【この恋あたためますか】第1話の感想・ネタバレ/最悪な出会いから始まるラブコメは定番だけど暖かくてキュンとする

この恋あたためますか

放送日:2020.10.20

「人を幸せにしたい」。

そんな思いを抱いて活動していたアイドルグループをクビになり、その夢が破れコンビニでアルバイトをしている井上樹木(森七菜)。唯一の楽しみといえば、お手頃価格のコンビニスイーツを食べ、その感想をSNSにアップすることだけ。

ある日、樹木は偶然知り合った浅羽拓実(中村倫也)と口論になる。彼はEコマースを運営する会社から樹木がアルバイトをしているコンビニに出向し、代表取締役社長になったばかりだった。業界最下位のコンビニ「ココエブリィ」の経営立て直しを命じられた浅羽は、定番商品であるスイーツのリニューアル案を打ち出した。

だが、別会社から出向してきた浅羽が打ち出した改革案は、スイーツ課から猛反発されてしまう。社内公募でも目ぼしいアイデアが集まらず途方に暮れる浅羽。そんなとき、業界で密かに注目されているスイーツ批評のSNSアカウント「キキかじり」の噂を耳にする。その正体が樹木であることを突き止めた浅羽は、ある行動に出る―。

番組HPより

この恋あたためますか第1話 感想 ※ネタバレ注意

最悪な出会い、ラブコメにありがちです。

森七菜ちゃん、朝ドラ「エール」でも、いい味出していますが、こういう、おとなしい感じじゃなく、元気な感じはあっています。ツンツンした中村倫也さん、かっこいいです。

両親が不和で寂しい幼少期だったのでしょうか。それで甘いものが嫌いになったのでしょうか。仲野太賀さんと石橋静河さんは、映画の印象が強いので、ドラマで観ると新鮮です。市川実日子さん、利重剛さんも、地味目だけど素敵な俳優さん。出演者だけでも、期待大です。

出向してきたワンマンな社長、社員の反発を買うのはよくあることでしょう。

コンビニスイーツは確かに素敵です。つい買いたくなります。

「チャンスは逃すともう来ない」樹木は、アイドルをやめてから、臆病になって何も目標がなくなって、スイーツの投稿だけが幸せで、生きがいにもなっているのでしょうか。こんなに味が分かるのってすごいですね。これは天性のものでしょう。

浅羽社長が、見た目重視しているのは確かです。見た目と値段で、買おうかなと思います。おいしそうで安かったら買いますね。

新谷の再起動、胸キュンです。コンビニで新しいものは奥に、古いものは前に置いてあって、でも、みんな新しいものが欲しいから前のもが残って、期限切れで捨てられます。

アイドルを卒業させられた自分を見ているように感じていたのですね。そんな時、「君が必要だ」って言われて、うれしかった気持ちわかります。自分なんかだめだってスイッチが入るって樹木が言った時の新谷、ドキドキしました。壁ドンでした。でも、電気を消してつけて「再起動」って素敵ですね。やさしくて、本当にいい人です。樹木のこと、ちょっと好きになっていたのに、彼氏がいるって言われてちょっとがっかりしたようでした。

ところが、ふられてしまった樹木。あんまり感じのよくない彼だったから、かえって良かったかもと思いました。

毎週新商品を出していて、通常業務で手いっぱいって、新商品が次々出るよりおいしい方がいいです。開発チームも大変だとは思いますが、定番を大事にしていいと思います。

彼氏に会うと聞いていて、泣いていて、シュークリームが残っていたら、それだけですべてわかりますね。何も聞かなくても。

甘いものが嫌いで、一口でいいと言っていた浅羽が、おいしいと全部食べてくれました。味は忘れたと言って。話し方はつんつんしてるけど、内容はやさしいです。ここで、樹木は浅羽のこと好きになっちゃったかなと思いました。チンアナゴ調べて、キモカワは、いい意味か悪い意味か聞くのは気になるからですよね。

それなのに、浅羽は退職届を出してしまいました。そして、樹木に会いにきたのは、どういうことなのでしょう。コンビニの社長としてでなく、お菓子の開発を始めるのでしょうか。

もう、なんだか暖かくて、キュンキュンして、素敵なドラマですね。もう、1回で大好きになりました。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie