【モトカレマニア】第1話の感想・ネタバレ/かなりヤバい拗ねらせ系女子でもコミカルな演出だから見てられる

最高の元カレ現る!! あなたにも忘れられない恋ありませんか?

放送日:2019.10.17/視聴率:5.6%

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。

毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。

親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

番組HPより

モトカレマニア第1話 感想 ※ネタバレ注意

この物語の主人公、難波ユリカは元カレのマコチを忘れられないモトカレマニア。SNSでマコチを検索するのは日常茶飯(笑)

デートした思い出の場所を1人巡ったり、初対面の男性にマコチとの共通点がないか探したり、かなり拗らせています。

大好きだった元カレが忘れられない気持ちは分からなくもないです。SNSを探してみたくなる気持ちも(笑)

だけど、ユリカのモトカレマニアぶりはちょっと心配になるレベル。すごく可愛くて、モテそうなのに‥。これだけ元カレに依存していては前に進めないのも無理ないのかもしれません。

親友のひろ美もそんなユカリを心配する1人。ユリカに立ち直って欲しい様子が画面からもひしひしと伝わります。まさかガンバレルーヤのよしこさんが演じられるとは意外ですが、ハマり役になりそうな予感です。

逃したマコチはデカかったと後悔を募らせるユリカ。

思い出以上に日々が輝くこと、明日を楽しみに思って生きること、きっと私にはもうない。輝いていたあの日々の記憶さえ無くさなければ生きていける。

こんな風に語るユカリはどれだけマコチのことが好きだったんだろうか。過去が美化されているだけとは思えないほどの、この想いがいつか叶う日が来るのでしょうか。。

そんな風に思い焦がれるマコチが突然ユリカの前に現れます。慌てて現在のマコチの名前をSNSで探すあたりがさすがモトカレマニア(笑)

再会に胸を躍らせたユリカでしたが、マコチは至って冷静で、バイト仲間だったと話す有様。さらに、マコチからマンション営業をかけられ、ユリカは悲しさのあまり自暴自棄。

念願の再会に喜ぶユリカと対照的なマコチ。好きな相手から営業されちゃったら誰でも凹んじゃうと思います。

渡された物件資料を片手に脳内会議を開くユリカ(笑)

いい女ユリカ、弱気なユリカ、陰湿なユリカ、堅実なユリカ、甘い見通しユリカ‥。脳内で様々ユリカが出てきて、ラブコメならではのコミカルな演出。いろんなパターンの可愛いユリカが見れてハマってしまいそうです。

ユリカは顧客だった山下から終わっちゃってるなら始めればいいと告白されます。まさかの展開でした。

その一方で、マコチに間違って送ってしまった友達申請が許可され、ご飯に誘われたユリカ。このまま上手く進むのかと思いきや、変わってしまったマコチを前に険悪な雰囲気に。

「俺がどうなろうと難波さんに関係なくない?」と言ってみたり、平然と二人暮らししていることを告げたり、マコチはユリカを恋愛対象としては見ていないのかと思わせる口ぶりです。

ユリカの胸にぐさりと突き刺さる言葉たち。飛び出しても、リアルなマコチは追いかけてくれる訳でもない。この時のユリカの悲しみはすごくよく分かります。追いかけて欲しいのに‥。

そんな時の山下からの電話。このタイミングは頼りたくなって当然。「この人を好きになればきっと私の時間は動き出す。」もしかすると新しい恋が始まるのかと思わせながら、やはりユリカはマコチから脱却できません。

しかも同じタイミングで山下も忘れられない人がいると話し出し、山下もモトカノマニアだったというオチを見せます(笑)

今後モトカレマニア、モトカノマニアの2人はどうなっていくのか。マコチが一緒に暮らしている女性は恋人なのか?何か訳がありそうにも見えましたが、どんな展開が待っているのでしょうか。次回も楽しみです。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie