【チェリまほ】第6話の感想・ネタバレ/安達と黒沢が同棲!?ついに黒沢は安達に告白する

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい第6話 感想 ※ネタバレ注意

安達は急接近を受け入れることができず、黒沢はこれ以上好きになるのは辛いと思い始めた回でした。

前回、元カノがタクシーに乗り込んできて修羅場!?で終わったけど、実は黒沢の姉だったってオチ。

しかも自分が黒沢の家に寝泊まりしたいからって「安達くんの家で看病しなよ」って。結果的に黒沢にとってはラッキーだね。

安達くんは思ったより重症だったけど、黒沢の夜通しの看病の甲斐あって翌日には回復した。

おぼろげながら黒沢が看病してくれてたのを知ってて、翌朝お粥を食べると、「好きなだけ泊まってっていいよ」って爆弾発言笑笑

黒沢は「今日が同棲記念日だ」って舞い上がってる声を聞いて「ヤバいこと言っちゃった?」って急に家に帰るのが怖くなるっていう。

黒沢が安達の家に寝泊まりしてるのを聞いた六角が「俺も言っていいっすか?」って3人でお泊まり会。

安達は「よっしゃー」って、黒沢はガッカリしてるのがおもしろい笑笑

安達が「おいし〜」って食べてるたこ焼きを作った六角に嫉妬したり、昼間、仲良さそうにしてる藤崎さんに嫉妬したり、今までは「同期としてそばに入れればいい」と思ってたはずなのに、どんどん安達を好きになってしまって、いずれは諦めなきゃいけない、そう考えるとこれ以上近くにいたらダメだ。そう思い始めた様子。

だから朝方に一人でひっそり帰ったし、少し距離を置こうとしてることが会話からもわかります。

恋愛経験ゼロの安達は急に黒沢が冷たくなったように感じて、「俺はやっぱり重いんだ」と自信がなくなってしまう…

そうじゃない、そうじゃないんだ!と思う黒沢は抑えることができず、とうとう安達に告白してしまいました。

さてどうなる?

また柘植くんのこと忘れてた。湊に来て欲しくて1時間おきに配達を指定するも、持ってきたのは全部違う人。

もしかして嫌われたんじゃ…と不安になって宅急便の営業所に見にくるも湊くんはいない。

近くで流れてるヒップホップの音楽がなるほうへ行ってみると、そこにはダンスを練習する湊くんの姿が…

六角と湊くんは同級生で、一緒にダンスをやってたようなことを匂わせる描写がありました。

そしで六角は諦めたけど、湊は夢を諦めてないようなことも。

こちらはどう関係してくるんでしょうか、楽しみです。

見逃し配信(第6話)

2020年11月20日で終了しました

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie