【ボクの殺意が恋をした】第6話の感想・ネタバレ/なんだかまた複雑に... 柊が葵に銃を向け、デスプリンスが葵を守る

ボクの殺意が恋をした第6話 感想 ※ネタバレ注意

柊は葵と鳴宮美月の電話を聞いていたのですね。葵は、柊が自分を殺そうとして近づいたことを知ってしまったから、鳴宮美月の計画に従うと言いました。どんな計画なのでしょう。鳴宮美月のふりをしていただけではなく、しっかり計画があったのですね。そして、それは千景も知っているのですね、

柊が家に帰ると不審な女性がいて、柊の許嫁だと言います。許嫁って、いつの時代って感じですね。丈一郎と、その女性・莉奈の父が過去に約束して、文書にしていました。

丈一郎は、柊を連れてハウスクリーニングの仕事に行っていて、柊と莉奈は仲良く遊んでいました。莉奈の家は、財閥と言われるほどの大きな家で、いろいろな事業を行っていました。確かに浮世離れした上品な話し方、こけしを持っていて、話すときはこけしの力を借りて話しているようです。

父が死んで、柊を頼っていたと言いますが、勝手に部屋に入ったりして、丈一郎を探したりと、何かありそうです。丈一郎が殺された理由と関係あるのでしょうか、莉奈の天然ぶりは意図されたものでしょうか。でも、柊に、丈一郎と一緒にいるだけで親孝行したのではないかというのは、とてもやさしい言葉です。

葵はホテルの部屋にいて、千景以外にはホテルの人間でも入れるなと言います。千景は、兄から預かっているものはないかと聞きます。兄も絡んでいるのですね。

詩織から、葵が鳴宮美月のふりをして、丈一郎を殺すまでが、母の入院と手術の費用を出す条件だったのだろうと聞きます。それでも、本人に直接聞くまでは信用できないと言って、風岡に頼んで呼び出してもらいます。ところが、待ち合わせ場所に行くと途中で、莉奈に会ってしまいます。柊にもらったお金を盗まれたと。

ついに葵に丈一郎を殺したのは葵なのかと聞きます。その答えは、「鳴宮美月に会わせる」でした。風岡と莉奈が来て、葵を見失ってしまいます。莉奈は天然なのかわざとなのかわからないです。

葵はSOSにとらえられ、詩織から鳴宮美月にメッセージを送るよう言われて、送ります。そして、柊に、自分が丈一郎を殺したという動画を送ります。詩織はどうするか自分で決めろというメッセージ。

悩んだ末に武器を持って葵の元へ行き、悲しそうになぜ殺さなければならなかったのか問い詰めます。丈一郎を殺した奴は誰だろうと許さないと言って、泣きながら銃を向けます。こっちを見るなといながら。そこに現れたのが、デスプリンス・八乙女流星です。葵をいえ美月を守ると。

今までと反対になりましたね。でも、柊が葵を撃ってしまわなくてよかったです。何か裏があるに違いないです。

また複雑になり、よくわからなくなりました。葵が鳴宮美月に送ったメッセージはどうなったのでしょう。詩織はそれを確認したのでしょうか。デスプリンスはなぜ、あの場所が分かったのでしょうか。もしかしたら、鳴宮美月とつながっているのかもしれないと思いました。

『ボクの殺意が恋をした』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie