【ボクの殺意が恋をした】第1話の感想・ネタバレ/サスペンスでもあり、クスッと笑えるラブコメでもある

ボクの殺意が恋をした第1話 感想 ※ネタバレ注意

中川大志くん、背は高いし、顔はいいし、間違いなくかっこいいのですが、情ない感じが似合います。「親バカ青春白書」での永野芽衣ちゃんの彼氏役以来、そう感じていました。だから、絶対おもしろいと思っていました。新木優子さんも、ちょっと天然な感じが似合います。。

今回は初回のなので、説明が多くて、コメディ要素が少なく感じました。中川大志くん演じる男虎柊くん、殺し屋という設定がちょっと怖かったのですが、ドジで殺せないだろうからと思っていました。でも、警察の裏組織となると、フィクションでも、ちょっとシリアスになってしまいます。もっと荒唐無稽な設定がよかったです。殺人ってちょっと重いですね。でも、これからはそこを感じさせなくなって行くのかと思いますが。深く考えずに見る方がよさそうです。ルパンの娘みたいに楽しめたらいいですね。

人気モデルで、実はフリーの天才殺し屋でデスプリンスと言われる鈴木伸之さん、八乙女流星という名前なのですね。田中みな実さんのアシスタントも面白いですが、何かあるのでしょうか。

育ててくれた丈一郎の敵を取りたい気持ちはあるけど、間が悪いうえに、優しくて、人を助けたい思いが強いのですね。危険が迫っている人を見ると、無意識に助けてしまいます。

そして、気がつくのです。丈一郎が自分を強くしてくれていたことに。数々の知識と、力を授けていくれていたと。もしかしたら、家族が狙われることもあるかもしれないですからね。

デスプリンスも、かっこつけすぎて笑わせてくれるのかもしれないですね。柊が危機に直面した時のモノローグがおもしろいです。デスプリンス、そんなとこまでしかけていたのはすごい。自分が殺すんだからと最初は助けたけど、とっさに助けてしまって言うところが柊らしいのでしょう。なんとか言い訳をしたものの、なんと、ボディガードを頼まれてしまうなんて、デスプリンスも見ていましたね。

子供の頃の回想、思い出の葵ちゃんが、もしかしたら新木優子さん演じる鳴宮美月なのかと思いました。名前が変わったことに、何か秘密があるのでしょう。

日曜朝の「シューイチ」で、主演の2人、中川大志くんと新木優子さんの共通点が、小学生の時原宿でスカウトされたということと言っていました。2人の所属事務所はスターダストプロモーション、かなり多くの俳優さんが所属していて、ホームページを見るとびっくりします。スカウトが多いみたいで、横浜流星くん、北村匠海くん、永野芽衣さんも、小学生でスカウトされています。さらに、林遣都さんは、修学旅行で東京に来た時に原宿駅でスカウトされたとか、すごいタイミングですね。

これからはボディガードとして振り回されるうちに、好きなってしまうのでしょうか。デスプリンスとの対決も見どころになるのでしょう。そして、もっといろいろ謎がありそうです。落ちるシャンデリアから助けた後の、田中みな実さんの目が怖くて、ちょっと気になりました。ただのフッ軽ではなさそうですね。

『ボクの殺意が恋をした』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie