【モトカレマニア】第6話の感想・ネタバレ/急展開となった新章の幕開け

今回はモトカレマニアのメンバーみんなに急展開でした。

第二章、開幕! 恋敵現るも、真の敵は…

放送日:2019.11.21/視聴率:4.1%

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)と向き合って話し合おうと決意し、彼女のアパートを訪れる。だが、そこに戻ってきたユリカは、源翔(柿澤勇人)という男性と一緒だった。翔は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った元カレのひとり。ユリカが大切な人だと気づいた、といって突然連絡をしてきた翔は、自分がマコチを忘れさせてやる、とユリカに宣言する。

マコチは、山下(浜野謙太)に翔のことを報告した。どうしてもユリカのことが気になり、SNSを何度もチェックしていたマコチは、このままではモトカノマニアになってしまう、とこぼす。すると山下は、『好き』を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない、とマコチに告げる。

一方、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、多分離婚することになる、という連絡をもらう。さくらは、どう返信すべきか考えた後、『大丈夫?』とメッセージを送るが……。

チロリアン不動産の大沢(森田甘路)と白井(関口メンディー)は、ユリカとマコチの会話から、ふたりの間に何かあったことを察する。するとそこに、突然、翔がやってくる。マンションを探していた翔は、マコチを担当に指名し……。

番組HPより

モトカレマニア第6話 感想 ※ネタバレ注意

急に目の前に現れたユリカの元彼の翔という存在に心揺さぶられるマコチ。元彼の登場、この状況になり、やっと自分の思いに気がつき始めます。

こんなことがなくても自分の気持ちにしっかりと向き合って欲しかった‥。だけど、マコチが気がつけたこと自体は大きかったのかもしれません。

他の女性にキスする翔を見かけたマコチは「辞めた方がいい。傷つくところを見たくない」とユリカに伝えました。

ユリカも不満をこぼしていましたが、だったら、マコチが今すぐ自分が幸せにすると伝えたらいいのに。なかなか踏み出せずにいるマコチになんだかモヤモヤしてしまいます。

そして、翔は一体何を考えているのでしょうか。ユリカにマコチを忘れられないと言い別れを告げられたのを根に持っているのか、マコチをかなり挑発し、ユリカのことも上辺で大切にしているだけ。

一方、ユリカも翔の浮気も気にしない、ドライな関係もいいと話します。今までのモトカレマニアっぷりはどこへいったのか‥。マコチとの関係を清算しようと無理しているのが目に見えています。

翔はあえてマコチの前で、ユリカにマンションの鍵を渡し、結婚前提にと話します。そして、引っ越そうというそのタイミングで、やっとユリカを引き留めるマコチ。

翔がここで、対抗意識を見せるのかと思いましたが、思いの外あっさりとユリカに別れを告げました。意外すぎて、今までのマコチへの態度はなんだったのかと思うほどあっさりで、拍子抜けしてしまいました。

何はともあれ、ようやく結ばれたユリカとマコチ。

ひとまずおめでとう。けど今までのこと無かったことにしちゃダメだよ。それができたら本当のおめでとうを伝えます。

ひろ美のこの言葉は本当にユリカのことを思った言葉だったと思います。今までのマコチの優柔不断具合、親友からしたら疑いでしかないですよね。

最後に抱き合う2人でしたが、マコチの表情が気になる感じでした。まだまだ2人の関係は波乱がありそうな予感です。

一方ら離婚しそうだという駒込にキスされたさくら。そして山下と仲直りしキスするむぎ。山下たちはともかく、駒込は本当にさくらを幸せにできるのか‥。

一見みんな幸せに向かっているように見えて、まだまだ安心できない展開となりました。続きを見守りたいと思います。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie