれば安田常務とその権力にあやかろうとした行員の悪行を最後に露呈させることができるのはすっきりします。

もう一つは全部が完璧にいかないところがまた親近感がわく!と思いました。

例えば鰐淵五月が家政婦として安田常務の家に入り込み、カメラなどを仕掛けるまではよかったですが、安田の書斎に入り込めたのもつかの間で、一切不正の証拠となるものを見つけることができませんでした。

そこできっちり見つけるというよりは、今回のラストのように、【実は谷正の内部告発書は頭取の元に届いており頭取自身が調べて自分の進退をかけて対応しようとしていた】という結果のほうが、今後につながる感じがしてよかったなと感じました。

全部を彼女たちが見つけてしまうというよりは、いろいろな人が信頼の元に守っていたものを見つけ出すというほうが温かい感じがしました。

あとは個人的に江口洋介が歳を重ねるたびに渋くなり良い感じでした。「ここからは引き取らせてもらおうか」という言葉の不思議な安心感。最高でした。

次回はダメダメ秘書の照井七菜も本格的に巻き込んでのお話になりそうですね。楽しみです。

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie