【いとしのニーナ】見逃し配信・無料動画まとめました(フジバラナイト)

いとしのニーナ

幻冬舎コミックス「Webスピカ」で不定期連載されていたいくえみ綾さんの「いとしのニーナ」を実写ドラマ化。それぞれの想いが交差する、高校生たちの不器用で純粋なラブストーリー。

しお
『いとしのニーナ』の見逃し配信・無料動画をまとめました。
見放題(全話無料)
レンタル(有料)
レンタルはありません
配信なし
  • Hulu
  • Paravi
  • TELASA
  • U-NEXT
  • Netflix
  • dTV
  • amazon Prime Video
  • TSUTAYA TV
  • ABEMA
  • ビデオマーケット
  • GYAO!ストア

配信情報は 2021年10月21日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

いとしのニーナ無料視聴に最適な動画配信サービス
FODプレミアム
  1. 独占配信だから『いとしのニーナ』が見れるのはFODプレミアムだけ!
  2. 終了作品だから無料期間中にイッキ見できる!
  3. 無料期間が 2週間 もあり、期間中に解約すれば一切料金はかかりません
  4. 無料期間中もフジテレビのドラマ・バラエティを中心に 約4万本 が見放題
  5. 漫画・小説(17万冊以上)、雑誌(120誌以上)が読み放題

\11月8日までタダで見放題/

FODで無料視聴をはじめる

無料期間中でも確実に解約できますよ

いとしのニーナ見逃し配信・無料動画まとめ

2021年10月21日時点の配信状況

見逃し配信(第4話)

2021年11月2日(火)0時55分まで

見逃し配信は最新話しか放送していないので、過去回を見ることはできないんですよね...(´•̥ ω •̥` )

過去回を見るにはVODサービスの無料期間を利用しましょー!!

『いとしのニーナ』を配信しているサービスを調べてみました。

動画配信サービスを比較

配信サービス 配信状況 無料期間 料金(税込)
FOD
見放題
2週間 976円
Hulu ×
Paravi ×
TELASA ×
U-NEXT ×
Netflix ×
dTV ×
Prime Video ×
TSUTAYA TV ×
ABEMA ×
ビデオマーケット ×
GYAO!ストア ×

配信情報は 2021年10月21日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

いとしのニーナベスト動画配信サービス

FODプレミアム
無料期間配信形態月額料金(税込)
2週間 見放題 976円
しお
2021年10月26日の時点で『いとしのニーナ』を配信しているのはFODプレミアムだけです。

FODプレミアムはココがおすすめ♪

  1. 無料期間が 2週間 もある
  2. 終了作品だから無料期間中にイッキ見できる!
  3. フジテレビのドラマ・バラエティはFODしか見れない作品ばかり
  4. オリジナルドラマも豊富で良作が多い
  5. 毎月1300ptもらえる(マンガ購入やレンタルに)
  6. 漫画や小説も17万冊以上配信されている
  7. 120誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題
  • ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~
  • スイートリベンジ
  • いとしのニーナ
  1. ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~
  2. 半分、青い。
  3. ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~
  4. 2021フィギュアスケート ブロック大会
  5. コンフィデンスマンJP
  6. 彼女はキレイだった
  7. HERO
  8. TOKYOエアポート~東京航空管制保安部~
  9. ドラゴンボールZ
  10. HERO(2001)

2021年10月5日時点

FODプレミアムの特徴

あらすじ・感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

放送日:2020.7.17

あらすじ

「清流女学園の青田新名を拉致りました。」親友のマサからそう言われた厚志は目の前にいるニーナの姿に驚愕する。通学バスで見かけるニーナ。ニーナは2人の憧れの存在だった。厚志はこれは犯罪だとマサに言うが、好きだと告白したら拒絶されたから拉致ったのだとマサは返すのだった。

厚志は騒ぐなよと念を押し、ニーナの口を塞いでいたテープを取る。取った瞬間に騒ぎ出すニーナ。厚志が慌てて口を塞ごうとするとニーナは意識を失ってしまう。

しばらくして目を覚ましたニーナ。慌てて口を塞ごうとするマサに「あんたたちのことも誰にも言わないからうちに返して」とニーナは言う。マサにお前一人でやったのかと厚志は聞き、ニーナを返すよう説得を試みるが、マサは「なんで俺一人やったと思わない?俺一人で何もできないと思っているのか」と怒り出すのだった。

すると突然「きも。力づくで何とかなると思ってるの?馬鹿じゃないの?死ね」と2人に罵声を浴びせるニーナ。そんな中、マサに牛島からメールが来る。みんなで逃げ出そうと言う厚志に、牛島が来るから逃すわけにはいかないとマサは言う。

牛島が到着した。厚志はニーナと共に急いで逃げ出す。マサにも急げと言うが、俺は残るとマサは言うのだった。現れた牛島にニーナがいないこの状況を大男が連れ去った、厚志はその後を追ったと言い訳をするのだった。

そのころ、逃げた2人は駅に着いていた。ニーナは厚志にお金を貸してと言う。そして「助けてやったと思ってたら、ぶっ殺してやる」と言い残し、ニーナは帰っていくのだった。厚志のスマホには牛島から連絡が入るが、現実から目を背ける厚志は携帯の電源を切ってしまった。

翌朝目が覚め、マサに電話する厚志。厚志はマサに「拉致る勇気あるなら、断る勇気持てよ」と言う。マサはそんな厚志を牛島が怖くて電源切ってたくせに、よく言うよねと非難するのだった。通学バスの中で、いい人のフリして結局逃げた、俺は小心者だと落ち込む厚志。そこにニーナの友達、麻美が話しかけてきた。昨夜ニーナに電話すると「ニーナちゃんは籠の中」と男に言われたと言う。放課後、井の頭公園に来いと言い麻美はバスを降りた。

放課後になり井の頭公園にやってきた厚志。麻美は来る途中、牛島からニーナの荷物を預けられたと言う。昨夜の出来事を正直に話す厚志。麻美はとりあえず助けてくれたわけ?と聞くが、厚志は昨日の助けつもりでいるならぶっ殺すというニーナの言葉を思い返し返事ができないでいた。

厚志を連れ、ニーナの家を訪ねた麻美はお見舞いにケーキを持って行く。ニーナに昨日のことを聞いたと伝える麻美。玄関先で待つ厚志のもとにやってきたニーナは厚志にケーキを投げつけ怒りを露わにする。昨日のことを謝り、マサも本当はいいやつなんだ、と釈明する厚志。「いいやつだから許せって言うのか」とニーナはさらに怒っていた。

終わりだ、バイバイ憧れのニーナ。と心の中で言う厚志。そんな厚志に「あんたが私を守りなさいよ!」と言うのだった。

感想

まさか高校生が拉致を犯してしまう話の展開にまずはびっくりしました。

憧れの青田新名。そんなニーナを拉致するように牛島に言いつけられ断れなかったマサ。そんなマサを心配し、誰かに言われやったのではないかと厚志が言いますが、一人でできないと思っているのかとマサは逆切れしました。きっとマサは劣等感の塊なんだなと感じました。ニーナを拉致したことをわざわざ厚志を呼びつけ報告したのは、俺がやったんだという自慢のような自己顕示欲を感じました。

また、駅まで逃げ出た厚志とニーナ。助けてくれたはずの厚志に対し、これで助けたと思っているならぶっ殺すと釘を刺しました。側から見れば厚志は助けたように見えましたが、当事者からすれば、牛島もマサも厚志でさえも仲間には変わりない、そんな当たり前のことにハッとさせられてしまいました。

そして、お見舞いにやってきた厚志に対するニーナの発言にはびっくりしました。守れと言われた厚志。ニーナとこれからどう関係を築いて行くのか楽しみです。

放送日:2020.7.24

あらすじ

ニーナに守るようにと言われた翌朝、ボディガードを始めた厚志だが、守るってどうすればいいんだと疑問に思う。下校時間、ニーナを迎えにきた厚志に腹が減ったと言うニーナ。カラオケに付き合わされ、楽しむニーナの姿を見て安心する厚志に、「運良く近づけてラッキーだと思ってたら殺すよ」と麻美は釘を刺す。

散々歌ったニーナは厚志に付き添われながら自宅への道のりを歩む。何考えているの?と聞くニーナに、厚志は女子とこうやって2人で歩くのは初めてだなと思っていたと答えるのだった。そして、僕は役に立っているのか?と聞く厚志に「男の力はあんたたちが思っているよりずっと強い。暴力でねじ伏せようとする奴らが許せない。」とニーナは答えた。

厚志は怖い思いをさせたことを誠心誠意謝る。「あんたは巻き込まれただけでしょ」と言うニーナ。「青田さんから見れば僕は仲間だから。何ができるかわからないけど守らせてほしい。」そう伝えるのが精一杯だった。ニーナは厚志に夜12時に電話してと言い帰っていった。

ところ変わって、マサのアパートの鍵が変えられていたことを知った牛島は腹立たしいと仲間にこぼしていた。また、厚志はずっと音信不通のマサの元を訪ねて行くが会うことは出来ない。

自宅でのニーナは拘束されていた時のこと、バスで痴漢にあったことなど思い出して沈んでいた。そこに厚志から電話がかかってきた。どうでもいい話を続ける厚志にニーナは穏やかな気持ちを取り戻し眠りにつくのだった。

翌朝、厚志はマサからいつものところにいると呼び出される。厚志にアパートの鍵を変えたことを伝えたマサは、もうあそこにいく気はないと言う。一方で、厚志はニーナを守るためボディーガードをやると決めたことをマサに報告した。そんな厚志に、憎まれ役から一転、ニーナと仲良くやれてウキウキしてるんじゃないのか、ずるいとマサは言う。そして、牛島に拉致をしろと言われた時、自分に自信がないからそれでもいいと思ったんだと話した。マサは、もう学校にも行かない、お前は頑張れよと厚志に言うのだった。

ところ変わって、保健室で眠っていたニーナ。保健教師に睡眠薬の入手方法を尋ねる。半年前のことが原因かと聞く先生。悩みなんてうちらには普通にあるでしょとニーナは強がってみせる。

その日の放課後も厚志はニーナを家まで無事送り届ける。帰ろうとする厚志を呼び止めたニーナは厚志に名前を聞く。そして、牛島を裏切って大丈夫なのか気にするニーナ。殴られたら殴り返せと伝えるニーナに暴力はダメなんじゃなかったのかと厚志は返す。男同士はいいんだよ、ばかだねと微笑むニーナ。ほんの少しだが、笑いかけてくれたことが厚志は嬉しかった。守るよ、ニーナ。と厚志は心の中で語りかける。そして、今夜も電話しろと言い家に入っていくニーナの姿に、厚志は心からの笑顔が見たいと強く思うのだった。その夜、ニーナは厚志からの電話をどこか心待ちにしている様子だ。

牛島が厚志を待ち伏せていた。マサに連絡も取れないし鍵も変わっているとイラつく牛島は何か知らないかと聞く。そして、ニーナの捕獲作戦を今度はお前が手伝わないかと牛島は言う。すると、厚志はお前は汚いブタだと声を荒らげる。ブタに殺されるお前はなんだと牛島は睨みをきかせるのだった。

感想

ニーナは過去にも男性に嫌な気持ちにさせられたことがあり、それをトラウマのように思っているシーンがありました。そんなニーナにマサや牛島がしてしまったことは、さらなる不安をニーナにもたらしていると思います。そんなニーナに厚志がボディーガードをする流れになるとは思いませんでしたが、きっとどこかで厚志の存在が気になっているのかな?と感じました。

送り届けてくれた後、厚志の名前を訪ねるニーナや、厚志の電話を心待ちにしているニーナがとても可愛らしいと思いました。二人の距離が少し近づいた瞬間のように思います。

牛島はニーナを諦めきれず、今度は厚志に捕獲作戦をしろと命じました。しかし今まで怖くて逃げ出していた厚志の姿はもうそこにはなく、牛島に汚いブタだと言い返し驚きました。

自分の言いなりだと思っていた厚志が反撃したことで牛島はどう動くのか、ニーナと厚志は今後どうなっていくのか目が離せない展開となりました。

放送日:2020.8.1

あらすじ

牛島を汚いブタだと罵った厚志はボコボコにされた。血だらけの中、横たわる厚志を見つけた友人たちは牛島が逮捕されたと伝える。婦女暴行で逮捕され学校を退学処分となった牛島。それを聞き、被害者がニーナからすり替わっただけだと絶望する厚志。

厚志と連絡が取れないと不満そうなニーナ。そんなニーナに昨日はごめんと現れた厚志は顔面傷だらけだった。牛島が女性を襲い逮捕されたと伝える厚志。それを聞いたニーナはその場になだれるように座りこみ、死ねばいいのにと取り乱す。そしてスマホが壊されてしまった厚志にボディーガードなのに連絡が取れないと怒ってみせるのだった。

ところ変わって、厚志はマサの家を訪ねていた。引きこもり太ってきたマサを心配する厚志は、牛島のことを話す。自分たちも逮捕されるのではないかと言う厚志をびびりだと言うマサ。すると、ちょっと頑張っているヘタレだと厚志は返した。厚志の帰宅後、ボディーガードとしてニーナと下校を共にし、夜は電話で話していることを知ったマサはなんで厚志ばっかりと憤る。一方、厚志は今夜もニーナに電話をかけ眠るまで必死に話を聞かせるのだった。厚志はこれが善だと信じるしかなかった。

翌朝マサは久しぶりに登校した。そんなマサに驚きながらも、ニーナに謝ることを提案した厚志。マサは厚志におめでたいなと言い、友達待ってるぞと距離を置こうとする。お前は友達じゃないのかよと不満気な厚志。教室を飛び出した厚志は高校受験の際、厚志と同じ所に行きたいと言ってくれたマサの顔を思い出し、どうしたらこの溝は埋まるんだろうかと考え込んでいた。そのころ牛島は示談を成立させ、釈放が決まっていた。

ファミレスで沈む厚志の顔を見たニーナは、何か悩んでいるのかと聞く。言葉を選びながら、マサは本当に反省している、謝りたいと思っているみたいだと言う厚志。落ち込む厚志を見かねたニーナは会ってもいいよと言う。意外な言葉に驚く厚志に、ニーナは「あんたの友達だから」と答えるのだった。

すぐさまこのことをマサに話す厚志。するとマサは厚志と友達だっていうことを感謝しろって言うのかと皮肉を言う。さらにニーナが会いたがってるのかと確認するマサは2人きりで会いたいと言うのだ。厚志はその場を繕うように聞いてみると答えた。

電話でニーナに報告する厚志。ニーナは2人きりで会うなんてバカじゃないのかと怒る。どうしてもダメかと聞く厚志に、ニーナは私たちが見える所にいるという条件で了承した。「何かあったらすぐに助けるのよ、厚志」ニーナに初めて名前を呼ばれ厚志は喜ぶのだった。

マサに会いにニーナがやってきた。少し離れた場所から見る厚志は心の中でマサにエールを送る。土下座で謝るマサに2度としないで、私にも他の誰にもしないと誓ってとニーナは言う。

厚志が電話をしてくれて少し眠れるようになったと言うニーナに、君を先に見つけたのは僕だとマサは言い出した。そして、厚志は僕を見下している、偽善者だと言い放つ。「そんなに友達を貶めたいの?」とニーナは言うが、「友達じゃない、友達なんて思ったこと一度もない。」と言うマサ。マサに恐怖を感じたニーナは厚志に助けを求め、電話をかける。マサの声を聞く厚志は呆然とし、俺はまぬけなヒーローだったと思うのだった。

感想

マサはどうしてこんなにひねくれてしまったのだろうかと思ってしまう、そんな回でした。厚志もそんなマサに溝を感じており、どうにかしたいとニーナに会う機会を作ったはずなのに、そんな厚志の好意も虚しく、マサは厚志を貶めるような発言ばかりしてしまいました。心のどこかでいつも厚志に対し羨ましいという感情があるマサは、自分と無意識に比べて劣等感を強めていたのかなと感じました。

マサのことで落ち込んでいた厚志を心配し、会う決断をしたニーナ。厚志の友達だから会うと言ってみたり、厚志と名前で呼び始めたニーナはどんどん厚志に心を許し始めていると思います。

マサと厚志の友情はどうなるのか、ニーナと厚志は結ばれるのだろうか、今後も気になる展開が続きました。

放送日:2020.8.7

あらすじ

マサに友達なんて思ったことないと言われた厚志は部屋で考え込んでいた。中学時代、マサが虐められていたことは薄々気付いていたが、悩む素振りを見せないマサに、何かあれば言ってくるだろうと思っていた厚志。自分自身の不甲斐なさを後悔する。

翌日、ボディーガードをさぼる厚志にニーナは電話をする。そしてニーナは落ち込む厚志をカラオケに誘い出した。

待ち合わせ場所に来た厚志はいつもいる麻美の姿がないことに驚く。神社を参拝しボートに乗る2人。厚志はなぜ一緒に居てくれるのかと聞くと「ずっと女子高だったから男はキモい。でもあんたは別。私、遊んでる風に見られるけど処女です。」とニーナは衝撃的な発言をした。

「私としたい?」と手を握ってくるニーナに厚志は慌てる。見つめ合う2人だったが、厚志は急にお腹を下しトイレに篭る羽目になった。帰り道、ニーナはそれをずっとからかいながら2人は楽しい時間を過ごす。ニーナの家にたどり着いた時、厚志は2人で見ていたブレスレットをプレゼントした。嬉しそうに笑うニーナを見て厚志は喜び、明日は何があっても学校に行こう、そう思うのだった。

一方コンビニでスイーツを買い荒らすマサは麻美と出会う。逃げるの辞めたらと言う麻美にお前には関係ないとマサは去っていく。

翌朝学校で、マサに話しかけようと意気込む厚志。マサは屋上で不良たちに絡まれており、厚志は意を決して追い払った。そして、俺はニーナが好きだ。厚志はマサにそう告げるのだった。

一方、ブレスレットを嬉しそうに見つめるニーナ。保健教師に少しだけ克服できるかもしれないと嬉しそうに話していた。

帰り道、マサに絡んでいた不良は厚志のもとにも来た。これ以上うざいことはごめんだと言う厚志を押し倒す不良たち。厚志も負けずとやり返そうとする。そこにマサがやってきて、厚志と共に不良たちに反撃。そして、2人は慌ててその場を逃げ出すのだった。

逃げ切った後、マサは厚志が羨ましい、厚志みたいになりたいと言うが、こんなヘタレになってどうするんだと返す厚志。ニーナを守り、牛島にも屈しなかった厚志をマサはすごいという。厚志が「本当の友達になれなくてごめん。」と謝ると「俺の友達は厚志だけだ。」と返すマサ。「重いよ、重いのは身体だけにしろ」と笑ってみせる厚志に俺は変わるとダイエット宣言までし、2人は仲直りした。

不良に絡まれていた厚志はニーナを迎えに行けず、その日1人で帰ることになったニーナ。そんなニーナは帰り道、牛島らしき人物を見て怯えていた。慌てて厚志に電話をかけるが厚志は出ない。家に戻った厚志がようやくニーナに連絡を入れると、私を無視したら許さないからとニーナは一方的に喋り電話を切った。

ところ変わって、麻美と話すニーナ。「男に見えないから一緒にいれたのに一緒にいると男に見える。」と言う。麻美はそれってと話しかけるが、「あいつじゃなくてもいいのかも」とニーナは言う。そこに男2人がナンパをしにきた。

「助けて!」ニーナからの突然の電話に慌てて走り出す厚志。ようやくニーナの元にたどり着くがニーナはいたずらだと言う。それを聞き怒って帰ろうとする厚志をニーナは呼び止める。「本気で心配したんだ、人の気持ちをなんだと思っているんだ」と本気で怒る厚志に「ごめんなさい、自分がよくわからない」とニーナは言うのだった。

「私何がしたかったんだろう。」ニーナの家に上がり込む厚志は、この展開についていけなかった。ナンパで始まる恋は不自然じゃないが、私たちの関係は不自然だと言うニーナ。「恋愛にしてみる?あんたとだったらしてみてもいよ。」突然のニーナの発言を受けて、厚志は「好きです」と抱きしめる。2人は見つめ合いキスをするのだった。

感想

友達と思ったことはないというマサの本音を知り落ち込む厚志。虐められていたとは気づいているものの、何も打ち明けられなかったからと追求しなかった厚志は逃げていた自分自身の弱さに気づかされ、落ち込みました。向き合うと決め、不良たちにも立ち向かう厚志はニーナの一件で少し強くなったように感じました。

ニーナと厚志。デートをする2人は楽しそうで、帰り道の2人は本当にいい感じだなと思いました。厚志にプレゼントされたブレスレットを嬉しそうに見つめるニーナはまさに恋する女の子でとても可愛かったです。

また、マサは厚志を羨ましく思っていたと伝え、厚志も本当の友達になりきれてなかったことを謝りました。2人は本音でぶつかり合い、ようやく向き合えたのだと思います。

そして、ラストシーンでのニーナと厚志。2人はついに結ばれました。ニーナは少しずつ厚志に惹かれていると思いましたが、こんなに早く2人が関係を深めると思わなかったので驚きました。これからどんな展開へと向かうのか楽しみです。

放送日:2020.8.14

あらすじ

キスをする厚志を制し、「私のこと好き?なんで?」とニーナは聞く。「可愛いから」と答える厚志に「見た目だけか」と返すニーナ。ナンパについていこうとしたニーナにも問題があると話す厚志にニーナは怒り、「化粧もしない、ミニスカートも履かない、バカでいやらしい男たち刺激しないようにおとなしくしていればいいんでしょ。私が悪いの?」と厚志に嘆くのだった。「ニーナは何も悪くない。」初めてニーナと呼んだ厚志はニーナを抱き寄せる。

一方、麻美とマサ。ダイエット中と言うのに関わらず、やけ食いするマサに私も中学生までデブだったという麻美。痩せて厚志みたいになりたいと言うマサに、「メガネはメガネでしょ」と麻美は返す。

「ごめんね、きれて」と謝るニーナ。そして、友達の友達の話だと前置きし、自分がバスで痴漢にあったことを話し出した。勇気を出して止めてと言うと、誘いやがってと相手は言い捨てたと言うのだ。悔しく泣いたとニーナは続けた。「ニーナが今ここにこうしていてくれて良かった。」厚志は手を握り抱き寄せる言うのだった。

一方牛島は、幼少期、入院中の母親に花を渡しにお見舞いに行ったことを思い出していた。

翌日、マサと屋上で話す厚志。そこに友人たちが牛島が示談を成立させ出てきているらしいと慌ててやってきた。金持ちだとやりたい放題だと話す友人たち。そこにクラスメイトの山田という女の子が、馬鹿じゃないのかとやってきた。レイプしたことある?と聞く山田は被害者も色々聞かれるんだと続けた。これは映画の話だが、レイプ犯は許せないと山田は言う。

一人考え込む厚志。牛島のように、一つの被害を防いでもそれは次の犠牲者を生むだけではないか。そして、それには限りがない。あの時ニーナを助け出せた。それでいいんじゃないのかとも思うのだった。

ニーナとラブホテルにいる厚志。ニーナは入ってみたかったのだと言う。山田の話をした厚志に、ニーナは山田は正しいと思うと話すのだった。

一方で、釈放された途端に出歩く牛島を父は諭していた。他人を傷つけ非難を受ける立場なんだという父。牛島は母が入院中、浮気をしていたという父を責め、説教されたくないと返すのだった。俺を恨むなら好きなだけ恨めばいいが、相手の女性はトラウマに耐えていかなければならない。お金では帳消しできないんだ。と父は牛島に言うが、牛島は聞く耳も持たず家を出る。

ところ変わって、マサは麻美とケーキを食べにきていた。麻美の言葉が励みになり、ダイエットが順調なお礼だとマサは言う。麻美にどうしてダイエットしようと思ったのかと聞くマサに、ニーナの隣にいたかったからと答えた麻美。麻美はあんたたちよりもニーナのことが好きだからと言うと、俺と厚志もそんな感じだと言い2人は笑い合った。そんな麻美のもとにニーナからメールが届く。そこにはベッドでのツーショットが送られてきた。

ベッドで話し込むニーナと厚志。幸せだという厚志は幸せすぎてこの先悪いことがあるんじゃないかと不安だと話していた。ホテルを出た2人は幸せそうに歩き出す。そんな2人の後ろ姿を牛島は見つめていた。

翌日、マサにニーナとのことを報告しようとする厚志。なかなか言い出せず、自分の小ささを痛感するのだった。マサはダイエットの経過を麻美に報告することになったと嬉しそうに厚志に話した。

その後、ニーナを迎えに行くのに遅れ、電話をかける厚志。ニーナは今日くらい一人で大丈夫だと言い、マサと麻美のことを話す2人。マサに幸せになってほしいという厚志に、ニーナも麻美にはと返すしていた。

無事家にも着きそうだと言うその時。ニーナのもとに牛島が現れた。

感想

ニーナと厚志、二人は結ばれて幸せそうでした。初めてニーナと名前を読んだことを喜ぶ厚志から、ニーナを大切に思う気持ちが伝わってきました。

一方で、マサと麻美。厚志を羨ましく思うことを話すマサに、メガネはメガネだと言う麻美。厳しいことを言っているようで優しい一言だと思います。また、マサは麻美にダイエットの経過報告をすることを楽しみにしており、麻美もまんざらではない様子でした。この2人も何か関係が進展していくのかなと思わせる展開でした。

最後にニーナの目の前に現れた牛島。牛島は、母が入院中に浮気をする父に嫌悪感を抱いており、父の話など聞く耳持たずでした。これからニーナに何かしてしまうのか、次回がとても気になる終わり方でした。

放送日:2020.8.21

あらすじ

ニーナの目の前に現れた牛島。そんな牛島を無視しニーナは家に入ろうとする。「厚志がヒーローなんだ。単純だな。」と言う牛島に「消えて。」とニーナは言い放つ。「傷つくな、悪かったのは俺だけど」と言う牛島は「これは持っていていいのか」とスマホを見せつける。この中のあんたは消せないと言い去って行った。

一方で厚志はマサと話していた。ダイエットも順調で麻美とも連絡をとっていると嬉しそうなマサ。そこにニーナから牛島がきたと電話が来た。

慌ててニーナの家へと駆けつける厚志とマサ。心配する厚志に、私と厚志のことを知っていたと話すニーナ。マサには拉致の時牛島が自分の写真を撮っていたのかと聞く。マサはパニクっており記憶が定かではないと言い、厚志は、スマホを確認するために牛島の元へ行こうと部屋を飛び出した。そんな厚志を止めるニーナ。

マサと二人、芝生に寝転がりながら話す厚志。「厚志はニーナの必要な人になれていたんだね」と嬉しそうに言うマサ。マサは立ち上がり牛島の家へ行くと言い出した。元々は俺の問題だ、厚志は巻き込まれただけだと、マサは1人でカタをつけようとしていた。

牛島の家に行き、部屋に通された二人。マサは意気込むが鼻血を出してしまった。厚志は牛島にニーナの写真を撮ったのか聞く。そして、データごと全て消してもらう、お前のせいで彼女がどれだけ苦しんでいると思っているのかと続ける。写真なんか撮るわけないと殴りかかろうとする牛島を弟が止めに入った。二人はその隙に慌てて逃げ出すのだった。

牛島の家へ行ってきたとニーナに報告する厚志。家での牛島は怖くなかったと言うが、ニーナはそんな話は聞きたくない様子で帰ろうとする。突然キスをしようとする厚志を拒んだニーナだったが、自分からキスをし少しずつ慣れるからと伝えるのだった。

翌日、ファミレスで厚志を待つニーナ。そこに山田がやってきた。牛島から厚志が守ってくれているとは言うが、昨夜見かけたニーナは怖がっているように見えたと言う山田。いつまでも可哀想な被害者のままでいいのかと言い、山田は去った。ようやくやってきた厚志は牛島の弟、雅を連れてきた。雅は昨日の牛島の態度を謝り、虐めてくる同級生から兄の事件を聞いたと話す。しかし、兄はいい人だと性善説を唱えた。ニーナはブチ切れ、雅に水をかけた。そして、飛び出してしまうのだった。

厚志に兄の親友になってほしいという雅。断る厚志に頭を下げる雅を見て、誰もがある部分では加害者で別の部分では被害者なのかもしれないと考える厚志。そこにニーナから着信が入る。なんで雅を連れてきたのかと怒るニーナに、だけどあれはないと返す厚志。ニーナは怒りに任せて通話を切るのだった。

感想

誰もがある部分では加害者で別の部分では被害者なのかもしれないと考える厚志の考え方はまさにそうなのかなと思いました。

牛島の弟、雅は加害者家族でありながらも、同級生たちには虐められている被害者で、牛島自身も両親の関係に傷つけられて悩んでいたのだろうかと感じました。しかし、牛島がしてしまったことは例え辛い思いをしていたからという理由で許されるものではないことは確かです。

そして、被害者であったニーナも幼い子にあんなに強く当たるのはある意味、加害者のようにも見えてしまいます。

厚志は惚れ切っていたニーナのひどい態度にしっかりと自分の意見を述べ、あれはなかったと言いました。そんな厚志はかっこいいなと思います。この時ニーナは怒りに任せて電話を切ってしまいますが、この後どんな風に厚志と話し合っていくのだろうか、次回の展開が気になります。

あらすじ

ニーナに言いすぎたかもと後悔している厚志に、マサは牛島問題から手を引くと言う。次のステップに進むというマサに、麻美のことかと聞く厚志。正直牛島が怖い、平和に生きたい、普通の高校生活を送りたいと続けるマサ。

何度かけてもニーナは電話に出てくれず、俺の声は届かないと厚志は落ち込んでいた。ニーナの家の前で待ち伏せする厚志を見てあの男を思い出すからやめてと冷たく言うニーナ。結局、厚志は誰にでもいい顔したいだけだとニーナは言い、近寄らないでと厚志を拒否した。ニーナの味方でいるために色々考えてきた、世の中は被害者と加害者が重複しながら出来ていると伝える厚志に、今度来たら警察を呼ぶと家の中に入ってしまう。いつもニーナの味方をしていたのに、なんであそこまで軽蔑されるのか、厚志はやらせない気持ちをぶつける先がなく、ニーナに手紙を書くのだった。

一方、マサは麻美と会っていた。牛島から手を引くと話すマサに、ならば牛島絡みで知り合ったこの関係も終わりだねと言い麻美は去ってしまった。

ニーナに書いた手紙をなかなか投函できずにいる厚志に牛島が声をかけた。牛島は弟の日記を見て、親友になってほしいと声をかけたことを知っていた。牛島が弟をボコっておいたから安心しろと言うと、そんなことするはずがないと厚志は返す。お前はどこも成長してないと厚志は言う。すると牛島は、汚いブタだからなと言い、罪を償えなかったブタはどうやって成長すればいいのかと厚志に聞く。厚志はブタは罪を償いたいと思っているのかと問うのだった。

ニーナからメールが来た。そこには、好きな人ができたと書いてある。街でニーナが男と歩いているのも見かけてしまった。一方マサも麻美に振られどうしたら前に進めるのか悩んでいた。2人でやけ食いしていたが、こんなんじゃムダになると厚志はある決意をする。

ニーナの学校まで来た厚志。好きな人ができたのはしょうがないがメールでサヨナラはあっけない。最後に一つだけ、僕に足りなかったものって何?と厚志は聞くのだった。しかし、ニーナは何も答えない。俺結構がんばったよ?という厚志に「面倒になった。嫌でもあの事を思い出すから」とニーナは言う。「全部嫌なことばっかりだったのか、嘘だ。」と絶望し厚志は帰ってしまった。

可愛くて綺麗でスタイルがいい、そんなニーナに惹かれていた厚志だが、気が強くてわがままで気まぐれ、そんなニーナの行動全てが厚志の心に刺し、大好きになっていた。どんな出会いをしても僕は僕なのにと厚志は思うが、同時にニーナの心には届かったのかと打ちひしがれていた。

そんな時、「牛島がなんでニーナを狙ったのかわかった」とマサからの電話を受け、厚志は驚くのだった。

感想

厚志と牛島の関係が一歩前進したように思います。弟をボコボコにしたという牛島の嘘に、牛島はそんなことをしないと厚志は語りかけ、お前はどこも成長していないと言いました。以前の厚志からは絶対に聞けないであろうこのセリフを牛島に躊躇うことなく言う厚志は一回りも二回りも成長したように感じます。

またそんな厚志に、汚いブタだからな、と以前厚志に言われた言葉を皮肉まじりに言う牛島。罪を償えなかったブタは成長出来るのかと、これまた以前の牛島からは聞かなかった言葉を返しました。弟が厚志に会い、親友になってほしいとお願いした件から何か思い直したことがあったのかなと思いました。

一緒にいると辛いあの事件を思い出してしまうとニーナに振られてしまった厚志。最悪な出会いから付き合うことになった2人は、結局その出会いが原因で離れてしまうことになりました。次回最終回で、二人はどんな結末を迎えるのでしょうか。牛島はしっかりと改心することができるのでしょうか。マサと麻美はどうなるのでしょうか。最終回を楽しみたいと思います。

放送日:2020.9.4

あらすじ

牛島がニーナを狙った理由がわかったと厚志を呼び出したマサ。マサは半年前に牛島が起こした事件を調べていた。そこで真実がわかったとマサは言うのだ。牛島が襲った会社員は痴漢の常習犯でニーナも被害にあっていた。牛島はニーナに好意を寄せており、助けていたのだった。全部はっきりさせたいと厚志は牛島に会いに行くと言う。あの悪夢の日から解き放たれないと僕たちは何処にも進めないと厚志とマサは動き出す。

牛島を呼び出した2人。厚志はニーナと別れたことを告げた。そして、ニーナが今でもトラウマに怯えている、お前がニーナの笑顔を奪ったと言うのだった。俺たちがニーナを傷つけたのは事実だが今からでもできることがあるんじゃないか、償わずに成長などしないと厚志は言う。

ニーナに大事な話があると言い、連れ出す厚志。また怒らせてしまうかもと前置きし、牛島に会って話を聞いて欲しいと言う。バスでニーナを見かけ、笑顔に惹かれたという厚志。あの事件が起き、おかげで話せるようになった。振り回されてばかりの日々だったが、見ているだけの時よりもずっと好きなったと続ける厚志。本気で守りたいと思っていたのに僕ばかりが幸せで、ニーナのことを幸せにできなくてごめんと謝り、今できることはこの事件にケリをつけて、ニーナに少しでも楽になってもらうことだと厚志は言う。そして今度は絶対に守るからチャンスが欲しいと伝えるのだった。

牛島とマサ、厚志の3人はニーナに会う。申し訳なかったと謝る牛島の頬をおもいっきりニーナは叩く。あの事件もあんたのことも許せないけど、私には大切に思ってくれる人がいると分かった。心配をかけたくないから強くなるとニーナは言う。一人だったら無理だった。最悪な出会いだけどやなことばかりじゃなかったよ。と厚志に言い部屋を出た。

後を追う厚志に、「助けてやったとか思ってたらぶっ殺してやる。」出会った時と同じセリフを言うニーナ。今度こそさようなら、いとしのニーナ。去りゆくニーナの姿に厚志は思うのだった。

2年後のクリスマス。数合わせの合コンに向かう厚志。遅れてやってきたのはニーナだった。東大生を名乗るメンバーに、厚志がいることに驚き、みんなにそれをバラすニーナ。帰り道、ニーナは厚志に「バーカ」とメールを送る。消去されたと思っていた厚志は驚き、夜道は危険だからとボディーガードはいかがかと返すのだった。

感想

牛島がニーナを拉致した理由が明らかとなりました。半年前の暴行事件は痴漢からニーナを救いたいという思いの牛島の犯行でした。さらに話したいという欲求から拉致までしてしまった牛島。謝ることで少し前に進み出したように思います。

そして、厚志に対してニーナは、最悪な出会いだったけど、やなことばかりじゃなかったと言います。これは厚志にとって救われた言葉だと思います。さらに助けてやったとか思ってたらぶっ殺してやるという出会いの懐かしいセリフをもう一度投げかけるニーナ。ニーナらしいなと微笑ましくなりました。

ラストは、2年後のクリスマス。少し成長した厚志とニーナ。久しぶり会ったニーナは笑っていて、厚志は安心していました。そして、自分の連絡先は消されたと思っていた厚志のもとにバーカと送られてくるニーナからのメール。きっとこの後はボディーガードとして送り届け、ハッピーエンドだったのではないかと思わせるラストでした。

牛島はコンビニで店員を、マサも麻美と再会を果たし、みんな素敵なクリスマスを過ごしたのではないかなと思います。いとしのニーナ。いつまでたっても厚志はニーナに振り回されながらも楽しく過ごしているのかなと感じられる素敵なストーリーでした。

いとしのニーナ番組情報

放送局・放送日程

放送局 放送時間 放送開始日
フジテレビ 金 24:55 2020年7月17日
フジテレビ 月 25:25 2021年9月27日

スタッフ

【原作】
いくえみ綾『いとしのニーナ』
幻冬舎コミックス刊
【脚本】
阿久津朋子、 錦織伊代
【演出】
楢󠄀木野礼、中田博之
【音楽】
白石めぐみ
【主題歌】
さなり 「Hero」
【プロデュース】
鹿内植
【プロデューサー】
浅野澄美、郷田悠
【制作協力】
FCC
【製作著作】
フジテレビジョン
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/itoshinonina/
【Twitter】
https://twitter.com/itoshinonina

キャスト

外山厚志:岡田健史
ヘタレな男子高生。不器用だけど、まっすぐで正義感が強い。拉致事件の責任を取るためニーナのボディガードとなる。
青田新名:堀田真由
清流女学園に通う、厚志と正行の憧れの美少女。強気な性格で厚志を振り回すが、心には深い傷を抱えている。
押川正行:望月歩
厚志の親友。ニーナにひとめぼれして、毎朝同じバスで見つめるのが日課だったが、牛島にそそのかされてニーナを拉致してしまう。
牛島清貴:笠松将
厚志と正行の同級生。暴力的な性格で、周りから恐れられている危険人物。権力者の父親がおり、裕福な過程で育つ。
森岡麻美:長見玲亜
ニーナの親友で良き理解者。見た目はイマドキの女子高生だが、情に厚く、友達思いで芯の強い女の子。

見逃し配信・無料動画まとめへ戻る

2020年夏ドラマSchedule

フジバラナイト

2020.10 RIDE ON TIME Season3
2020.07 いとしのニーナ
主演:岡田健史
2020.04 運命から始まる恋 -You are my Destiny-
主演:瀧本美織
2019.10 RIDE ON TIME Season2
2019.07 百合だのかんだの
主演:馬場ふみか・小島藤子
2018.10 RIDE ON TIME Season1
2018.08 彼氏をローンで買いました
主演:真野恵里菜

-2020年夏, FODプレミアム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie