【この恋あたためますか】第9話の感想・ネタバレ/ついに浅羽が告白へ

この恋あたためますか

この恋あたためますか第9話 感想 ※ネタバレ注意

樹木に会いに来ただけなのに社長にいろいろ言われる浅羽、樹木のことは守りたいと思っているのですね。

理保に言われて、確かめに来たって、好きなのかどうか確かめに来たというのでしょう。相性合わないと言っていますが、こんなに、言いたいことを言いあえるのは、仲がいいということだとは全く思わない浅羽です。

泣いて目が腫れているのを花粉症という理保。本当に強いですね。

スイーツ改革案が元に戻り、樹木も復活しました。浅羽が最後の一押しになったといいます。

仕事になると、真剣でシビアで厳しい神子です。

浅羽に呼び出されて不機嫌そうな理保。理保の前ではかっこつけていて、心配かけたくなかったと、好きでいてほしかったと言っています。樹木は自分のペースを崩されると。

好きの種類が違う。浅羽の心の扉は回転ドアみたいで、なかなか入れないのに、樹木はそれをするっと開けてしまう。自分の気持ちに気づくのは今のうちだと言う理保。

別れたら、浅羽も素直に自分の気持ちを話せるようになりました。不安そうな浅羽の表情、こんな中村倫也さんあまり見たことがありません。かっこいいです。

移動販売車のことをまとめている浅羽に、もうバイトは十分だから会社に戻ったらっていうコンビニの仲間たち。みんな素直に人のことを思いやれる素敵な人達ですね。

新谷と樹木はいいコンビという市岡さん。そして「樹木の才能を引き出したのは新谷」と言われて喜ぶ新谷。

神子はおいしいときは一口だけなんですね。ダメ出ししたときは全部食べていたのに。

血が騒ぐとテンション上がってる神子に、楽しそうな神子を久しぶりに見たと言う市岡。神子も変わってきたように思います。ちょっと肩ひじ張っていると言うか、対浅羽のようなところがありましたが、素直に会社のことを考えるようになってきていますね。もともとスイーツ課長だったと言うから当時のことを思い出したんですね。

樹木と理保と新谷と写真撮ろうとしてラインが見えます。浅羽から樹木に誘いの連絡。理保は浅羽と別れたことを告げ、樹木が浅羽を好きなことを理保も新谷も知っていると言います。自分が、浅羽は樹木を好きだと言ったことは言いません。それは、浅羽が直接言わなければいけないと思っているからでしょう。

新谷に、まだ浅羽が好きかと聞かれて、樹木は黙って、手をつなぎます。新谷が好きという意味でしょうか、本心かな。

新谷は浅羽に会いに行って、樹木は渡さないっていうけど、選ぶのは彼女だという浅羽。それは当たり前です。新谷は樹木に、浅羽に会いに行ってと言います。ちゃんと一点の曇りもなく自分を選んで欲しいからというのは、かっこいいですね。

樹木が来てすぐに、もっときれいな格好して来いって言えるの、やっぱりいいですね。美術館、CDショップ、ピアノショップ、浅羽の好きなところですね。退屈そうって言って、食事はまた焼肉。今度は浅羽が焼きます。

もう、ああ言えばこう言う、でも楽しそうです。戸惑う浅羽がいいですね。妄想で話を進めるなと言って、口に押し込みます。浅羽のイメージからは考えられない行動です。

送っていくと言って車に乗ると、ずっとココエブリィにいてと言う樹木。なかなかシートベルトをしない樹木に、シートベルトするときキスしそうでしたね。送って行ったあと、いろいろ思い出しています。やっと気づいたのでしょうか。

返事聞かせてと言ったあとで、落ち込む新谷。最後までかっこいいとこ見せつけなって、理保がかっこいいこと言います。

浅羽は企画書を持って神子のところへ行きます。あす発売のスイーツを一緒に食べる二人。浅羽を認めてくれて、浅羽は戻ることになりました。

迷う樹木に、誰とクリスマスを過ごしたいか聞くスー。迷っていると言うことは、浅羽が好きなのかと思います。新谷のことが好きなら迷うことはありませんから。

返事を聞く前のデート。楽しくしているけど本当は気になってしょうがない新谷。

新谷と樹木のデートはいつもハイテンションだけど、なんだか不自然な気がしていました。樹木を楽しませようと一生懸命な新谷ですが、樹木はシリアスなムードのなることを避けて、ずっとハイテンションでいるように見えていました。考えすぎでしょうか。

会社に戻ることが決まって、樹木に伝えようとスイーツ課に行って、理保から、新谷返事をすると聞いて走り出す浅羽。どこに行くかわかっているのでしょうか。間に合ってしまいました。樹木と一緒にいてよかったことはたくさんあったと言う浅羽。全くかみ合わないけど楽しい。いなくなって初めて気づいた、君が必要だと。出会いの、スイーツ改革の君が必要だと言った時と同じ言葉です。

最終回を前にして、ここで終わりです。気になってしょうがないです。

どう考えても、浅羽の方が好きだと思うのです。樹木にとって新谷は仕事仲間で友人です。心が動いているのは浅羽に会っていると時のような気がします。

辛いときに助けてくれて、一緒に新しいスイーツを作ってきた新谷ですが、どこか違います。新谷は、ずっとそばにいたけど、浅羽を好きなことを知っているから臆病になって、一緒にいても核心に触れることなく、楽しく過ごすことが多かったです。

自分が樹木を好きだと言う気持ちは伝えたけれど、樹木の気持ちを聞くことは先送りしていて、本当に心を通わせることはなかった気がします。浅羽と樹木は、全く違うけれど、かみ合わないようで漫才でもしているみたいに楽しそうです。どんなクリスマスになるかドキドキしながら待っています。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie