【ルパンの娘2】第5話の感想・ネタバレ/今回は神回!華を演じるどんぐりさんの演技力、田中みな実さん再登場で大盛りあがり

ルパンの娘

娘が朝起きたら86歳の体に!?ドロンジョの逆襲!!

放送日:2020.11.12

三雲華(深田恭子)が泥棒衣装で逃亡する姿が何者かに撮影された。尊(渡部篤郎)はてんとう虫3号調査隊を放ち、撮影位置を特定。そこに残されたバイクのタイヤ痕を辿り、犯人のアジトを突き止めた。

アジト内部に潜入したてんとう虫3号が送信する映像には、かつて戦った女泥棒、双葉美羽(田中みな実)の姿が映し出される。美羽はある目的のために、手下の大岩(本間朋晃)、依田(真壁刀義)の手引きで脱獄していた。

尊は美羽たちに“Lの一族”が生存している証拠を隠滅させるため、アジトへの潜入を計画。だが、華と尊は顔を知られているため警戒厳重なアジトへの接近も難しい。そこで尊は渉(栗原類)に造らせた秘密道具を家族たちに装着させる。

北条美雲(橋本環奈)は和馬(瀬戸康史)に交際を宣言するが、二度と誰かを愛せないと断られてしまう。山本猿彦(我修院達也)に和馬への恋心を指摘されるが、美雲は和馬への接近はあくまで“Lの一族”を暴くためだと主張。美雲の和馬への関心はさらに昂まった。

渉の秘密道具は効力を発揮する。それは人と人の意識を入れ替える装置。尊は自分が悦子(小沢真珠)、華がマツ(どんぐり)の体に乗り移り、美羽のアジトへの潜入を図ろうとしたのだ。試しに華とマツを入れ替えるが、華には大不評。すぐに元に戻そうとするのだがマシーンに不具合が発生。体がマツになってしまった華…こんな状況で美羽たちと戦えるのだろうか?

一方、美羽は和馬たち警察も追っていた。和馬は差出人不明の封筒を受け取り、一人で出て行くのだが、美雲は不審な行動をする和馬の追跡をはじめる…。

番組HPより

ルパンの娘2第5話 感想 ※ネタバレ注意

前回、華がLの一族として逃亡する姿が何者かに撮影されました。てんとう虫の追跡により、撮影した者のアジトを突き止めると、以前戦った女泥棒、双葉美羽の姿が。美羽は脱獄していたのです。今回、大注目の美羽役の田中みな実さん。セクシーな演技もお手の物、手下の2人を操る姿も違和感なしです◎発電のために3人で自転車を漕ぐシーンも何かを連想させるものがありましたね(笑)

尊は美羽たちが持っているLの一族が生存している証拠を消去するためアジトへの潜入を計画。しかし顔を知られている華と尊では早々にバレてしまうと、渉が作った秘密兵器を頼りにします。

一方、美雲はお見合いを勧められた和馬の前に現れ、交際を宣言をしました。和馬は助けるため芝居だと思っていたようでしたが、美雲は本気です。こんなところが恋愛慣れしていない美雲ならでは(笑)

思い込んだら一直線な美雲ですが、和馬から二度と誰かを愛せないと断られてしまいます。美雲は猿彦に恋心を指摘されるのですが、あくまでLの一族の正体を暴くためだと主張。自分の気持ちを認めたくない美雲もなんだか可愛いなと思ってしまいます。そして、美雲の推理はいつも鋭くて、いつ和馬がボロを出してしまうかとヒヤヒヤさせられます。

渉が開発した秘密兵器で心が入れ替わってしまった華とマツ。慌てる華は元に戻ろうとしますがマシーンに不具合が発生し、元には戻れません。

マツを演じるどんぐりさんの、華に似せた演技は本当に素晴らしく(笑)華の特徴、マツの特徴を捉えた動きはコミカルで、笑っちゃいました。神回と噂されるだけのことはあります。

その頃、美雲は嘘発見器を使い、和馬に探りを入れます。そこへ美羽が脱獄したと知らせが入り、和馬たちも捜査へ。和馬が受け取った差出人不明の封筒には杏の写真が同封されており、なんだか危険な展開へと進んで行きます。

そんな中、杏の怪我で学校から呼び出された華。心配した華はマツの姿で同行します。担任の先生と、華扮するマツと、マツ扮する華。この3人のやりとりは絶妙で(笑)笑いなしでは見れませんでした(^^)

また、悦子は華に入れ替わり和馬と‥と妄想したり、渉が和馬に入れ替わり美雲と‥と妄想したりで欲丸出しのシーンもあり、愉快な展開でした。そんな中、普段強気な尊が悦子に渋柿と言われ落ち込むシーンも印象的でした。

そして、華扮するマツを救出に向かうLの一族。センターには、まさかのマツの姿(笑)中身はもちろん華ですが、マツの姿でキメるシーンは、本当に愉快です。

また今回も円城寺のミュージカルが大活躍でした。まさか美羽まで加わるなんて‥。本当に神回(笑)まだ5話だよね?この先どんな壮大なスケールになるんだろうと思ってしまいました(笑)

美羽は、毒ガスを充満させる部屋で、マスクは一つだけ用意し、和馬と華の2人の愛を試そうとします。お互い譲り合い、なかなかマスクをつけない2人。マツはそんな中、孫の旦那である和馬にときめきまくりです(笑)

和馬はそれなら2人で絶えてしまおうと話し、華にキスをしようとします。ためらいながらもキスを受け入れようとした時、和馬は華の気を失わせ、マスクをつけるのです。和馬らしい、愛のある行動でした。

そして、なんと今回は華と和馬の2人のタッグが見られました。2人の「悔い改めな!」のセリフには感動すらしてしまいます(笑)

ラストシーン、美雲は現場に落ちていた杏の写真を見つけてます。杏に近づき、和馬の写真を見せる美雲。写真を見た杏はパパだと素直に言ってしまいます。次から次へとピンチが訪れる華たち。きっとまたうまく切り抜けてくれるのではと期待してしまいますが、どんな手を使うのか、ますます目が離せません(^^)

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie