【逃げ恥】第10話の感想・ネタバレ/プロポーズは愛情の搾取!?ラブラブモードが一転…

逃げるは恥だが役に立つ

恋愛レボリューション2016

放送日:2020.7.5

やっと気持ちをぶつけ合い「好きだ」という気持ちを確認したみくりと津崎。恋人らしい甘〜い日常生活が始まって嬉しそうなみくりと、今までプロの独身を貫く津崎は緊張しっぱなし。朝まで一緒に過ごす予定だったが、寝室から走って逃げ出す津崎。みくりの事を考えて後悔した津崎は部屋に戻り謝ると二人で誕生日である36年目の新しい朝を迎えるのだった。

いつも以上に朗らかな誕生日の津崎にリストラの話をするのは沼田にはできなかった。幸せすぎるみくりと津崎は今なら出れる!と、新婚さんいらっしゃいの妄想までしてしまう。結婚は安全装置。生き抜くための知恵なのかもしれないと津崎は思った。

リストラ宣告をしなくてはならない沼田は悩むストレスで胃潰瘍ができてしまった。休日に沼田から連絡があり、リストラを宣告される。未婚だという事が知られてやむおえずの選択であった。津崎はすぐに仕事を探し始めるのだった。

一方強い女性である百合の溢れ出す涙を見てしまった風見は百合のことが気になっていた。五十嵐に誘われて風見は世界遺産の展示に行くと、そこでデート中の百合と会ってしまう。お互いを意識し始めた二人だったが百合は17歳も年下だからナイナイ!といいきかせるのだった。

同じ日に風見の家に行くことに。「そんなこと言わないで下さい」の意味を聞きたかった百合。風見は「格好良い百合さんが好きですが、百合さんからにじみ出る格好良さであって、誰かのお手本になるために無理をする必要はない」涙を流す百合を「庇ったんじゃなくて見せたくなかったんです」と言ったのだ。

百合は若人の前で不覚だったと年上の強い女性を貫いて風見に言うと、風見はいつまでも甥っ子扱いをする百合に「僕は百合さんを抱きたいと思っているのに...」と驚きの発言をするのだった。

アイデアマンのみくりはやっさんのジャムをパン屋とのコラボで売り出すことを思いつく。商店街の作戦会議に行って話すうちに神社でファーマーズマーケットをしてみてはどうかと提案し、イベントに日給3000円で協力することになる。

突然夕食は外で食べましょうという津崎。初めてのデートを楽しみにして行くと、想像していたお店とは違った高そうなレストラン。王子モードの平匡さん。ここへ来たのはこれからのことを話すためだという津崎。「指輪はまだないのですが、きちんと入籍して結婚しましょう」とみくりに伝えたのだった。きっかけを聞くみくりに津崎はリストラだと言ってしまい、みくりは愛情の搾取だと断固反対するのだった。

逃げるは恥だが役に立つ第10話 感想 ※ネタバレ注意

今回はイチャイチャ、ラブラブの二人が可愛すぎました💕プロの独身を貫いてきた平匡は戸惑ってはいましたが、二人で甘〜い生活、幸せをつかむ事ができました。恋人つなぎとか...もう何なんでしょう笑 勝手にイチャついててください笑

今なら出れる!新婚さんいらっしゃい✨妄想が二人共通になってしまってます💦ホントの幸せすぎです笑

近づいて分けてもらおっかな(T ^ T)

今回のみどころの一つだったのは急展開だった風見さんと百合さんの関係ですね✨17歳の年の差は感じない二人だなぁ。

わたし的には年の近い風見さんとポジモンの五十嵐さんの方が色々と差を感じましたけど。風見さんったら驚きの発言がありましたが、これからどうなっちゃうんでしょう。この二人。

百合も避けるあたり良い感じに気になってますよね。これくらいストレートに言う人の方がわかりやすいです。アラフィフにも普通に春が来るのですね✨仕事に生きる女性の希望です✨

仕事といえば平匡さん、急に仕事なくなっちゃうじゃないですか。平匡さん、不安になってる。妄想?市議会議員森山みくりが愛情の搾取だと怒ってしまいました💦

プロポーズのマニュアル通りの平匡さん、場所も言わずいろいろ置いてかれてるみくり...怒るのも当たり前だな。こんな大事なこと話すとは思ってなかったよ。

次回最終回で決着ですね!風見さんと百合の恋の行方もいろいろ気になりすぎてもう眠れません!!

-コラム
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie