【極主夫道】第5話の感想・ネタバレ/不思議な縁で出会い、勘違いで二人の距離が縮まった龍と美久の大恋愛

極主夫道

知られざる夫婦の結婚秘話!大恋愛の隠された真実が明らかに

放送日:2020.11.8

別居状態になってしまった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。そんな矢先、龍が交通事故に遭う――。

一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。美久が龍に電話をかけても、留守番電話になるだけだった。向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。

江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる――!

雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。

雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

番組HPより

極主夫道第5話 感想 ※ネタバレ注意

龍は大城山組の人間から狙われていたので車で撥ねられたのかと思ったらただの事故でした!笑

8mも吹っ飛ばされましたが流石の龍は自力で歩いて帰ろうしたものの気を失ってしまってましたね。。やっぱり車には勝てないんだなと安心しました。

龍と勘違いされて大城山組の連中に襲われてしまった虎二郎はもちろん反撃し大城山組に一人で殴り込みにいきましたが酔拳で圧倒するのは流石”ジャッキー虎”です。笑

今回は美久と勝手にすれ違ってしまい、お互いが大切に思うからこそ自宅に帰ってこれなくなってしまいました。

その間に何故か向日葵をめぐって婦人会・田中町内会長チームと、極道に龍を戻したい江口菊次郎が対立してしまいますが雅のおかげでどうにか協力して龍の行方を探そうとします。

龍のインスタから「盃事」だと決めつける雅は天雀会メンバーと町内会長を巻き込んでまたもや【盛大な勘違い】をしてくれます。極主夫道の醍醐味になりましたが毎回笑ってしまいます。

大好きなシーンは、美久が社外プレゼンの際に、「自分の夫が元ヤクザだ」ということ自ら伝えるところ。周りに迷惑をかけてきたかもしれないが今は家族のために命をかけて立派に主夫をしていることを誇りに思うと伝え、その場を退出しようとする美久の強さにぐっときました。

ドラマ的にも勿論、美久のプレゼンがうまくいくことはわかりますが、龍をないがしろにせず闘ってくれた美久に感謝です!

盛大な勘違いをしている最中の菊次郎が「雅、親より先に死ぬのは親不孝だ」と言った時にやはり鳥肌立ちました。

竹中さんってすごいですね!ふり幅が半端ないです。ちょっと涙まででました。20年前の龍と菊次郎の出会いのシーンも「極道は子が親を命がけで守るが、この組は違う。親が子を命がけで守ってやるから、お前もそんな存在を見つけられるようになれ」と話していたなんて。。今の菊次郎からはイメージできませんがw かっこいいです。

そして龍と美久の出会いが【ファミレス】だったことも明かされました。出会ったときから美久の勘違いが炸裂していたことが数年たって分かりましたがw

不思議な縁で出会い、その勘違いのおかげで二人の距離は縮まりこの様な結果になったと思ったら微笑ましく感じました。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie