【恋する母たち】第4話の感想・ネタバレ/優子と赤坂のキスを目撃したシゲオ、由香に吹き込まれて出ていった研、修羅場は続くよどこまでも

恋する母たち

今夜衝撃の修羅場

放送日:2020.11.13

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。

一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。

翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

番組HPより

恋する母たち第4話 感想 ※ネタバレ注意

結婚を前提に付き合ってほしいと言われ自分の気持ちを再認識する杏。母親になってからこの歳で、なかなかないわ(≧∇≦)💕旦那に駆け落ちされてしまって、突然母子家庭状態になって、仕事と家事、子育てに奮闘している杏にはかなり嬉しい出来事だよね。綺麗になるのもわかるわ〜。

そして今回は色々修羅場でしたね〜。

杏は斉木の元妻であり、慎吾と駆け落ちした相手の由香が自宅に訪問してきて、事実ではないことも含め、言いたいことを言われてしまう。しかも研にその話を全部聞かれて誤解されてしまって「キモい」とまで言われてしまう・・・食事まで拒否するようになってしまって...仲の良かった親子関係が一変しちゃう。

由香も調子のいい女だな笑。駆け落ちしたの棚にあげて...。浮気?不倫?なんどもしてる時点で調子良すぎてなければキャラ成立しないか...笑

高校一年生の男子がそれぞれ母親を通して父親とは違う男性の影を感じ取っているのがちょっと驚きだった。学校行っていないから当然っちゃ当然なのかな...

そして子供たち、結構がっつり友達だったんだね。いつ繋がったのかよくわからなかったけど笑。

大介が教えたメールアドレスだけでこんなに仲良しになれたのかな。だったらちょっと羨ましいな。大人になってからそんなことまでぶっちゃけて話さないから....。

息子たちも「恋する母たち」と同じように子供同士で相談しあってて。やっぱり悩んだ時は友達同士が一番だよね〜笑

大介は学校やめて与論島に父親と行くかもって話していたけど、洗濯機が回せない母親...確かに父親と居た方が安心なのかもしれない。

でもお母さんやめる気ないからって言ってたのがちょっと意外でした。仕事場が居場所だった優子なのに...。

私も優子と一緒で、慣れない料理とか作った後はぐったり疲れちゃうな〜笑 しかもイマイチで歓迎されなかったときは疲れ倍増しますね笑笑

まりは繁樹と罪滅ぼしの温泉旅行に行くことになったけど全然嬉しくない。そりゃそうだわ。

夫婦って愛と憎しみの両方があってこそ一人前なんだよ。って丸太郎さんまた名言がありましたが。人の気持ちなんてそんなにすぐに変わる訳じゃないし。丸太郎のお墨付きで温泉に行ってはみたものの、結局のり子の自殺未遂で繁樹は急遽帰ることになってしまうし。もうほんと山下のり子面倒くさ〜い(~_~;) こんな時は丸太郎の落語聞いちゃいますかね笑。

繁樹が帰ってしまった温泉宿で一人で二人分の懐石を愉しむまり。そして部屋の露天風呂に入っていると丸太郎の声がして、隣の部屋に行くと丸太郎が居る!!ってか、まりさんなんで隣の部屋入れたんだろう∑(゚Д゚)鍵なし?!

「まりさんちょいとこっちへお入りなさいよ」と丸太郎さんのお風呂へのお誘いですけど、このさっぱり感は何でしょう笑

研もとうとう家を出て行ってしまいましたね。15歳の研には由香の言っていたことは衝撃的過ぎたか。おばあちゃんのところというのは石渡綾子さんの所か...。後継者としてめっちゃ大事にしてるから、母親がずっと斉木さんとそういう関係になっていると知ったらおばあちゃん的には色々言いたくなるだろうなぁ。

斉木さんはとにかく真面目だね〜。杏に対しても。

京都の一件から優子も赤坂くんの事気になってしまってて。夜の会議室でまた二人ドキドキでしたね〜)^o^(

赤坂君に「性欲はもって3年、この先50年一緒続くのよ、よく考えてみて」って言ってたけど、実家に帰ってよく考えても優子さんと一緒に居たい...。

慣れない家事と大介に疲れた優子は岐阜から駆けつけた赤坂君と結婚しよってキスしているところをシゲオに目撃されてしまうという衝撃の修羅場!((((;゚Д゚)))))))

そして二人のキス越しの立ち尽くすシゲさん...多分来る!来た!!とわかってはいたけれど...かなりドキッとした💦怖い...この二人この後どうなるんだろ💦ここからが修羅場だね💦

ドラマ終了間際のユーミンの曲がまたドキドキハラハラが増すんですよね〜(≧∇≦)✨完全にドラマに引き込まれてしまいました。

今週は「恋する男たち」がない!?あー早く金曜日になってくれ〜笑笑

恋する母たち第4話 みんなの感想

みなさんの感想をアンケートで募集してみましたので、ご覧ください。

満足度 5.0

アキさん(男性/30代)

とうとうみんな行動に移し始めたかなと、ドキドキな展開で面白かったです。特に優子のあのうるんだ瞳というか、あられもない姿は見てて思わず唾を飲み込むほどでした。それほど剛の真っ直ぐな気持ちにまいってしまっているんでしょうが、最後の車でキスのなすがままのシーンは良かったです。本人もわかってはいるけど、性欲に負けてどうしようもないんだろうなと感じます。ただとうとうバレてしまったので、こっちまでびっくりしましたがどうなるかハラハラとワクワクが止まりません。

満足度 4.0

佳津子さん(女性/30代)

杏と斉木の恋が始まり、杏の恋するウキウキした姿が恋愛ってこうゆうものだったなと思いだしました。また、優子は家族を大切にしようとしながらも、赤坂との関係に溺れていき昼ドラを思い出させる感じでハラハラドキドキします。個人的にはまりと丸太郎の恋の行方が気になりますね。あの2人を見ているとなんだかほんわかしていて不倫をしている関係には見えないから好きです。まりの夫が不倫の償いで夫婦で温泉旅行に行こうという提案に乗り気でないまりへ丸太郎が言っておいでと促すあたり、大人の男の余裕を感じますね。

満足度 5.0

Keitaさん(男性/40代)

一番危険なのは優子で間違いなさそうです。杏と斉木は色々あってもお互い独身だし、まりと丸太郎はアバンチュール色が強いので泥沼にはならないと思いますが、赤坂と優子は相当まずいことになりそうで、ともするとこのドラマ最大の見どころになるかもしれません。赤坂は若いだけに真剣ですから、性欲は3年で飽きると頭ではわかっていても体も心も止まりません。優子もそれに引きずられるだけの相手への好意があるのでどうしようもありません。夫と息子は彼女を見限って与論島に移住するのか?今後の展開に目が離せません。

満足度 4.0

さえさん(女性/30代)

三角関係を一つ題材にするだけでもドラマが成立しそうなのに、同時に複数の話が進んでいく感じが面白いなと思います。しかも、女優さんが豪華でキレイですし、見ごたえがあります。また、今回は特に阿部サダヲさんが印象的でした。不倫をしながら冷静だし、計画を立てたりしながらも大胆だったりするので、見ていて面白いです。ホテルの隣部屋に不倫相手がサプライズでいたり、家の近所でキスしていたら夫に目撃されたりなど、途中から予想はできるけど、同時に楽しめるのでいいなと思います。

満足度 4.0

tororoさん(男性/30代)

まりさんの旦那さんの不倫はさすがにもう潮時なのかなと感じる部分が多々ありましたが相手の女性がもうただ若かっただけしかまりさんより勝るものがないような気がしました。なんで彼女のような女性との不倫を始めたのか正直個人的にはよくわからないものはありましたがあまりいい方向にはいきそうにないのが感じられました。一方で丸太郎さんとの不倫があまりにもいい雰囲気で進んでいくのが今後夫婦の関係性にどう影響するのか気がかりになりました。

満足度 5.0

くろまさん(男性/40代)

杏、まり、優子にそれぞれ展開がありましたが優子と赤坂の関係というのが1番気になりました。赤坂が優子に対して結婚しようと迫ったのは驚かされました。赤坂がただのプレイボーイだと思っていたんである意味、赤坂の評価というのは個人的には上がりました。そんな赤坂に対して心が揺れ動く優子というのが印象的でした。ダメだとわかっていても赤坂の押しに負けてしまう優子の女心が伝わってきました。今後、この2人の関係というのはどうなっていくのか楽しみです。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie