【君と世界が終わる日に Season1】第5話の感想・ネタバレ/首藤の洗脳と横浜の地獄の巻

君と世界が終わる日に Season1第5話 感想 ※ネタバレ注意

首藤の洗脳が凄まじい、そして横浜も地獄だった回。

横須賀駐屯地に潜入した等々力は、来美に「響は死んだ」とウソをついた。結局このウソがとんでもない状況になっていくんだけど、なぜわざわざウソを言いに行ったの?

もしかして本当に響の裏切りっていうのが来美を抜け駆けしたことだったとか!?女々しすぎて勘弁してください。そうじゃないことを祈ります。

響たちは柚月ちゃんの薬がとうとうなくなってしまったので、病院へ薬をとりにいくも、どこに行っても薬がない。自衛隊が回収してるからですね。

足手まといを安全な場所において響とミンジュンの2人で探しにいく途中で、ゾンビに襲われてる3人組を助けました。

封鎖区域外から来た記者だそう。しかもその中の1人が柚月ちゃんの父親!!コイツが最悪なヤツでした。響の意識の変化に必要な人材でしたけど。

それは置いといて、ようやく薬が残ってる病院を見つけたものの、自衛隊と鉢合わせ。容赦なく撃ってきます。本当容赦ないね。

しかもミンジュンを撃った後でゾンビに襲われて「助けてくれー見捨てないでくれー」って勝手すぎ。

その最中、ミンジュンは姉のジアンと再会しました。姉なんだから駐屯地で匿ってあげればいいのに、横浜へ逃げなさいって…

自衛隊は最強かと思いきや、意外とゾンビにやられてる。噛まれた隊員を響ショックで茫然自失の来美が見逃してしまったことでゾンビ化。愛奈が噛まれてゾンビになっちゃいました。

ここぞとばかりに首藤が来美を洗脳します。さすがですね。自ら人体実験を引き受けるとまで言わせる洗脳術。

首藤が「ゴーレムのことは誰よりも知っている」と言って映った「001」のナンバーがついたゾンビ。あれが首藤の奥さんなんでしょうね。

勝手な推測ですが、奥さんは不治の病で、治すために作った薬でゴーレム化。今度はゴーレムから人間に戻すために来美が持つ遺伝子が必要って感じでしょうか。

響とミンジュンが薬を持って帰ると、柚月の父親はDVヤローで紹子とは離婚済み。柚月は悪魔の再来を恐れて父親をゴーレムに襲わせた。

「子供が父親を殺すなんて、見過ごせないよ」とくだらない正論を吐くマキタスポーツ。何の役にも立ってないのによく大きな顔ができるよね。

柚月はみんなゾンビに対してやってるじゃん、何が悪いの?と。響も今は何が正しくて何が正しくないのかわこらない。だからこの件は胸にしまっておこうと提案。

横浜を目指してひたすら歩いて、とうとう横浜に到着すると… そこで見えた光景はゾンビの群れ。横浜はすでに落ちてました。

首藤が言うには、ゴーレムウイルスは空気感染するみたいです。それってもう逃げ場ないじゃん。

見逃し配信(第5話)

2021年02月21日で終了しました

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie