【だから私はメイクする】最終回の感想・ネタバレ/マスク必須の今、なんのためにメイクする?

今、この時代にメイクする理由

放送日:2020.11.11

新型ウィルス感染症の流行により、営業自粛を余儀なくされたコスメショップ。いつも誰かに出会う、楽しい日常を彩るためにメイクをしてきた熊谷(神崎恵)は、家にこもり一人で過ごす日々の中で、メイクとどう向き合えばいいのか分からずにいた。そんな中、アトピーに悩んでいた大学時代に寄り添ってくれた恩人・猫田(藤原紀香)の言葉を思い出す。

一方、織香(吉田朱里)とリモートで近況報告をしていた芽生(志田彩良)。自粛期間中、メイクとどう向き合えばいいか考えていたのは二人も同じだった。

そんな中、芽生のブログに入ったある人物からのコメントを見て、自分に向き合う決意をする。“今、この時代にメイクする理由”それぞれが出す答えとは?

番組HPより

だから私はメイクする第6話 感想 ※ネタバレ注意

マスク必須のこのご時世にメイク💄は依れたり擦れてとれるから、しなくてもいいかなって確かに思いますね。外出自粛の時とか日焼け止めすら塗ってなかったよ笑笑

でも秋冬って夏の真上からの日差しのやけ方とは違って太陽が低くなるから、全体に焼けるんですってね。冬も日焼け止め効果あるものをつけなきゃだわ。

熊谷さん、大学生時代はアトピー性皮膚炎だったんだぁ。それは大変だわ。悩んでいた熊谷さんに声をかけた猫田さん、優しくてちょっと感動でした🥺

「メイクの正解は人の数だけある。」

名言ですね。確かに熊谷さんみたいに肌荒れでお化粧するのが難しかった方が、リップをつけたりするだけで元気でるの分かる。肌荒れがなくてもそういう時あるよね。そういうの楽しみたいですね。

熊谷さんの恩人ですが、猫田さん役の紀香さんがまぁ綺麗〜✨(๑>◡<๑) 熊谷すみれの恩人で憧れる存在という設定も納得です。

今日の自分の為にする、マスクしていてもメイクをする事で新しい自分発見したりする瞬間、大事にしたいね。

今回最終回かぁ。ちょっと寂しいな。出演者の方々お疲れ様でした💕

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie