【MIU404】第9話の感想・ネタバレ/衝撃の急展開!! ついにあの男が動き出す

MIU404第9話 あらすじ

メロンパンの警察車両に落書きをされていた。

蒲郡(小日向文世)について、志摩(星野源)は伊吹(綾野剛)とは話せずにいた。

桔梗(麻生久美子)の家に盗聴器を仕掛けた事件に進展があった。修理業者に依頼した人物が分かった。辰井組に出入りしている車だった。エトリは、辰井組のスポンサーだという。辰井組の事務所に出入りしている人物の中に、成川岳(鈴鹿央士)がいた。あれからずっと行方不明なのに、親はあまり探す気がないらしい。親に写真を送って確認するというが、九重(岡田健史)は自分が直接行きたいと言う。九重は、他の生徒はみな罪を償って家に帰ったのに、自分が追った成川だけが捕まえられずに、行方不明になっていることに責任を感じていた。陣馬(橋本じゅん)は、毎回そんなに反省していては身が持たないと言う。できなかったことを数えるのではなく、できたことを数えろと。成川のことを忘れて職務に当たれるのか自信がないと言う九重に、志摩は公私混同だなと言った。でも嫌いじゃないと。伊吹も。

ナイトクローラーREC(渡邊圭祐)は、チャンネル登録者が増えて、大きな家に引っ越した。成川が情報を渡していたようだ。今回は、羽野(黒川智花)の写真を見せて、この人を探してほしいと言った。エトリを騙した女詐欺師で賞金1千万かかっている、盗聴器を仕掛けた犯人の仲間の澤部から誘われていた。RECは食いついた。

伊吹は、定年まで刑事をやって、誰かを助けた数と、助けられなかった数と、どっちが多いのだろうかと、志摩に言った。もしかして、助けられない方がはるかに多いのだろうと言った。志摩は、初めて伊吹と組んだ日に、伊吹が、機捜は誰かが最悪の事態になる前に止められるいい仕事と言ったのを聞いて、感動したと言った。この野生のバカと走ったら、今まで助けそこなった人の分も取り戻せるかもしれない、誰かの未来をいい方にスイッチさせて救えるかもしれないと思ったのだ。止められるかなと言う伊吹に、止められるよと言う志摩。

RECは、人の善意に頼ると言って、羽野とゆたかの写真をSNSに上げた。娘と孫を探していると。たくさんのコンピュータで。

志摩と伊吹は、間に合うと自分に言い聞かせるようにつぶやきながら落書きを消していた。

RECには、情報が入っていた、

桔梗には、羽野の事情聴取をもう一度やり直したいと、組対四課が言ってきた。エトリという人物が本当に存在するのかを疑っているようだ。羽野麦のことも疑っている。桔梗は、芝浦署でと条件を付けた。志摩と伊吹にも同席するように言った。

エトリに気に入られた女は、飽きるまでおもちゃになるしかないと言われた。逆らうと大変なことになると。暗くて、寒くて、狭いところに入れられると。警察に助けを求めたが、何もできないと言われたと、泣きながら訴えた。エトリの本名もわからない、羽野の妄想だろうと。信じてくれたのは桔梗だけだった。

陣馬と九重は、写真をもって成川の家を訪ねた。母親は、似ていると言いながら、写真をちゃんと見ようとしない。あの子がしでかしたことだと、落書きされてもそのままにしている。被害届も出していない。未成年の実名をネットに流したり、嫌がらせも犯罪だと言う陣馬だが、母親は浪人生の兄が2階で勉強している大事な時期で、今更岳のことを言われても、と言う。九重は、今更と言う言葉に、息子でしょうと問い詰める。だから今いる息子を大事にしていると言う母。やっと落ち着いて普通に戻れたから、ほっといてくださいと言う。陣馬は岳が出入りしているところは闇企業で暴力団の拠点だと言った。九重は、泣きそうになりながら、これ以上罪を重ねないように岳を見つけたいと言った。協力してくださいと2人で頭を下げた。一度だけ、母親の誕生日に非通知で電話があったと言う。迷惑をかけてごめん、久住(菅田将暉)という人に良くしてもらっていると。

久住にまとまった金が入ると言った成川。エトリ関連で人探しをしていると。エトリを怒らせたら道頓堀に浮かぶと冗談を言う。

RECは、ゆたかを見つけた。

事情聴取の駆け引きが苦手だと言う伊吹。羽野は、全部表の世界ならいいのにと言った。悪い人は捕まって、頑張ったら報われて、正しいことをした人が後悔しないで済む世界。伊吹は、車の中から見える街の、窓の一つ一つに人がいて、みんな暮らしているんだなって思うと明るく言った。羽野は、機捜のみんなが守っている街だねと言う。羽野を送り届けたが、RECが撮影していた。伊吹は、羽野、桔梗、ゆたかに何かあったら許さないと怖い顔で言った。志摩は、安心しろ、俺もゆるさないと、そうなる前にエトリは必ず捕まえると言った。2人はRECに気が付いた。しかし、ビデオの中は見ることができない。違法な動画を上げないようくぎを刺し、免許証のチェックをした。児島弓快と言う名前だった。

バシリカ高校の捜査が終了して、武蔵野署の刑事たちが報告に来ていた。成川が一緒にいる久住は、池袋のクラブの元常連だという。バシリカ高校のドーナツEPの出どころらしい。陸上部がつぶれた原因なのにと言う志摩。久住については、20代で関西弁と言うことしかわかっていない。

成川は羽野に近づき、以前コンビニで会った時の話をして、アドレス交換をした。伊吹とすれ違いになった。

成川達はエトリに会った。羽野とのやり取りを見せると、呼び出せと言った。成川は連絡するが、夜は無理だと言って断られた。学生から相談を受けたと聞いた桔梗は、羽野のスマホを見ようとするが、やめた。

辰井組にガサ入れと聞きつけた桔梗は、それでは何も解決しないと言った。また、誰かが不幸になると。いつまでも本丸にたどり着けないもぐらたたきをやれと言うのですかと言う桔梗に、やれと大声を出す我孫子刑事部長。桔梗は、四機捜に、目的はエトリだと言った。

羽野をエトリのもとに連れて行けない成川は久住に連絡した。

未成年でアパートを借りられないから一緒に来て欲しいと言った成川のもとに来た羽野は、桔梗がいなければ今頃死体になっていたと言う。怖い人がいて、言いなりになるか、遠くへ逃げるかだと言われていたと。桔梗だけが、力になってくれた。成川にもそういう人が現れると元気づける羽野に、だんだん気持ちが変わっていく成川。本当のことを言おうとしたとき、羽野は、止まっていた車に引っ張り込まれた。

九重は、ナリと書かれた支払証明書を見つけ、そこにあった澤部のパソコンを開いた。そこには、羽野とゆたかの写真があった。居場所がばれたかもしれない。羽野はいなくなっていて、携帯もつながらない、エトリに捕まったに違いない。澤部が居場所を知っている。澤部を探す志摩と伊吹。澤部に電話をかけると近くで鳴っていた。成川が会う約束を取り付けたと答える澤部。

成川は金を渡され、帰っていいと言われる。エトリは、裏カジノをつぶされ損害を負ったことも水に流すと言う。本当にあの人は詐欺師なのかと聞いた成川、殺されそうだと逃げる。羽野は、エトリに気絶させられた。成川は久住に助けを求めるが、久住はくずを見捨てるだと言われて、電話を切られる。

四機捜は全力で羽野を探していた。羽野が言っていた、暗くて、寒くて、狭いところ、沈められる、と言う言葉から、井戸を探した。成川と羽野は一緒だった。成川の叫び声が、伊吹に届いた。羽野はエトリの車のナンバーを覚えていて、成川が伝えた。エトリは逮捕された。

羽野も、成川も無事だった。間に合ったと言う志摩と伊吹。成川は九重に、嘘をついて羽野を呼びだしたこと、ドーナツEPを売ったことを話した。九重は優しく、全部聞くと答えた。

志摩と伊吹はドローンを見つけて追いかけた。ドローンはエトリの乗った警察車両を爆破し、車は燃え上がりエトリは死んだ。その様子をRECが録画していた。

MIU404第9話 感想 ※ネタバレ注意

今回も泣きました。このドラマを観ていて、警察の仕事についての考えが変わりました。悪いことをした犯人を捕まえるというよりも、これ以上罪を重ねないように助けるんだと。それは、1話から、伊吹の言動に現れていました。このドラマ、全体のテーマなのかもしれません。

志摩が、思ったことを素直に話すようになりました。機捜は初動捜査だから、最悪の事態になる前に止められるいい仕事だという、伊吹の言葉に感動していたこと。伊吹となら、今まで助けられなかった人を助けたり、誰かをいい方にスイッチさせられるかもと。以前なら言わなかったし、九重に対しても、公私混同だと言いつつ、嫌いじゃないと言ったり。すごくいいチームになっています。この期間に、九重は変わってきていて、高校生を捕まえなかったことを後悔しています。ほかの人が追いかけた子たちは、罪を償って家に帰っているのに、自分が追いかけて逃がしてしまった成川が悪い道に入ってしまっていることに責任を感じています。

成川の母は、息子を見捨てたような言い方でした。何がそうさせたのでしょう。今いる息子と、兄のことを言っています。何人いても、離れていても、息子は息子なのに。成川が逃げ続けているのも、この家庭環境のせいなのでしょうか。普通の家なら、家族に会いたいと思うはずです。助けたいと、九重と陣馬が頭を下げていることに違和感を覚えます。

でも成川は純粋だから、人の言葉はそのまま信じて、羽野を探します。詐欺師だと思っているからです。でも、嘘で呼び出して話しているうちに、この人が詐欺師のはずないと気づいて結局、2人で捕まってしまいまいた。

羽野の居場所をエトリがつかんだかもしれないと気づいたときには、もう遅かったのですね。でも、暗くて、寒くて、狭いところに入れられると言った言葉、沈められると言う言葉から、井戸じゃないかと推理したのはすごいです。井戸のあるところを調べていて、成川の声に気づく伊吹。さすが動物的な伊吹です。羽野がエトリの車のナンバーを覚えていたことで、エトリは逮捕できました。羽野も成川も無事救助されて、成川が、九重に自分の罪を告白するところ、よかったです。九重の、全部聞くよと言う言葉も、とても頼もしく優しくて、そして、何とか止められたうれしさも感じました。

志摩と伊吹が間に合ったと言ったところも、泣けました。

RECがSNSに嘘の書き込みをして、情報を集めるところ、怖いなと思いました。気をつけて、見ていないと大変なことをしてしまうかもしれません。

久住は得体のしれない人でしたが、やはり、いい人ではなかったのですね。自分の得になることだけをしているのですね。エトリの乗った警察車両を爆破して、エトリを死なせてしまいます。その場面をRECが撮影していたのも気になります。久住が情報を流していたのでしょうか。エトリの上に久住がいるということなのでしょうか。ドローンでの爆破。一つ解決したかと思ったのに、どうなるのでしょうか。機捜のチームワーク、志摩と伊吹の絆、九重の成長など、たくさん気づくことがありました。あと、2回でしょうか。楽しみですが、終わるのが寂しいです。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie