【監察医 朝顔2】第4話の感想・ネタバレ/真実は残された家族にとって辛い事実…そして桑原の姉が刑事として登場!

監察医 朝顔2第4話 感想 ※ネタバレ注意

黙っていたことがあると何かを話そうとする浩之でしたが、やはり言い出せずに濁してしまいます。暫くはこっちに来ないでいいと話す浩之に朝顔は納得できない様子で電話を終えます。ついに何か語られるのかとドキドキの先週から、少し拍子抜けさせられましたが、悲しいことならもう少し後でもいいのかも‥とすら思えてしまいます。

出勤した朝顔。法医学教室では、茶子から車に閉じ込められているから休むと連絡が入ります。茶子はこの男性に言い寄られているようでしたが、きっと恋愛関係ではない気がします。これまであまり個人としての生活感が描かれなかった茶子先生ですが、大谷亮平さん演じる男性は茶子先生のプライベートの一線を良い意味で壊してくれそうな感じがします。

そんな中、医学部生の熊田が気が効くようになったと話す藤堂たちですが、熊田は法歯学者になるつもりはないと返します。実家は歯科医の熊田ですが、一体どんな道を目指しているのでしょうか。

そして、今回からニューフェイスが現れました。野毛山署の強行犯係に配属されると突然現れた桑原の姉、忍。信用金庫に勤めていた忍でしたが長年の夢を叶えたのだと話しました。38歳、そこから刑事を目指すなんて‥。忍の行動力には驚かされます。

今回のご遺体は、ウェブデザイナーの坂井亜衣。解剖に入る前に「お願いします」と声をかける朝顔の様子をまじまじと見る忍。密室で亡くなった亜衣に、亜衣の姉である美優は恋人に殺されたのだと主張します。そんな中、平は机の引き出しに辞職願を見つめ出すタイミングを伺っているようでした。ついにここまで平の決心がついているのかと感じさせられ、刑事を離れるかもしれない平に寂しささえ感じてしまいます。

帰ってきた桑原は、忍が刑事になったことを初めて知ったとかなり驚いています。お正月に話したというのに聞いていなかった様子。きっとあの桑原のことなので、酔い潰れてしまっていたのかなと思いました(笑)こんな聞いた聞いてないの、家族ならではな些細な会話も、大切に表現されており、この作品らしさを表しています。

単身赴任で刑事になった忍は、子育てが落ち着いた今、やりたいことをやりたいと朝顔に話します。そして、改めて解剖をする朝顔を尊敬したと話すのでした。その後、忍と朝顔は遺体発見現場である亜衣の部屋へ。2人ってなんだかいいコンビになるのではと嬉しい予感がしました。そして、2人の調べのおかげで亜衣が自殺ではなく他殺だと分かります。

姉の美優を呼び出した朝顔たちは首を絞められて殺害されたと説明します。殺害したのは恋人でした。昔の首の傷をいつも隠していた亜衣。そんな妹がキャミソール姿で死んでいるのは理解できないと話す美優は、恋人に無理やり襲われそうになったのではと心配しています。そんな美優に、朝顔は真実を話し出します。首を絞められた後、息を吹き返し、服を自ら脱いだという亜衣。その間に姉に連絡を入れたものの、何時間か後に亡くなったと説明をします。

苦しむ間に自分に連絡していたことを知り、美優は電話に出れていたら助けられたかもしれない、出ればよかったと泣き崩れます。

あの時の一本の電話、その電話がこんなにも大切な連絡だったとは‥。悔やむ姉の気持ちが痛いほど伝わってきます。そして、「どんなに忙しくても電話に出れないほど忙しいことなんてない。また、彼氏の愚痴だろうと出なかった。」そう言う美優に忍は、「あなたが自分を責めることない、あなたはこれからなんだよ」と寄り添います。平が居なくなるかもしれない野毛山署に、心優しい忍が現れたこと、なんだか巡り合わせの大切さを感じます。

帰り道、「電話に出れなかったこと、これからもずっと後悔するんだろうな」と話す朝顔と平。「お父さんもこういう日あった?お母さんもあったのかな?」と話す朝顔にあったと思うよと平は優しく返します。自然と母との思い出に触れるようになった朝顔は年月を重ね、強くなったんだなと思いました。

家に帰ると、つぐみは「おおじぃじのとこ行くの?ジャムあげたら?」と話します。朝顔は意を決したように、ママと2人で行こっかと言います。そんな朝顔たちを心配する桑原に「大丈夫だよ」と朝顔。つぐみも「余裕だよ」と話します。そんなやりとりを微笑ましく見つめる平。そんな家族のやりとりに心温められながら、もうすぐこんなやりとりの場に平の姿は見られなくなるのかと思うと胸が痛くなります。

翌日、電車に乗った頃かなー?と連絡がないことを心配する桑原。どこまでもいいパパです(笑)まさかラストシーンにあんな心をざわつかせる出来事が待っているなんて思いもしません。

その頃、東北へやってきた朝顔たちを浩之は笑顔で迎え入れました。つぐみが作った!とリボンを巻いたジャムを差し出すつぐみ。つぐみの無邪気さがこの場を和らいでいます。

一方、2人並んで昼食を食べる桑原と平。「辞職願を出したのか」と聞く桑原に「完治したらだ」と話す平。今回、2人で刑事ドラマを見て刑事に憧れたと話していた時もそうですが、朝顔がいない時でも、2人の関係ってすごくいいんだろうなと感じさせるシーンです。そして、「もう少し居てくださいよ。」さらっと話されるこの言葉に桑原の全てが詰まっていたと思います。

そして、そんな桑原に対して衝撃的な出来事も。桑原のスマホに聖奈という人物から「桑原さんに会いたい」とメッセージが届きます。そして、明日なら会えると返す桑原。「嬉しい!やくそく!」と返事もすぐ来ました。桑原のなんとも言えない表情は何を意味しているのか。あの桑原が浮気だなんてことはないと信じたいですが、気になる展開となりました。

一方朝顔は、ハンカチに包まれた例の歯を見つけます。これって?と浩之に聞く朝顔。浩之はついに、重たい口を開き、里子のだと口にします。この後話される真実は何なのか。次回も目が離せません。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie