【チェリまほ】第5話の感想・ネタバレ/安達が初めて誰かのために魔法を使い、黒沢への想いを自覚する

放送日:2020.11.5

魔法の力でいろんな人の本心を知ってから、自分が変わるチャンスかもしれない、と思い始めた安達(赤楚衛二)。

そんな時、黒沢(町田啓太)は取引先の人と何やら険悪なムードになっていて…。安達は黒沢を助けたい一心で、初めて誰かのために魔法を使う!

黒沢の役に立てて喜びに浸る安達だったが、帰り道に黒沢が元カノらしき女性といるのを発見し、なぜか動揺してしまう…。そして、安達は自分の中に生まれたある感情に気づくのだった。

番組HPより

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい第5話 感想 ※ネタバレ注意

安達が初めて誰かのために魔法を使う、そして黒沢への気持ちに気づいてしまった回でした。

前回、黒沢が取引先の怖そうな社長に怒られていたシーンで終わりましたが、なぜ起こられているのかわからない。安達は黒沢のため、初めて魔法を使うことを決意しました。

「今まで何度も助けられてきたから…」と言ってたけど、誰かのために自分から進んで行動するって今までの安達くんじゃ考えられませんでした。自分でも驚きだったみたいです。

「これは魔法の力なのか?いや違う…」
そう、安達くんを変えたのは紛れもなく黒沢の想いと行動ですよね。安達くんもハッキリとわかったみたいです。

それであの怖そうな社長、何に怒っていたのかというと「モンブラン」がないから笑

単にケーキが食べたくて怒ってたんじゃなくてジンクスなんだそうです。大事な商談中にモンブランを食べると取引が上手くいくと。先代社長がそういう成功体験があって、そこから続く伝統的なジンクスなんだとか。

安達以外わかるわけないじゃん笑

その一部始終を見ていて安達に近づいてきたのが六角。どうやら安達のことを気配りの達人だと思ったようです。前々回の飲み会の件、六角の気持ちを察して「薬を買いに行きたい」と言ってくれたんだろう、今回も取引先の社長の思いをくみ取ってモンブランを買ってきたのだろう、と。

魔法なんて信じられるわけないんだから、そうなりますよね。確かにここまで気配りができるとしたら達人の域です。六角が憧れるのも当然でしょうね。

ここから展開は不穏な空気になり、安達が自分の想いをハッキリと自覚するようになります。

何が起こったのかというと、黒沢と元カノが一緒にいるところを目撃してしまったんです。それも飛び切りの美女。

はたから見れば元カノが急に押しかけてきて無理難題言ってるなぁとわかるんですが、安達くんは恋愛経験のない童貞!舐めちゃいけません。黒沢と元カノがこのあといい雰囲気になって寄りを戻すんだろうと妄想が止まらず、夢にまで見てうなされてしまうほど苦しみます。

元カノ、ラブラブエイリアン2のミコト役の人だ。

元カノの出現で黒沢の心から自分が消えてしまうことが淋しいと自覚した安達くん。

それからというもの、ショックでずぶ濡れで帰って風邪をひくし、黒沢にはなぜかイライラして八つ当たりするし、初心すぎて可愛すぎる笑

チェリまほ、本当にキャスティングが絶妙ですよね。最初は赤楚くんで大丈夫なの?と思ったけど、この不安定でおどおどした感じ、どこからどう見ても童貞です笑 可愛すぎる。

安達の顔を一目見て「具合悪いのか?」と気づく黒沢も凄いけど、なにより凄いのが倒れそうになった安達くんを抱きとめてお姫様抱っこしたところ。安達くんだって60kgくらいあるよね??町田啓太おそるべし。

タクシーを拾って安達を家まで送り届けようとするんだけど、待ち伏せしてた元カノが強引に乗り込んできて、まさかの修羅場に!?次回が待ち遠しい。

やっぱり恋愛感情を気づかせるのはハプニングに限りますね。自分が嫉妬してることに気づいてしまった安達くん、これから先は黒沢を見るたびにドキドキが止まらなくなるよ。

あ、柘植くんのこと忘れてた。配達状況を確認してまで綿矢くんが来るのを待ちわびてて、猫と戯れてる彼をみてめっちゃドキドキしてる。

やばいやばいってドキドキを抑えつけるかのように胸をドンドン叩くんだけど、綿矢くんは苦しいのかと勘違い。手が触れた瞬間に「心配かけさせんなよ、バーカ」って声が聞こえて柘植くん悶死笑笑

こちらは展開が遅いですね。

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie