【恋はDeepに】第4話の感想・ネタバレ/とうとう「人間じゃない」と告白

恋はdeepに第4話 感想 ※ネタバレ注意

海音は、ついに「人間じゃない」と告白してしまいましたね。普通は突然そんなこと言われても、「嘘―」となってしまうところですが、倫太郎が今までのことを考えたら、思い当たるところがあるでしょう。

2人とも泣いています。何より、溺れた倫太郎をどうやって助けたのかが一番の謎でした。いつも体が冷たいことも。次回はもっと告白してくれるみたいですね。

海から来たということは人魚なのか、それとも魚が変身したのでしょうか。人魚の方がロマンティックですよね。

海音の過去についての疑惑が深まってきて、そろそろ限界ですね。研究室の椎木も、倫太郎の兄の光太郎も疑っています。海音の論文が雑誌に掲載されることになり、経歴を求められることもあり、鴨居は困っています。

土地を購入したものの、山を保全するという倫太郎は、プロジェクトから外されてしまいました。プロジェクトは光太郎が引き継いで、海中展望タワーは中止にすると言います。

海音の願いがかなったと言う鴨居に、うれしくない様子の海音。倫太郎の気持ちを考えたら、喜べなかったのでしょうか。それに、光太郎は、何か別のことを考えています。海を守ると言いながらも、ちょっと怖いですね。倫太郎は、ちゃんと調べて、海を守る海中展望タワーを作ろうと思っているようですね。

倫太郎をつけてしまった海音。倫太郎の優しい一面を目の当たりにして、ますます好きになってしまったようです。でも、またあの女性とハグして、子供と遊ぶ姿に、結婚して子供がいると誤解してしまいます。謎の女性は予想どおり、光太郎の元奥さんでした。倫太郎とも幼なじみ、家族ぐるみの付き合いだったのですね。

ダブルデートでバーベキューに行った時、誤解を解くことができました。ダブルデートにドギマギしている倫太郎がかわいいです。

海音は初めて飲んだお酒で、すぐに寝てしまいました。大切な人との約束のために海中展望タワーを作ろうと思っていること、海洋環境のことも考えて作るという倫太郎に、それでも自分の立場で反対するという海音です。

海音に過去を聞き、キスのこと、どうやって助けたかを問い詰める倫太郎に言い訳する海音ですが、だんだん言葉に詰まり泣きそうになります。そして倫太郎からキス。

全部本当のことを知りたいというのは、好きだからですよね。そこに藍花が帰ってきて、倫太郎の中の謎が深まったままです。別れたとたんに焦りだす倫太郎がかわいかったです。キスしちゃったって、いい大人なのに。海音もジタバタしていました。大学について調べて、海音の嘘にも気づいてしまいました。

ホテルの建設には海中展望タワーが必須と言われ、窮地に立つ光太郎。ここまでこだわる彼も辛いのかもしれません。榮太郎もチャラチャラしているようで夢があると言っていましたね。

鴨居は、以前の嘘の報告書を書きなおすために、調査していたのではないでしょうか。光太郎がやろうとしていることを知っているからではないでしょうか。

次回にはもっと倫太郎に事情を話すのかもしれません。予告では、母の指輪を見つけていましたね。海音の部屋でしょうか。やはり海音と倫太郎の母には何かありそうです。素敵な秘密があるといいですね。

『恋はdeepに』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie