【愛の不時着】感想・レビュー(ネタバレなし)大人気に納得の王道ラブストーリー

tvN

『愛の不時着』を視聴した感想とレビューです。なるべくネタバレなしで書いてるので、まだ見たことがない人でも安心してご覧くださいね。

第4次韓流ブームの立役者と言われるほどの人気作。NETFLIXで2020年No.1視聴回数だったそうです。

最近おもしろい韓国ドラマはNETFLIX多いですねー。もはや韓ドラにはNETFLIXが必須かもしれません。

『愛の不時着』は韓国であの名作『トッケビ』を超える視聴率を記録したとか。

『トッケビ』大ファンの私は「本当かよ」と疑ってかかって見始めた『愛の不時着』ですが、まさに韓国ドラマの王道と言える内容。

キュンもあれば感動も笑いもあり、『トッケビ』に勝るとも劣らない素晴らしいドラマで、むしろ最初に見る作品としては『愛の不時着』のほうが向いてると思いました。

しお
私の評価:

間違いなく名作!

『愛の不時着』の番組情報や動画配信サービスの配信状況はこちらのページで詳しく紹介してます。

それではネタバレなしでレビューしていきますね。

『愛の不時着』ってどんなドラマ?

財閥令嬢で自身の会社も上場させたバリキャリのユン・セリがパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着してしまい、そこで出会った北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョクと、運命の恋を描いたラブロマンス。

これまでありそうでなかった設定ですね。さすが大人気の脚本家パク・ジウン。彼女はこれまでも宇宙人とか人魚とかぶっ飛んだラブロマンスを描いてきたけど、今回は北朝鮮の軍人とのラブストーリー。

セリが捕まったら2人ともおしまいというハラハラドキドキの展開に、家族愛・運命・友情などが上手に絡んで見応えたっぷり。

一番の見どころはリ・ジョンヒョクとユン・セリのラブロマンス

リ・ジョンヒョクという男がね〜これがまた完璧なんですよ。設定からして完璧。

北朝鮮高官の息子で将来を嘱望されたピアニスト。愛する兄が非業の死を遂げたあと、兄の死の真相を突き止めるためにピアノを捨てて軍人となる。

そう決意した日から人を愛することを辞め、心を閉ざして生きてきた。ユン・セリが空から降ってきたあの日までは…

しお
何その素敵すぎる設定

恋に落ちるまでがわかりやすく、共感しやすい

ユン・セリが保衛部(日本で言う警察?)に見つかると無事ではいられないから、穏便に韓国へ帰国させるためにかくまって、あれこれ画策して…

という感じで前半はほぼ北朝鮮が舞台。そして2人が恋に落ちるまでのストーリー。

リ・ジョンヒョクの兄を殺害した張本人で、北朝鮮No.3のリ家を失脚させようと企む悪役が、ユン・セリを怪しんで、あの手この手で捕まえようとするなかで、文字通り体を張ってセリを守るリ・ジョンヒョク。恋に落ちないはずがありません。

かたやリ・ジョンヒョクはどこで恋に落ちたのか、なかなか判断が難しいところ…

しお
リ・ジョンヒョク目線で見れば、最初のセリはワガママ女

第1・2話ではほとんど笑顔を見せない彼ですが、一度だけ笑みを浮かべたシーンがあります。おそらくその時、彼の中でセリの存在が大きなものとなったのは間違いないと思います。

後半のスイスの回想シーンでも、そう思わせるような描写がありますから。

しお
どのシーンかは見てのお楽しみ。一瞬です。

あとは、セリは資本主義の象徴のような女性。7年前ピアノを捨てる日までは資本主義の中にいたリ・ジョンヒョクなので、セリが忘れかけていたピアノへの情熱などを思い起こさせてくれた存在であることも影響してそうです。

偶然ではなく運命の2人

韓国ドラマが大好物の設定。2人が出会ったのは偶然じゃなくて運命、というヤツです。

実は、リ・ジョンヒョクがピアノを辞める前にスイスに留学してたころ、2人は出会っていました。

財閥令嬢とはいえ婚外子のセリは家族から疎まれ続け、死を決意してスイスへ。そこでリ・ジョンヒョクのピアノを聴いて生きる勇気をもらった…

しお
このシーンがね、いいんですよぉ

画像貼りたいけど怒られるのでリンク先で公式サイトの画像を確認してください。

http://program.tving.com/tvn/cloy/5/Board/View?page=3&b_seq=95

帰国に向けて船でピアノを送るために湖畔のデッキにポツンとピアノが1台。

少女に「何か弾いてくれない?」と言われて、人生最後に弾く曲として兄のために作った曲を披露。

雪がちらつく湖畔は、まるでたった1人のコンサート会場。その音色を聴くユン・セリ。

7年も前の話なので北朝鮮で出会った当初、2人はそのことを覚えておらず、ふとしたきっかけで思い出し、2人の恋心が加速するっていう、なんて素敵なんでしょう。

サイドラブストーリーが秀逸

ユン・セリとリ・ジョンヒョクのラブストーリーだけじゃなく、脇を固めるク・スンジュンとソ・ダンのラブストーリーが切なくて、これがいいんですよ。

ク・スンジュンは韓国でやらかして北朝鮮に逃げてきた詐欺師。ソ・ダンはリ・ジョンヒョクの婚約者で The ツンデレ。

セリにはあんなに優しいリ・ジョンヒョクですが、ダンには冷たいんですよ。

結婚はするけれども親が勝手に決めた婚約者だし、もう人を愛さないと決めているから、特別な感情は一切抱いてないという感じです。

ダンもそのことをわかってるからこそ、セリに恋心を抱いてることが許せないし、傷ついています。その傷を癒すのがク・スンジュン。

詐欺師という肩書きですが、ダンに惚れたク・スンジュンはどこまでも純心で、どこまでも孤独で…

最初は「なんだコイツ」って感じで見てましたけど、途中から彼を応援せずにはいられなかった…

コミカルなところがあるから三枚目キャラかと思いきや、表情豊かでちょっと空気が抜けるように話すところとか、声も魅力的です。

後半はリ・ジョンヒョクよりク・スンジュンに夢中でした( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

ダンも最初はまったく相手にしなかったのに、婚約者が他の女に入れあげてて、強がっていてもさすがに嫌になってるところにク・スンジュンにたんだん惹かれて…

しお
2人のラストは大号泣でした。

魅力あふれる脇役たち

『愛の不時着』が中だるみなく最後までおもしろかった理由の1つに、脇役たちの大活躍があります。

  • リ・ジョンヒョクが率いる部隊の4人
  • 北朝鮮の村の奥様たち
  • ダンの母親・叔父

この人たちは序盤から最後までよく出てきて、ユーモラスたっぷりに描かれています。

この人たちのおかげでコメディ作品としても優秀で、愛や復讐一辺倒になってないところが、よりラブロマンスを際立たせてます。

最初から最後まで大活躍の4人

部隊の4人はセリのことが大好きで、セリもみんなが愛おしくてたまらない。

セリは彼らのことを「弟たち」と呼びます。実の家族に虐げられた彼女がそう呼ぶんですから、どれだけ大切な存在かわかりますよね。

キャラ分けもはっきりしてて、

  • ツンデレ
  • 韓国ドラマ好き
  • 寡黙なイケメン
  • みんなの弟

この4人が上手く作中のムードを変えてくれるし、セリと彼らの友情物語が素敵です。

しお
みんな本当に良いキャラで最後まで楽しませてくれました

単なるモブキャラにとどまらないウワサ好きの奥様方

セリはリ・ジョンヒョクの家に婚約者として匿われ、持ち前の社交性の高さで村の中心的な奥様グループと仲良くなっていくんですね。

その奥様方がコメディ担当というか、最後までみなさん逞しく魅力的な人たちなんですよ。

素性を隠してるセリを受け入れてみんなで助けてくれるし、愛してくれる。

しお
ラストのセリの恩返しは「あなた達のことは忘れません」という感じでセリらしくて素敵でした。

北朝鮮編は文句の付けようがない素晴らしいストーリー

半分以上が北朝鮮編で、残りが韓国編なんですが、北朝鮮編は捕まったらおしまいっていうハラハラドキドキと主役2人のラブストーリーで最高でした。

韓国編もおもしろいですけど、少し引き延ばしのように感じる部分があったのが残念。

前半は止まらなくなるほど見続けたいと思うけど、後半はそこまでではなかったんですよー

ノスタルジックな魅力

このドラマは北朝鮮を敵対的に描いてないところがフェアで素晴らしい。

戦後まもない日本のような暮らしぶり。電力不足で停電になったり、共同洗い場で洗濯したり、食事を持ち寄ったり。

北朝鮮で生きる人々にも普通の暮らしがあって、電力不足や不便な生活の中でも日々楽しく、助け合って、逞しく生きてます。

おかげで「北朝鮮を美化し過ぎてる」ってクレームが多かったみたいですねー。

脱北者に何度も取材を重ねて作り上げたみたいですから、リアルな北朝鮮の暮らしが垣間見れておもしろい。

どこまでがCGなのかわからないほど、北朝鮮の村や平壌の街並みがリアルで、特に平壌は想像していた以上に近代的で驚きました。

伏線の回収が見事

第1話からさまざまな伏線が張り巡らされていて、それがキレイに回収されていく様子は見事としか言いようがありません。

各話のラストでネタバレのようなシーンがあるのもおもしろい方法だな、と思いました。

どんな伏線かを言ってしまうとツマラナイので、ぜひご自身の目で確かめてくださいね。

しお
おぉ、こう繋がるのか!と感心したことが何度も

まとめ

王道のラブストーリーで、コメディもあり、アクションやサスペンスもあり、人気脚本家の実力を見せつけられた素晴らしいドラマでした。

主役の2人のラブストーリーは純愛で素敵だし、本来なら主役の引き立て役に過ぎない準主役の恋愛も見応えたっぷり。

韓国ドラマならではの美しい映像の数々は、毎回映画のようなクオリティ。

そしてドラマを盛り上げるのに欠かせないOST(挿入歌)も最高で、曲を聞けばシーンが思い出せるくらいマッチしてます。

不満に感じる部分がないわけではありませんが、全体的に良くできた脚本で、何度も涙したし、笑いもしました。

『愛の不時着』の番組情報や動画配信サービスの配信状況はこちらのページで詳しく紹介してるので参考にしてくださいね。

韓国ドラマを見るならこちらもチェック♪

韓国ドラマを見るならこの動画配信サービス!韓流ドラマが充実したVODの選び方

出演者の他の作品を探す

脚本 パク・ジウン
主要人物
リ・ジョンヒョク ヒョンビン
ユン・セリ ソン・イェジン
ク・スンジュン キム・ジョンヒョン
ソ・ダン ソ・ジヘ
第5中隊
ピョ・チス ヤン・ギョンウォン
パク・グァンボム イ・シニョン
キム・ジュモク ユ・スビン
クム・ウンドン タン・ジュンサン
リ・ジョンヒョクの家族
リ・チュンリョル チョン・グクファン
キム・ユンヒ チョン・エリ
リ・ムヒョク ハ・ソクジン
舎宅村の人々
ナ・ウォルスク キム・ソニョン
マ・ヨンエ キム・ジョンナン
ヒョン・ミョンスン チャン・ソヨン
ヤン・オックム チャ・チョンファ
ユン・セリの家族
ユン・ジュンピョン ナム・ギョンウプ
ハン・ジョンヨン パン・ウンジン
ユン・セジュン チェ・デフン
ド・ヘジ ファン・ウスレ
ユン・セヒョン パク・ヒョンス
コ・サンア ユン・ジミン
ユン・セリの周辺人物
ホン・チャンシク ゴ・ギュピル
パク・スチャン イム・チョルス
ク・スンジュンの周辺人物
チョン社長 ホン・ウジン
オ課長 ユン・サンフン
ソ・ダンの家族
コ・ミョンウン チャン・ヘジン
コ・ミョンソク パク・ミョンフン
保衛部
チョ・チョルガン オ・マンソク
チョン・マンボク キム・ヨンミン
キム・ヨンヘ キム・ヨンピル

-NETFLIX, ★★★★★
-, , , ,

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie