【ルパンの娘2】第4話の感想・ネタバレ/美雲が和馬に恋⁉事件の黒幕はまさかの人物だった

ルパンの娘

ママ友パーティーに凶悪犯!?母よ愛する娘を守れ

放送日:2020.11.5

三雲華(深田恭子)は、杏(小畑乃々)に三雲家の稼業が泥棒だと知られないか戦々恐々。華は足を洗うつもりで杏も善良な娘に育っているが、尊(渡部篤郎)たちの泥棒熱は止まらない。

一方、北条美雲(橋本環奈)は“Lの一族”と桜庭和馬(瀬戸康史)の関係を疑い桜庭家へ。典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)も巻き込んでの大わらわとなる。Lの一族とのつながりをなかなか掴むことができない美雲だったが、和馬に恋していることに気づいてしまう。

尊たちは悪徳歯科医が所持する美術品に目をつけた。しかし、美術品は何者かに先に奪われてしまう。和馬たち警察もその事件を追っていた。同じ手口の窃盗が立て続けに発生していると聞いた美雲は連続窃盗を疑うが、蒲谷隆太(松尾諭)に決めつけるのは早いとたしなめられる。

華はママ友たちから、同じ学校に子供を通わせている親が窃盗被害に遭ったことを知る。被害者が悪徳歯科医と噂される家だと聞いた華は、尊たちの犯行を疑う。

杏から華の元気がないと聞いた渉(栗原類)は、華の悩みの一因が自分にあるとし、Lの一族を継ぐことを決意。再びマッチングアプリで婚活を始めた。

喫茶店で華がママ友たちとお茶をしていると、尊たちがやって来た。セレブを演じていい加減な作り話で盛り上がり、ママ友たちのパーティーにまでお呼ばれされてはしゃぐ尊たちに辟易する華。新たな泥棒の計画の一環でママ友に接触したのだろうと尊たちを責めるが、尊たちのターゲットはママ友ではなかった。

その頃、婚活をして家を出ていった渉が事件に巻き込まれてしまい…。

番組HPより

ルパンの娘2第4話 感想 ※ネタバレ注意

前回のラストシーン、助けてくれたのが和馬だと気がついた美雲はお礼を言うために和馬宅を訪ねました。インターフォンを押す美雲。華が出てしまうのかとドキドキの展開でしたが、美雲の前に現れたのは和馬の母、美佐子でした。

確かによく考えれば、独身を装っている和馬の家は桜庭家の実家で間違いなく、華と住む自宅がそう簡単にバレる訳はないのですが‥。美雲は「Lの一族」と和馬の関係を疑っており、偵察も兼ねての来訪。しかし、美雲は自分が和馬に恋していることに気づき、和馬宅を飛び出してしまいます。

一方、悪徳歯科医が所持する美術品に目をつけた尊たち。華は杏のためにも泥棒を辞めて欲しいと諭します。そんな華に祖母のマツは独身でも泥棒、結婚しても泥棒、ママになっても泥棒だと話します(笑)どこかで聞いたことのあるこのフレーズも、金メダルではなく泥棒なので笑っちゃいます。そして、華が継がないのなら杏に継がせようと話す尊に、この家の秘密は守り抜かなければと華は決意を新たにします。

そんな中、華はママ友たちから同じ学校に通う子の家が窃盗被害に遭ったことを知ります。尊たちの犯行を疑い、問い詰める華。しかし渉の部屋にいた杏が泥棒というフレーズを耳にしてしまいます。慌てる華に、話を合わせる尊や悦子。大人たちの必死の誤魔化しでなんとか杏は知らずに済みました。今回無事に誤魔化せましたが、これからこんなピンチたくさん訪れてしまうのではないかとヒヤヒヤしてしまいます。

ところ変わって、華がママ友たちとお茶をしていると、尊たちが現れます。そこで尊は何のお仕事かと問われ、美術品や宝飾の物流をしていると答えます。確かに人から人へとお宝が動いているので物流ではありますが‥(笑)物は言い様だなと思います(笑)

一方、杏から華の元気がないと相談された渉はLの一族を継ぐことを決意し、再び婚活を始めます。渉が婚活で出会った相手はまさかの泥棒。それも今回尊たちが狙っていた相手だったのです。

その頃、同じく窃盗事件を追う和馬。華に連絡しているところを美雲に聞かれ、実家に連絡していたと誤魔化しました。さらにもう二度と誰かを愛することは出来ないと言いました。美雲を勘違いさせていたのを改めたいと思っていたから、こんな事を言って牽制したのでしょうか。美雲は複雑そうな表情を見せました。

追っている泥棒が顔を見られた杏を狙っていると分かり、華はまたもLの一族として事件を解決しようとします。そこへ黒幕として現れたのは和馬の先輩でもある、刑事の蒲谷。確実にいい人のキャラクターだと思い込んでいた人物のまさかの展開に驚いてしまいました。

駆けつけた和馬に、犯罪者と手を組んで利益を得ていた。俺もお前も汚れた人間だと蒲谷は話しますが、和馬は受け入れてくれた蒲谷を慕っていたと残念そうに伝えます。これまで蒲谷に怪しい素振りなど見当たらず、なんなら和馬の良き理解者なのかと思っていましたが、見当違いでした。和馬の信頼している人が捕まってしまうということはシーズン1でもありましたが、今回の展開では予想していなかったので驚かされました。

事件も解決し、和馬が本庁の刑事部長から呼び出されます。娘とのお見合いを条件に本庁の捜査一課に推薦してもいいと話を受ける和馬。そこへ和馬のスマホに貼られたシールが小学生女子に人気のキャラクターだと知り不思議がる美雲が話を盗み聞きし、和馬と付き合っていると入ってきました。独身を偽る和馬は付き合っている人がいると誤魔化そうとしていたのですが、この後はどう繰り広げられるのか気になります。

また、ラストシーン、逃げようとした華と渉の姿が写真に撮られており、Lの一族が生きていることがバレてしまいました。この後どんな展開が待ち受けているのか、楽しみです。

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie