【着飾る恋には理由があって】第1話の感想・ネタバレ/火曜ドラマらしい恋愛ドラマ

着飾る恋には理由があって第1話 感想 ※ネタバレ注意

初回からキュンとしてぐっときて、泣けてしまいました。「アンナチュラル」「MIU404」の製作スタッフということで、期待がいっぱいでした。

出だしから、川口春奈さん演じる真柴くるみと横浜流星くん演じる藤野駿のかけあいが最高でした。最悪の出会いに見えて、初対面からこんなに話せるなんて、相性が合うということだと思うのですが。本当に正反対の2人ですね。

上空から社長の葉山が帰ってきたところになるところ、素敵でした。社長と一緒にいる時の真柴の表情は、駿と会った時とは違って、かわいい、恋する乙女でした。葉山は、子供のような人ですね。ネクタイが結べず、真柴に結んでもらう、この近さはドキドキですよね。目の前で上半身裸になったりして、気があるのかないのか。散歩と書き残して消えても、真柴しっかり居場所がわかります。広報だからわかるって言いますが、好きだから知っているのですね。母が賞をとったからお祝いに何か送りたいと相談して、花と答える真柴。それが後の、真柴の誕生日プレゼントにつながっているのかもしれません。

一生懸命おしゃれして投稿してインフルエンサーと呼ばれるまでになって、会社のために頑張っている真柴。その代わり家に帰るとすっかりオフ。そうじゃなきゃやっていられないですよね。「お風呂長すぎ」のふせんをドアに貼るなんて。ルームシェアってこういうところがストレスになりますよね。香子さんとのやりとりも、昔から知っているからわかってくれていることが多いのですね。

わんちゃん。こうじ、塩こうじのこうじかわいいです。一緒に散歩しているときの駿は優しかったですね。ぶつかりそうになったのをぐっと引き寄せた時、本当はどきどきしていたのに、憎まれ口を言っています。恋愛相談に、「ケータイの中に答えは無い」っていうのはグサッときました。何でもすぐ、調べてしまいますからね。「桜の木の下で、相手の顔を見て考えたらいい」と言われ、真柴も珍しく素直に「はい」と答えていました。

飯尾和樹さん演じる課長、癒しですね。高橋文哉くん演じる新入社員秋葉が失敗して、山下美月さん演じる茅野が怒ると、令和の新人には優しくってすぐ言っています。

料理のシーンは本当に本物のようでした。2ヶ月以上専門学校に行って特訓したそうで、Instagramには、料理が上達していく様子の動画を載せています。

陽人が、駿に「いくらそぎ落としてなかったことにしようとしても無くならない」っていうのは、何なのでしょう。部屋にこもってしまったけれど。何もなくて26歳でミニマリストってないだろうと思っていました。明るいけど、その下には悲しい過去があったのですね。きっと陽人と香子は知って言うのでしょうか。横浜流星くん、珍しく明るい役だと思いましたが、それだけではなかったのですね。そんな時の表情はさすがです。

香子は、一人で生きていくと決めたけど、それだけでは寂しいから、おはようとおやすみの言いあえる、みんなの家を作りたいと思ったのですね。そして、一人で頑張って生きている駿と中村アンさん演じるアーティストの卵・羽瀬彩夏に声をかけて、丸山隆平さん演じるカウンセラーの寺井陽人はそんなみんなをまとめてくれそうといことでしょうか。1日中、人の相談を受けていたら煮詰まることもあるでしょうから、ちょうどいいのかもしれません。

オープン前日に葉山真柴に言おうとしたのは、会社を辞めるということだったのでしょうか。葉山は、会社を追われたのですね。社長は、センスはあるし、人がいいけど、気まぐれなところもあって、大きな会社の経営には向いていないのかなあと思いました。

様子のおかしい真柴に声をかけた時は優しい駿でした。SNSに振り回されていることは理解できないけれど、頑張っていることは伝わったのですね。星野源さんの主題歌がいいタイミングで流れて、真柴と駿のシーンになったらいつの間にか消えていました、それが駿が階段を上がっていくタイミングで流れだしました。「おいしい」と泣きながら食べている真柴を見て、駿の目もうるんでいました。リビングで寝てしまった真柴をお姫様抱っこで部屋に。掛け布団の上に寝かせてしまったから、その辺にある洋服をかけているのがおもしろかったです。

朝になると、置きっぱなしになっていた花が花瓶に生けてありました。駿でしょうか。駿の姿はありません。通勤途中でこうじと散歩する駿に会いました。明るく昨夜部屋まで‥と言いかけたけどやめて、カレーのお礼とおいしかったことを告げると、おどけて得意げな様子です。「そういう顔すると思った」と笑う真柴。いい感じです。

エンディングは、出会いの場面の駿目線。駿は、真柴が急いでいるのに、赤ちゃんを連れたお母さんや、お年寄りにタクシーを譲ってしまっていたところ、ちゃんと見ていたのですね。だから、乗せに行ったのですね。香子に聞いて真柴のことも知っていたとか。いくら急いでいたとはいえ、知らない人の車によく乗ったなあと思いましたが、悪い事しそうには思えませんね。

もう、早く続きが見たいです。来週には、もうキスしそうになっていましたが。でも、言い争っている場面も、指切りしている場面も。どストライクと言った陽人ともいい感じだったり。羽瀬は、自分の描いた絵を壊そうとしていたし。プロデューサーさんの話では観ていて辛い話にはならないというので、安心して観ています。

見逃し配信(第1話)

2021年04月27日で終了しました

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie