【姉ちゃんの恋人】第5話の感想・ネタバレ/桃子が真人の過去を知る。思わず優しく抱きしめるが…

姉ちゃんの恋人第5話 感想 ※ネタバレ注意

なんて素敵な弟達なのでしょう。姉ちゃんの好きな人がどんな人か気になって見に行ったら、誰なのかわかってしまいます。そして、笑顔でフォークリフトを操る真人を見て、自分たちも好きになって……家族だからかなと思っています。真人も、なんとなく弟たちに気づいているようです。

桃子は「消えていなくなりそうな気がして告白した」とみゆきに話します。みゆきは素直だし桃子をわかろうとしてあげているのが伝わってきて、いい友達ですね。

真人も自分のことを好きでいてくれているのはわかるのに、困っているのはどういうことかと訪ねます。好きでいてくれると感じているのは自分の思い上がりだったのかと言ったりして、かわいい桃子です。こんなに好きなのに、ふられるのは嫌だなと言って泣いているのが、かわいくてしょうがないです。

居酒屋とかじゃなくて、コンビニで話す桃子とみゆき。店に入れない高校生ぐらいの時からずっと続いているのかもしれませんね。鍋ごとのおでんを持ってきたのにはびっくりしました(笑)

先週、和輝とみゆきが懐かしい話をしていた時に、鍋ごと売ってくださいと言って断られた話をしていたような気がします。みゆきは、桃子に、和輝との話もしなければいけないと思っているのに、それどころではなくなっていますね。これが尾を引かなければいいのですが……

前回のBBQデートで楽しそうにしている桃子と真人を見かけた叔父さんは、気になって、真人の母のところに行きました。

母は、息子が桃子を好きなことに気づいていて、「離れようとしている気がする」といいます。叔父さんが正直に気持ちを話すのは、心に響きました。親を亡くして3人の弟達を必死に育て来た桃子にこれ以上背負わせるがかわいそうだっていうのは、真人は悪くなくても、周囲からひどいことを言われたり、理不尽な仕打ちを受けるかもしれないからでしょうか。真人のことを信じているのにそんな気持ちになってしまったことが悔しいのかなと思います。

自分一人で抱えきれなくて言ってしまったっていう叔父さんも、素直な気持ちを言っています。お母さんも辛いけど、本当の気持ち言ってくれてよかったと思います。

真人は優しいから、事件の時、彼女が、乱暴されそうになったことを隠したとき、そのままにしたのですね。取り調べでも、裁判でも、本当の理由は言わなかったのでしょう。隠したがってる彼女のために。あの時本当のことを話してくれていればと、お母さんは今でも思っているのでしょう。彼女が正直に話してくれさえいれば、真人は刑務所に行くこともなかったし、夫が自殺することもなかった。

日南子と沙織もいい感じです。結婚しているかしていないかで、グループ分けしているように離れてしまう女友達。でも、この2人はずっと友達、同僚で、尊敬しあっているように見えます。

結婚して子供いるから幸せなのじゃなくて、好きな人が好きになってくれて一緒に暮らしているから、自分の子が世界一いい子だから幸せって。ただ単に結婚していることが幸せなのではないと。涙もろい沙織、よく分かります。高田の持っていたのと同じブランドでそろえる日南子。恋するとその人のオタクになる、ほんと名言です。桃子も、バーベキューの時おそろいになったのと同じブランドのトレーナー、買っていましたね。

真人は桃子に過去のことを話そうとし、メッセージを送ろうとしています。でも、なかなか話せないでいます。

そんなときにライバル店との野球対決で真人は大活躍。サッカーと野球の二足のワラジを履いていて、野球は甲子園には行けなかったもののいいところまで勝ち進んだようです。

そういえば、林遣都さんのデビュー作「バッテリー」も野球の話でした。

高校生の時、真人が野球で結構いい成績だったと知って、つい名前で検索してしまう桃子の気持ちのもわかる気がします。でも、その結果、事件の記事を見つけてしまいました。その瞬間、周りの音が聞こえなくなる感じ、気持ちが現れています。

話があると言われて、休憩を待っている桃子。話の内容をうすうす気づいていながら、冗談を言ってかわいいです。

正直にちゃんと話す真人。でも、本当は彼女が乱暴されそうになっていたことは、桃子にも言いません。本当に優しい。お父さんも先生で自殺してしまっていたのですね。涙がでます。悲しすぎます。つい、抱きしめてしまう桃子。目の前にいる真人は悪い人ではないから、そんなことを聞いたからと言って、嫌いにはなれませんよね。

いい人ばかりだけど、どうなっていくのか分からないです。みんな幸せになってほしいです。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie