【モトカレマニア】第9話の感想・ネタバレ/ようやく本音でぶつかれたユリカとマコチ、無事にハッピーエンド

涙の最終回!最後の告白、未来への決意

放送日:2019.12.12/視聴率:4.2%

マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。

同じころ、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、絶対幸せにするから待っていてほしい、と言われる。それに対してさくらは、ひとりで考えたいと返す。さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを打ち明けた。さくらは、家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい、とユリカに告げる。

あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。

その夜、さくらのマンションに,いきなり白井(関口メンディー)が訪ねてくる。冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は,さくらの人気シリーズ『がんそば』を読み始める。それがさくらの実体験だと知った白井は…。

そんな中、ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。「全部俺が悪い」と謝り、ふたりで住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。しかしユリカは、一度距離を置きたいと言いだし…。

番組HPより

モトカレマニア第9話 感想 ※ネタバレ注意

ついに最終話を迎えた今回。ユリカとマコチ、むぎと山下、さくらと駒込、白井、それぞれの恋はどんな結末を迎えるのでしょうか。

「別れてほしい、でも家族を捨てるような人好きじゃない。」自分がめんどくさいと言うさくらのこの言葉には、駒込との関係に悩む気持ちが如実に表れていていました。

さくらは白井からアプローチされており、少しずつ純粋な白井の姿に惹かれていきます。ずっと好きだった人から好きだと言われたのに、それを断ち切るさくらの決断はすごく勇気のいるもので、白井の純粋な好きと言う気持ちがさくらを後押ししていたようにも感じました。白井の存在はさくらに安心感を与えているのだと思います。

「がんそば」の作品も最終巻を迎え、タイトルにピリオドを打つように、さくらも自分の過去の恋にしっかりとピリオドが打て、前に進み出すことができました。私のことは私が幸せにするというさくらはかっこよかったです。

また、千鶴から本当に必要としている人は誰なのか、失ったら辛い人は誰なのかと諭され、自分の正直な気持ちに向き合えた山下。仕事を辞める決意をし、むぎの元へと向かいました。2人はやっぱりお似合いで、笑い合う2人が見れて安心しました。

一方、一回距離を置こうと言うユリカに、嫌だと即答するマコチ。2人とのことをどうして1人で考えるの?とユリカを引き止めようとするマコチは、以前のマコチとは違い、男らしく感じました。

マコチが桃香と夕焼けを見た時に、今すごくユリカに会いたいと話したシーンがなんだか印象的で、掴みどころのないマコチがしっかりユリカのことが好きなんだとわかり安心しました。

ひろ美が言うように、今回2人はやっと本音をぶつけ合う喧嘩を初めてしたんじゃないかなと思います。喧嘩しなくてすむなら、それがいいに決まっているけれど、だからといって本音に蓋をすればいいわけではないですよね。

山下から連絡を受け、自分の思いに気がついたユリカ。ツリーの前で再会する展開は少しベタだけど、この作品はベタでも許される雰囲気がありました。

ハッピーエンドはなんとなく予想していましたが、無事に2人のハッピーエンドが見れて良かったです。モトカレマニアだったユリカ。そのマニアっぷりを最期まで突き通し、幸せを自分の手で掴めたと思います。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie