【七人の秘書】第7話の感想・ネタバレ/巨悪に1人、立ち向かうパク・サラン。いよいよ最終章

七人の秘書

七人の秘書第7話 感想 ※ネタバレ注意

パク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」の店主、萬敬太郎(江口洋介)にも告げずに姿を消したことが分かって望月千代(木村文乃)をはじめ秘書の面々は心配します。

そのサランは一人財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘書になり、内部を探っていたのでした。しかしそれを気づかれないように、萬や千代にも冷たくあてってしまいます。

その時のサランの顔が踏ん張っているようで、目だけはウルついていたので「気づいてあげて!」と心で思ってしまいました。

議員秘書バッチにはマイクなどがついており、サランもそれを分かっているからこそ、千代たちとの関係を粟田口にバレないよう必死だったのですね。泣けます。

今回はまたもや照井七菜(広瀬アリス)が、「萬」に大学の後輩で急に東都銀行の内定を取り消されてしまった中川由加里(伊原六花)を連れてくることから始まりましたね。

人事部に探りを入れた千代は、人事担当常務・高松新(相島一之)のトップダウンで由加里の内定取り消しが決定したこと、さらに、由加里が父親から紹介され、衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをし日給10万円が支払われたことが分かります。

もちろん不正なお金だと気づき由加里はすぐに返しに行ったのですが、そのことを雑誌記者に問いただされた経緯もあったことが分かり、内定取り消しの裏に【政治】が絡んでいると気づきます。

粟田口を直接、決着をつける必要があると強気な千代とは対照的に萬と鰐淵五月(室井滋)はすぐに乗り気にはなれません。

今回萬と鰐淵が粟田口と過去に何があったのかが分かりましたね。

鰐淵の旦那も含め粟田口に従事していたにも関わらず、完全にハメられ萬は刑務所にいれられ、鰐淵の旦那は自殺、それに追い込まれた鰐淵は粟田口を刺すために事件を起こしてしまったのでした。

粟田口の人を人とも思わず使ったら切り捨てる行為に鰐淵は激怒するも、その悪の巨大さを思い知ったのでした。。。

過去に鰐淵も粟田口にかかわっていたのですね。。旦那さんを死に追いやられたという辛い過去も飛び出しました。

いつも明るくみんなを元気づけているおばちゃんキャラでしたがしっかり背負っていたことを知り女性の強さ、いろいろと経験したうえでのピエロ感がとっても心打たれてしまいました。

しかし今回は、千代の強引な行動にも感化され萬も動きます。

サランというハッカーを失い、どうにかネットに椎名の選挙戦での不正証拠をUPしようと奮闘しますが時間がかかってしまいます。

しかもPCから動画など消されてしまいパニックになりますが、すぐにネットニュースにそれが拡散されました。

一目でサランの仕業だと分かった面々は喜びますが、萬だけは嫌な予感がしてすぐに店を飛び出しました。

その予感が的中し、粟田口子飼いの雑誌記者に階段から突き落とされてしまいますが、その現場を運よく千代の兄・望月一男(マキタスポーツ)が目撃しサランを病院に運んでくれました。

一男もまた一人粟田口の懐に潜入していたことが分かるシーンでしたね。しかし千代に迷惑がかからぬよう会うことは拒んでました。

来週が衝撃の最終回。一男のストーリーも回収していないので内容の濃いものになりそうです。

七人の秘書第7話 Twitterの感想

『七人の秘書』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie