【恋はDeepに】第9話(最終話)の感想・ネタバレ/次回で空白の3年間を描くなら10話のままでいいのに...

恋はdeepに第9話 感想 ※ネタバレ注意

なんとなく丸く収まった感じで、優しいラストでした。

前回、倒れてトラックに轢かれそうになった海音を助けようとして、頭を打った倫太郎でしたが、大丈夫と言って病院にも行きませんでした。それがラスト近くになって、倒れてしまいます。外傷性硬膜外血種、ドラマで覚えました。初めは「仁」でした。頭を打った時の出血でできた血種が脳を圧迫して、すぐにはなく数時間後に症状等が出てくることがあります。

榮太郎が起こした騒動でピンチになった蓮田家でしたが、やっと家族が一つになったようです。海音が母の指輪を大切に持っていたことも伝えます。父は、光太郎にプレッシャーをかけすぎたこと、倫太郎には寂しい思いをさせたことを詫びました。榮太郎が兄弟をつないでいたことに感謝しました。亡くなった母の誕生日を家族祝う、素敵な家族です。

そして、母との約束で海中展望タワーを作ろうとしていたこと、過去にとらわれていたことに気がつき、海中展望タワーの建設はやめることにしたといいます。大事なのは今、大切な人を守ることだと。

光太郎は、息子に倫太郎みたいに自由になれと言いますが、お父さんみたいになりたいと言われ、涙ぐみます。ちょっと冷たいお父さんに見えていましたが、やっぱりかわいいのでしょう。完璧な父親は憧れなのですね。元妻も、弱いところを見せてもいいと言ってくれて、この家族は、いい関係になれそうですね。元に戻る日も近いのではないでしょうか。

海音は砂浜の地下に水族館を作って、魚が海と行き来できるように考えました。海音はこれから先の海を倫太郎に任せてもいいか尋ねます。もう、安心ですね。蓮田トラストの考え方は、海を守るに変わっていますね。

経歴詐称で研究所をやめることになった海音ですが、彼女の論文は世界で大きな評価を得ます。海音がアドバイザーを務めていた蓮田トラストの新規事業への期待が高まって、株価が高騰し、乗っ取りを企てていた会社もあきらめたようです。これは倫太郎の功績だという光太郎、その場にいた人たちは驚いています。光太郎も、素直に正しいことを進めていこうとする、本来の姿に戻ったのでしょう。

倫太郎の発案で、研究所とプロジェクト合同で。研究所で送別会を開きます。サプライズが思い出せない倫太郎がかわいいです、今までの倫太郎では考えなかったことなのでしょう。

海音の時間があまりないことを倫太郎は気づいていました。椎木がプロジェクションマッピングのように、月明かりの海の中を再現し、海音と倫太郎は海の中にいるみたいです。2人で、永遠の愛を誓います。手作りだけど、素敵でした。みんなが倫太郎と海音を祝福しています。

誕生日のプレゼントに何がいいかと藍花に尋ねる榮太郎でしたが、欲しいものはないと言います。研究室のみんなと一緒にいたいと。

倫太郎は、海音が明日帰ると告げた時、突然倒れました。硬膜外血種で、手術はしたものの、余談の許さない状況だと言います。つきっきりの海音でしたが、海音には時間がありません。海でおぼれた時のようにキスをしましたが、倫太郎は起きません。

榮太郎は、藍花の願いをかなえようと、研究室に3億5千万もの寄付をしました。桁違いすぎますね。でも、これで研究室は安泰でしょう。

倫太郎がよくなったことを確認した海音でしたが、倫太郎が目を覚ました時、海音はもういなくて、手紙を残していました。鴨居にも別れを告げて、1人で星ヶ浜に向かいます。鴨居にとっても、大切な存在だったのでしょう。1人だった鴨居にとっては娘のような存在だったのですね。

海音の手紙は倫太郎への思いが溢れていて、星ヶ浜へ向かいました。「間に合った〜」と抱き合います。それにしても、手術したばかりで、こんなに走ったりできるものでしょうか。思いが時別だからですね。

海音は、波の音はここにきて、初めて聞いて、心地よさを知ったと言います。潜って会いに行くという倫太郎に、深いから肺がつぶれなきゃいいけどという海音。それでも行くというと、私もと言って、長いキス。思いが溢れています。抱きしめあって、無理して明るく、でも離れがたく、振り返らない倫太郎を笑顔で見つめて。海に帰って行きました。倫太郎が振り返ったときはもう、いません。できるだけ明るく、さらっと別れをという気持ちが伝わってきます。

3年後、アドバイザーは藍花でした。榮太郎も再生可能エネルギー事業を始めようとしています。倫太郎は海の家をやっています。「倫太郎さん」と呼ぶ声に振り向くと‥というところでラスト、かと思いきや、次回はその3年間のお話とか。普通に10話でいいのに‥と、思ってしまいました。

人魚だということは鴨居と倫太郎だけが知っています。海音が姿を期した直後の話は次回ですね。なんと説明するのでしょう。3年後の再会後は、ずっと人間でいられるといいのですが。どうして人間になることができたのか、ということは描かれていませんね。ハッピーエンドになって欲しいです。

『恋はdeepに』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie