【ハコヅメ~たたかう!交番女子~】第1話の感想・ネタバレ/テンポの良いコメディ。どうせ来るならくそ野郎笑笑

ハコヅメ~たたかう!交番女子~第1話 感想 ※ネタバレ注意

気楽に観られて、笑えて、ちょっといい感じです。刑事もののドラマはたくさんありますが、交番を舞台にしたドラマは珍しいですね。

原作マンガの作者の方は、本当に元警察官で、交番勤務していたそうです。このドラマの交番、実際に撮影所の敷地内に建てたのだそうです。すごいですね。

永野芽郁さん演じる新米警察官の麻依と、事情があって刑事課から異動してきた藤(戸田恵梨香)のコンビはいいですね。上司の交番所長役がムロツヨシさんです。ドラマ・大恋愛では戸田恵梨香さんの夫、「親バカ青春白書」では永野芽郁さんの父役を演じていましたね。

千原せいじさんの副所長による、通常点検、笑いました。ちょっと調べたら、このような通常点検は本当に行われているみたいですね。

三浦翔平さん演じる源、山田裕貴さん演じる山田の刑事コンビも面白いです。2人とも演技の幅が広いので、楽しみです。源の髪型がもう、おもしろさを現しています。西野七瀬さん演じる牧高は、藤の代わりに刑事課には配属になったけど、女子高育ちで男性と話すとドキドキすると言います。なぜ警察官になったのかはまだ話していませんが、気になります。そして、新選組オタクと言うのも面白いです。

麻依が警察官になった理由が、ブラック企業に勤める父が、公務員になれと言ったからというのは、ありそうですね。そして、公務員試験を受けまくったけど、警察官しか受からなかったのだと言います。

公務員試験受験のための学校に行って、たくさんの公務員を受けるというのは聞いたことがあります。「教場」や「ミッドナイトランナー」などで観ていますが、かなり厳しい警察学校を、それでよく卒業できたなと思ったら、これさえクリアすれば将来安泰だと思ったからと言うのです。でも、警察官の仕事って、甘いものではなさそうです。

道で倒れている人が強盗犯だと気づく藤もすごいですが、麻依に取り調べをさせて、取り調べでに慣れていない麻依が、話すたびにいいリアクションをするから、犯人がいろいろ話してしまっているのがおもしろいですね。

もうやめようと思っていたところで、藤とのコンビ。ぽつりぽつり漏れる独り言がかわいいです。交通違反の取り締まりも、特に女性だと思って、ひどいことを言う人も多いのでしょうね。「どうせ来るならくそ野郎」がTwitterトレンドに入っていました。ひったくり犯を追いかけて捕まえることはできなかったけど、麻依のおかげで、見失わずに藤が逮捕することができたのでしょう。

パトカーが埼玉県警になっていました。埼玉が舞台なのですね。交番は、日常的には道を聞かれたり、落し物が届いたりですよね。

110番通報があると、その現場に近いところから駆けつけるのですね。自殺すると何度も通報していた男性、藤の言うとおり、すべてに全力で向かわなければいけないのが警察官。いたずらしようとしていたわけではなく、本当につらくて通報していて、でも、気が変わったりおじけづいたりしていたのですよね。それが本当になってしまうこともあるのですね。

麻依は落ち込んで、今まで渡せなかった辞職願を所長に渡しますが、自殺しようとした男性の母がお礼を言いに来ます。麻依の気持ちは伝わっていました。

藤のおかげで、何とか続けようという気になります。みんな普通の人間、そうなんですよね。これからの麻依の成長が楽しみです。刑事課とのつながりも面白そうですが、藤が交番に来た理由が気になりますね。考えすぎずに観られるので楽しみです。

『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie