【バベル九朔】第3話の感想・ネタバレ/ついにバベルの犠牲者が!!ターゲットは健!?

バベル九朔

放送日:2020.11.2

無事に四条さん(池田鉄洋)も現実世界に帰ってきた。そんなある日、満大(菊池風磨)は郵便受けに封筒が届いているのを見つける。「日本映像シナリオコンクール事務局」からの審査結果だ。
封筒を手に取った満大のもとに、興奮気味の健 (髙地優吾)が勢いよく駆け込んでくる。

健は、ティッシュ配りのバイト中に、かつて満大と健の自主映画でヒロインを務めた涼子(鳴海唯)を見かけたのだと言う。

「もし涼子に会えたら、告白するわ」

初恋の相手との再会に浮き足立つ健は、探偵である四条さんに涼子の調査を依頼するが…。

自分の脚本がまたもコンクールに落選したと知った満大は、健に向かって「もう脚本を書くのはやめる」と言い出す。一緒に夢を追いかけていたはずなのに、相談もせず勝手にやめると決めてしまった満大の態度がどうしても受け入れられない健は、管理人室を飛び出してしまい、ついには連絡が取れなくなってしまう。

「まさか健も“バベル”に…」と物置部屋の鍵を開けた満大の目の前には、健と涼子、なんと満大自身も現れて!?

その頃“バベル”では、この世界を維持するためのエネルギー(=人々の無駄な時間)がゼロに近づいていた。少女(川上凛子)は、「健を連れ戻すために現実世界に戻って調べる時間がない」と言うが「大丈夫、あいつのことは俺が一番知っている」ときっぱりと答える満大…

果たして満大は、親友・健を救うことはできるのか?

番組HPより

バベル九朔第3話 感想 ※ネタバレ注意

ああ、バベル初の犠牲者がよりによって健だなんて・・・

でも健の気持ち考えるとわかるわ、最後の最後で裏切られたんだから。脚本の話じゃなくて涼子ちゃんと隠れて付き合ってたことの告白。あれはキツイと思う。

「健のことは誰よりも良く知ってるから」じゃないでしょ。あんな告白されたら、涼子ちゃんがずっと一緒にいると言ってくれる、満大の健が望むように何でも相談してくれる、バベルのほうがいいと思うに決まってる。

現実世界では、健が思うほど満大は健のことを思っていなかったんじゃないかな。もちろん満大は健が大事で親友だと思っているのは間違いない。でもその気持ちの大きさは決して大きくないって思ってて、今回失って初めて気付く・・・みたいな。

そうじゃなければ親友の初恋の人に隠れてコソコソ付き合うなんてしないし、付き合うなら堂々と「俺も涼子のことが好きだ!だから俺が付き合う!選ぶのは涼子だ、うらみっこなしな!」って言うはずでしょ。

確かに今回は自信作が一次審査で落選するっていう絶望的な状況があったにせよ、健を救うことができなかったのは満大のせいだと思う。

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie