【危険なビーナス】第3話の感想・ネタバレ/弟の妻が襲われた!矢神家の陰謀か? 女の嫉妬か!? 更なる危機

危険なビーナス

弟の妻が襲われた…矢神の陰謀か女の嫉妬か?

放送日:2020.10.25

伯朗(妻夫木聡)は楓(吉高由里子)が救急搬送されたと看護師の元美(中村アン)から聞き、病院に駆けつける。しかし、楓はすでに帰宅した後で、伯朗はそのまま彼女が住む明人(染谷将太)のマンションへ。楓は何者かに階段から突き落とされたと言う。さらに、突き落とした犯人は「いい匂いがした」と伯朗に告げる。

翌日、矢神家を訪ねた楓は、当主・康治(栗原英雄)の病状が思わしくないと聞いて、叔母の波恵(戸田恵子)と祥子(安蘭けい)の心中を思いやるふりをしてハグをする。「匂い」を確かめるためだ。そして、康治の看護師・杏梨(福田麻貴)の髪の匂いが犯人と同じであることに気づく。さらに、祥子の娘・百合華(堀田真由)も疑う楓。そのことを動物病院に行って伯朗に伝え、伯朗は百合華と会う約束を取り付ける。

一方、勇磨(ディーン・フジオカ)は楓の帰宅を待ち伏せていて…。

番組HPより

危険なビーナス第3話 感想 ※ネタバレ注意

第3話は、楓を突き落とした犯人と明人を取り囲む女たち、そして伯朗の楓への思いが描かれていました。

今回の山場は、楓が春乃からナイフで襲われたところを伯朗が助けるシーンでした。楓を大切に思い必死で守った伯朗の思いと、その思いに応えられない明人の妻としての楓の存在を知らしめるセリフが切なかったです。

―君は明人の嫁だけど、僕にとっても大切な人なんだ。

いつもは優しくて穏便な伯朗が見せた勇敢な行動と言葉にぐっときました。また、身の危険を顧みず、いつもは伯朗を手玉にとっている楓が、伯朗の切実な言葉に揺らいでいる吉高由里子さんの表情もとても良かったです。

と同時に、春乃を警察に引き渡そうとする伯朗を止めた楓の言葉

―こんなことがあったって知ったら、明人くんが悲しみます。彼を傷つけたくありません。

このセリフは、伯朗に対して改めて楓が明人の妻であることを言い聞かせるようなセリフで切ない場面でした。

また、やはり気になるのが、楓が明人の妻なのかどうかです。

百合華と明人の関係が、鍵を預けられ自由に部屋を使えるくらいの関係性だったこと。明人は好きでもない相手に簡単に家の鍵を渡すような軽薄な人物なのでしょうか。また、百合華が鍵を楓に返したときに、楓が謝ったこと。伯朗のセリフにもあったように、謝った楓の姿は明人の妻とは違う姿だったように思えました。

次週の予告で、拘束された明人がでてくるシーンがあったので、(内心、楓の主張する明人の拉致自体を疑っていたため、本当に拉致されたいたんだ!と思いました)楓と明人がどのような会話をするのか、二人の関係が見えてくるのではないかと楽しみです。

回を追うごとに確実に楓に惹かれている伯朗と、明人の妻としての立場を固持する楓と、明人の三角関係が、来週の明人の登場でまたどのように展開していくのかが楽しみです。

これまで“明人の妻”と一点張りだった楓が、最後の伯朗とのシーンで、伯朗から「大事な妹」と言われた瞬間にこれまでと違う複雑な表情をしていたので、楓の抱える思いの変化も見逃さないようにしたいです。

個人的な感想として、蔭山さんの好感度が爆上がりです。

髪の毛の匂いをかがれたことに気づいたり、伯朗のラタトゥイユと栓の抜かれたワインを見て考察する洞察力の高さが今話では垣間見えました。

また、楓の指摘の通り伯朗を好きな蔭山が、わかりやすく楓に惹かれている伯朗を近くで見ている心境も切ないです。伯朗の思いを尊重して「楓さんを大切にした方がいい」と伯朗に助言する言葉に、高い人間性を感じ好感度が急上昇しました。中村アンさんのクールビューティかつ思慮深く賢そうな存在感が素敵すぎます。

今話の初めに蔭山が伯朗の家を訪ねてくるシーンがあり、家の場所を知っているような深い間柄なんだな…とも思いました。伯朗が楓と蔭山のどちらと結ばれるのか、四角関係?のゆくえも見逃せません。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie