【逃げ恥】第6話の感想・ネタバレ/ついに!!温泉パワーで平匡がみくりにキス!!

逃げるは恥だが役に立つ

温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ

放送日:2020.6.23

5話では業務時間内に恋人タイムを設け、火曜にハグをすることを決めたみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)。

みくりは変わらず朝の準備をしていたが、平匡には一つ変化が。それは寝間着姿をみくりの前で見せるようになったこと。みくりはその姿をみて、もっと近づきたいと思うが、一方で離れていってしまいそうで怖いとも思うのであった。

みくりの火曜日というと朝から料理や掃除を済ませ、昼には歯医者と買い出しへ、そして夕飯を作り、平匡とハグをするというものだった。しかし、今週の火曜日はハグはなし。なぜなら先日みくりがハグを前借りしたからである。

みくりのおば、百合(石田ゆり子)はというと会社でセクハラの疑いをかけられていた。しかし、その話は作り話で全くもって事実ではなかった。百合はみくりと平匡の家に愚痴りにくるのだが、みくりの家に来たのはそれだけが目的ではなく、みくりと平匡に宿泊券を使って新婚旅行に行ってこいというものだった。最初は渋っていだが、百合を安心させるために2人は新婚旅行に行くことに。みくりは親友のやっさん(真野恵里菜)にこのことを話すと下着を買ったらと薦められる。

一方平匡はというと会社で新婚旅行中にぐっすり寝られるか心配していた。そんな平匡の姿をみて同僚である日野(藤井隆)はある方法を考えていた…

いよいよ新婚旅行ならぬ社員旅行出発の日。日野は平匡のことを心配してはあるものをくれ、それをカバンにしまう平匡。

2人は電車で宿に向かうのだが、いざ案内された部屋はダブルベッドの部屋。みくりはツインを予約したのだが、百合が気を利かせてダブルベッドにしたそう。みくりたちは宿の人にツインベッドに空きはないのか尋ねるが、全て満室。平匡は丁寧にお礼を言い、潔く諦める。その平匡の姿をみて、みくりは高校時代の彼氏カヲル(小柳友)思い出す。そカヲルは遠慮なく何でも言う、平匡とは正反対な男性であった。

2人は部屋に戻ろうとしたとき、みくりの耳に聞き覚えのある声が。それはカヲルの声で、現在の彼女であるリリカ(美沙玲奈)と宿の人にクレームを入れていた。平匡はこのカップルをみて、クレーマーと付き合う人の人間性も疑うという。その言葉をきいて、なぜ自分は高校時代にカヲルと付き合っていたのか昔を思い出すみくり。

平匡は部屋に戻ってから嫌な言い方をしてしまったと後悔していた。そして日野からもらったものの中身を確認すると、入っていたものは滋養強壮剤であった。平匡は寝れるか不安で夜が心配だと言ったが、日野は違う意味に捉えたらしい。取り敢えずベッドの中に滋養強壮剤を隠した平匡であったが、みくりがベッドの中に入る。みくりは何かあることに気づき、平匡は咄嗟に虫がいたと嘘をつく。みくりはすぐに仲居さんに電話するのだが、その隙に滋養強壮剤をずらし、虫が逃げたことにした平匡。平匡から足元に逃げたと聞いてみくりは驚いて倒れそうになる。それを受け止めた平匡はみくりと顔が近づき社員旅行を無事終えられるか不安になる。

そして2人が案内された部屋はクーラーが故障しており、部屋を変更することに。しかし、その部屋は露天風呂付きで社員旅行に相応しくないと慌てる平匡。さらに、冗談で一緒に露天風呂に入ると聞いたみくりを平匡は怒ってしまう。

結局平匡はひとり露天風呂に入ったのだが、入っているとき、みくりは滋養強壮剤をうっかり見てしまう。また、みくりもやっさんから薦められた下着を持ってきていた。

2人は同じベッドに入って寝ようとするのだが、平匡は耐えきれなくなってか、ひとり畳の上で寝てしまう。平匡は無事眠れたのだが、みくりはというと平匡が畳の上で寝る姿をみて、落ち込んでいた。みくりと平匡は朝食を食べていたが、カヲルとリリカが2人の前現れる。平匡はカヲルから彼氏だったと聞いて、先に部屋に戻ってしまう。

帰りの電車の中で家につくと日常に戻ってしまうと寂しく思うみくりと平匡。みくりが電車から降りようとしたとき、平匡はみくりにキスをする。

逃げるは恥だが役に立つ第6話 感想 ※ネタバレ注意

恋人タイムを設け、距離も大分近づいた2人。そんな2人が旅行に行くということで、また新しい展開が生まれるのかと思いながら見ていました。しかし、結局みくりと平匡の間では何も起こらず、このまま帰るのかなと思っていたところに、平匡からのキス。驚きとキュンキュンと色んな感情が入り混じった終わり方でした。

何より面白かったのは平匡の慌て具合。みくりを意識しすぎているのかあたふたしている姿はとても面白かったです。一方でみくりはというと何か関係が発展するのか期待していたみたいですが、空回りしてしまい、落ち込む様子も見受けられて、最後の電車内での涙するシーンではつい見ている側も悲しくなってしまいました。

逃げるは恥だが役に立つ第6話 Twitter の感想まとめ

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie