【キワドい2人】第4話の感想・ネタバレ/わかり合えない母娘・言葉がなければ伝わらない

キワドい2人

キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課 神埼・黒木第4話 感想 ※ネタバレ注意

望美役の蒔田彩珠さん、よかったですね。CMで見て、印象に残っていました。来年の朝ドラ「おかえりモネ」では、ヒロインの清原果耶さんの妹役です。これからどんどん出てきそう、期待できますね。

今回の事件、葵のちょっと何か言いたげな表情やっぱりと思いました。彩乃は気がついて、連絡を取り合っていたのでしょうか。裏アカを見つけるって、現代の若い子ですね。分からない世界です。

かなり厳しくしつけていた母でしたが、虐待ではありません。娘がアンケートでいじめの当事者とされ、いじめられていた子が自殺していたら、気持ちが動転して正常な判断ができなくなるかもしれませんね。

でも、自分と娘に置き換えて考えた時、たとえアンケートで書かれたとしても、娘がいじめをしたとは思えないなと感じました。娘に本当かどうか、確認すると思います。そこが、文科省キャリア官僚で、シングルマザーの美咲との違いかもしれません。

私には、母としての人生の他に、守らなければならないものは特にないけれど、美咲は自分の立場も考えたのでしょう。それに謝れば公にしないといわれたことで、望美の将来にも傷がつかないようにしたかったから、謝るように強く言ってしまったのですね。

それでも、あんな山道でというのは考えられません。すぐに戻ってきたものの、美咲の厳しさの現れですね。嘘の報道で、連絡してくるのを待つと言うのは、強く拘束されていたらできに事ですが、無理やりではないからできたことです。

黒木が、信じてくれなかったという望美に、自分もちゃんと言わないからというのは、確かにあります。自分から何も言わずに、わかってくれないと言ってしまう。ちゃんと話し合うことが大事ですね。本当に無事でよかったです。

母のことを話す神崎の様子は、少し変ですね。そういえば、神崎の母はどうしているのでしょう。

交通安全イベントを見ている女性、年齢的には神崎の母ぐらいでしょうか。

22年前の事件のことを話すと言った植田が、刺されて倒れていて、黒木と神崎の父・賢造がいます。賢造が犯人なのか、それとも、あの女性が怪しい気もしますが。

あと2回で終わるのですね。名コンビ、もっと観ていたかったです。

見逃し配信(第4話)

ありません

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie