【恋する母たち】第2話の感想・ネタバレ/3人の不倫の下準備が整った!いよいよダメキュンが動き出す?

恋する母たち

部下の壁ドン!与論島の謎

放送日:2020.10.30

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。

杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。

一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。

斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。

そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。

翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。

息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

番組HPより

恋する母たち第2話 感想 ※ネタバレ注意

斉木巧から「ご主人は与論島にいる」と聞かされた杏、しかも記憶を失っているらしい。斉木の妻・由香は慎吾が記憶喪失となった後、すぐに与論島を出て、名古屋で別の男性と結婚しているといいます。

実際、斉木さんは慎吾と会ってきたんですね。仕事の関係で与論島にいったときに付いたガイドが慎吾らしき人物だった。記憶喪失はウソなのかもしれないが、ウソを付いているようには見えなかった。さらに与論島では子持ちの女性と一緒に住んで民宿をやっているということもわかった。

それが本当に慎吾だったのか、写真を確認するために杏を訪ねてきたというわけです。

そんなモテるタイプには見えないけど、人当たりがよくて優しいという杏の言葉から、好きになってしまう女性もいるのかもしれません。

一方、優子は赤坂くんと停電中のエレベーターに閉じ込められていました。なんでも大規模停電で復旧に時間がかかるっぽい。テレビだと薄暗いだけだけど、実際には真っ暗だろうから心細いだろうな。近くで一生懸命場を和ませてくれるカワイイ後輩くんがいたらキュンとするかも。

数時間後、停電が復旧したら終電はもう終わってる。タクシー乗り場は3時間待ち。じゃあどうする?ってことで赤坂くんが「1杯飲みに行きません?」と付いていくと、指をさした先はラブホテル。さすがに優子もカチンときて「タクシー待つ」と言って帰っていく。

結局帰ってきたのは朝の4時。朝食を食べて寝なおそうとすると職場で小森さん(部下)がやらかしたらしい。慌てて会社に向かうんだけど、出社するとわかるとホッとしている自分がいる。引きこもりで自分の言うことを聞かず、小バカにしてくる息子、旦那とは仲良くやってて自分だけ疎外感。だから家にいたくない。

あぁ、これは年頃の娘がいるお父さんと同じですね。奥さんと娘は仲良くやってるのに自分は輪に入れず煙たがられるっていう。

休日出勤すると、なぜか赤坂くんもいる。とりあえず3人で片づけてしまおうと奮闘していると、赤坂くんが小森さんに「人妻に振られちゃったんですよ~」と明らかに優子のことを言っている。いたたまれなくてトイレに逃げたと思いきや、ドキドキしてた。なんだイケメン後輩くんに言い寄られてドキドキしてたんだ。すぐに落ちそう。

トイレを出ると赤坂くんが近寄ってきて壁ドーン。いやいや今どき壁ドンごときで胸が高まらないから・・・と思ってたら人妻にはめっぽう効くみたい笑笑

極めつけは小森さんと行く京都出張。待ち合わせ場所に行くといたのは赤坂くん。小森さんはドジって骨折してしまったそう。急遽代わりに来たんだとか。確信犯ですね・・・

もう一人、まりは丸太郎さんの突然のキス、嫌だったのかと思いきや、思い出してニヤニヤしてる。あ、こっちもダメだ。すぐに落ちる。

しかも丸太郎さん気持ちをもてあそぶ(と言ったら失礼だけど)のが上手。2手3手先を読んで行動してる。まりも必死に心を閉ざそうとするんだけど、丸太郎さんのほうが1枚上手。案外はやく2回目のキスに成功したと思ったら、まりはもう丸太郎さんのことを好きになってた。

旦那が浮気三昧だから、その点は加味してあげないと可哀そうとは思う。

ところが、その浮気相手が厄介だった。正妻の座を狙ってるのか単に破局させようとしているのか真意はまだわからないけど、丸太郎さんとまりのキスシーン(1話の車の中)を目撃してマスコミにリーク。相手がまりだということも。怖っ

リークを受けた相手が斉木さんで、念のため丸太郎を張ってたら2回目のキスシーンを目撃してしまった。

斉木が杏に相談したところ、まりのことじゃないかと呼び出して忠告した。斉木は杏の友達だからこんかいは記事にしない。けど1日張ってただけで簡単にこんな写真(キスシーン)が撮れちゃうくらいだからもっと気を付けて、そう忠告した。

まりは事の重大さを理解して丸太郎さんに「もう会わない、連絡もしないで」と言うんだけど、「わかった、バレないように会おう」って結局動物園でデート。しかも丸太郎さんの変装が完ペキ笑笑

しかもこの動物園、絶対に千葉市動物公園だ!って思ったらやっぱりそうだった。

杏は慎吾に会いに与論島に行くことを決意。ちょうどいいタイミングで優子の家族が与論島に行くことになってて(旦那の実家が与論島)、便乗させてもらうことになった。別行動とはいえ1人で飛行機に乗っていくのは心細いだろうからね。林家が一緒に行こうって言ってくれなかったら行けなかったかもしれないよね。

それに息子の研が父親に会いたくないのは当然。小さい頃のほとんど忘れた記憶しかなく、研の中での現実は、一人で必死に働いて育ててくれている母親の姿だけ。そんなことは露知らず家族を捨てて消えた父親なんて会いたくないに決まってる。男の子ならなおさらそう思うでしょ。むしろ母親に「これだけの仕打ちを受けてまだ愛情があるの?バカじゃない?」くらいに思ってそう。

次回は、慎吾と会った杏(たぶん傷心で戻ってきて斉木と会う)、京都に2人きりで出張する優子、密会デートを楽しむまり、それぞれ動きそうですね!

恋する母たち第2話 みんなの感想

みなさんの感想をアンケートで募集してみましたので、ご覧ください。

満足度 5.0

かおりんさん(女性/50代)

杏は、夫とどうなりたいのか、まだ好きな気持ちがあるのかという所がまず見どころです。又、丸太郎を好きになってしまったまりは、夫が不倫をしているという状況で、心の隙間を埋めてくれた丸太郎にアタックされ続けた結果不倫関係になりましたが、そんな女性の気持ちもわかり、ドキドキしてしまいました。普段誰にも気にしてもらえなくなった主婦って、ドキドキする事もなく、夫にワクワクする事なんてないですから、こんなにスキスキビームの嵐を出されたら主婦は落ちますね。又部下に恋してしまった林にアタックする赤坂の行動や、壁ドン、台詞がかっこよくて、ドキドキしてしまいます。主婦三人のそれぞれの恋の様子にワクワク、ドキドキするストーリーが楽しかったです。これからの展開も楽しみです。

満足度 5.0

CHIYOさん(女性/30代)

今放送中の中で1番ハマりつつあるドラマです。「恋する母たち」というタイトル通り、3人の恋が少しずつ始まったと思う2話でした。阿部サダヲ演じる落語家がなぜあんなにマリにガンガン行くのか少し疑問でした。裏があるか、単純に食べたい遊びたいだけなのか、これからの展開が気になりますし、旦那さんの不倫相手の女性は姑息なやり方が観ていて毎回腹立たしくなるので最後に痛い目にあえば良いのにと思ってしまいます。優子さんと部下の赤坂くんはいかにもこれから始まりそうという感じでわくわくします。あんなにストレートに積極的に来てくれる後輩がいたら気になり始めてしまう気持ちがとてもわかります。

満足度 4.0

こまみさん(男性/30代)

今回は三人の女性とも相手の男性と何らかの動きが始まりだした感があってそわそわとしていましたが中でも石渡杏さんの場合は久々の再会からのスタートだったのでどっぷりと浸かっていきそうな雰囲気が感じられました。今後の展開が一番気になってしまった今昔亭丸太郎さんはさすがに離婚を三回も繰り返しているだけあって女性の扱い方が完璧すぎて見た目は全然かっこよくないのに相変わらず女心をばっちりとつかんでいる様相があって見事でした。

満足度 5.0

ちなさん(男性/50代)

エレベーターが突然止まったり、休日出勤で偶然一緒になったりと、凄く昭和っぽい感じですが、何かドキドキしてしまいます。しかし、磯村くんはどんな役もこなせて、色気もあってなかなか演技が上手いと思います。小泉さんは、いつもの爽やかさではなくて、影のある感じを演じてますが、なかなかハマっています。また、阿部さんの遊び人のような役もgoodです。とにかく、このまま、明るい感じでストーリーが展開すると良いなあと思います。

満足度 5.0

れんげさん(女性/30代)

それぞれの恋が動いていく様子は、良い緊張感を持って楽しめました。杏の旦那が与論島にいるだけではなく、記憶喪失になっていたのは衝撃でした。本当に全ての記憶を失っているのか気になりますが、杏のことを気に掛けている斉木がどのような行動に出るのかにも注目しています。まりが積極的な今昔亭に惹かれていく気持ちは分かりますが、旦那の不倫相手に知られてしまっていることは大きな問題だと思いました。優子を翻弄していく部下の赤坂は予想以上に手強くて、今後も目が離せないと思いました。

満足度 5.0

さとさん(男性/40代)

上司の優子を積極的に口説いている赤坂というのが印象的でした。優子を壁ドンしたり果敢に攻める赤坂というのは凄いアプローチでした。そんな赤坂に嫌がる素振りを見せる優子ですが実は嬉しくてドキドキしているというのも女性ってそういう裏腹な部分あるよなと感じました。なかなか赤坂を演じる磯村勇斗の口説く演技も秀逸過ぎて見応えがありました。気になったのが丸太郎とまりの密会写真を消去した斉木の行動です。その裏には杏への気持ちというのがあるのかなと推測してしまいました。

恋する男たち第2話 赤坂剛編=運命の恋に出会う男

『恋する男たち』はParavi限定のオリジナルストーリーです。

本編では描かれなかったバックグラウンドの「やっかいな」恋愛を描いてます。2回目はコシカフーズの若手社員・赤坂剛が優子を狙うまでの話。

何でもそつなくこなす赤坂剛。入社して次から次へと付き合う女の子を変えていく... モテるんだけど、長続きしない男。

飲みに行く店の雰囲気と、ママと赤坂君の関係がいいですね〜。頼れるママははるな愛さん。納得。赤坂君に色々アドバイスをくれてます。

そこにお客さんとして与論島流の盃を回していく変わった飲み方をして、酔ってフラついてきた女性が林課長。

なるほど〜。林課長とそういう出会い方をしていたのかぁ。

普段の真面目で皆から頼られる課長とは違う感じでしたね〜。赤坂君、それから課長のこと気になってたって事か、ギャップにやられたのかな。

本編も衝撃でしたが(≧∇≦)こちらでも衝撃の運命の出会い❤️ これからこの2人どうなっていくのか、展開がとっても気になります∩^ω^∩

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie