【バベル九朔】第5話の感想・ネタバレ/双見さんの夢は世界平和!壮大な夢に苦戦する満広

バベル九朔

放送日:2020.11.16

満大(菊池風磨)は、健がいなくなった「バベル九朔」で現在(いま)と向き合いながら、再び脚本を書き始めていた。

一方、「SNACKハンター」では、千加子ママ(佐津川愛美)と蜜村さん(村松利史)が「アジフライにはソースか?醤油か?」で揉めている。そんな2人の間に割って入り仲裁するのが、争いを憎み平和を愛する男・双見くん(前原滉)だ。

ビルに出没し騒ぎを起こしまくる巨大ネズミのミッキーに悩まされているテナントさんたちにも、「ネズミも同じ地球船の乗組員だから、退治しないで!」とピースな発言。

今日はそんな彼の誕生日ということで、ハンターにテナントさん全員集合でいつもどおりのどんちゃん騒ぎ!すると突然、双見くんの携帯が鳴り響き、険しい表情で席を立った。戻ってきた双見くんは、珍しく呑んだくれて…

満大が“バベル”で目にしたのは、世界中で争いがなくなり、不治の病の特効薬も生まれるという平和すぎる“夢のような”世界だった。「夢が世界平和なんて人、説得できるかな」と不安げな満大だが、どうやら双見くんには“平和じゃない”欲望もあるようで…

ラブ&ピースな男、双見くんが人知れず抱えている悩みとは?満大は、無事に彼を現実世界に連れ戻すことができるのか?

番組HPより

バベル九朔第5話 感想 ※ネタバレ注意

今回のターゲットは2Fで怪しげなグッズを販売するLove & Peace を営む双見さん。

いつもニコニコしてて争いごとを好まず、平和が一番って言ってる双見さん、どんな欲望があるんでしょうか。

みんなで双見さんの誕生日を祝ってると、双見さんに電話がかかってきて、何やら言い争ってる。帰ってくるなりブランデーをストレートで2杯も一気に飲んで帰っちゃった。そのままバベルへ。

満広くんは双見さんを説得しようとバベルに行くと、双見さんの欲望は世界平和と病気がこの世からなくなること。

こんなのどうやって解決すればいいんだよ… 双見さんの願いが凄すぎて、満広くん意気消沈。

とりあえず謎の少女に「現実戻ってなんか探してこいよ」って促されるまま店の中を物色してると、初老の男性が双見さんを訪ねてきました。

この人、双見さんの父親でした。双見さんは洋食屋を営んでいる実家を継ぐのがイヤだったんです。

なんで生まれた時から将来を決めつけられなきゃいけないんだよ…

双見さんはバベルが現実じゃないってとっくに気づいてました。こんなに簡単に世の中から戦争がなくなるはずないってわかってたんですね。

でもバベルは平和だし、大好きなグラビアアイドルが自分を愛してくれるからバベルにいてもいいかなって。

満広くんはお父さんの想いを話します。

洋食屋より一人息子のほうが大切だから店がイヤなら継ぐ必要はないって。いいお父さん。

満広くんのお父さんはそうじゃなかったみたいです。将来脚本家になりたいと話した少年満広くんは、ダメだよそんな仕事…って言われたのがショックだったみたい。

親に自分の夢を否定されるって辛いですよね。だから双見さんのお父さんはとてもいい人だって。

双見さんはそれでも「ここにずっと…」と言いかけたところで「腹減った。父親の作ったビーフシチューが食べたいから帰る」ってあっさり帰っていきました。

全部あっさりで双見さんらしいです笑笑

その後、バベル内で白い服を着た満広くんの父親が現れました!!

なんか急展開です。予告ではカラス女の言い分を聞いて何やら探しているし、次回が気になる!

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie