【プロミス・シンデレラ】2話の感想とネタバレ/壱成の性悪な性格と可愛げのギャップにハマりつつある

プロミス・シンデレラ第2話 感想 ※ネタバレ注意

壱成がかわいくなってきました。寂しいから悪いことばかりしていたのでしょうね。心霊とか幽霊とかが怖いのですね。

仲居の間では副社長で壱成の兄成吾と結婚して女将になりたいという思いがあって、早梅がみんなに敵視されています。大女将からひいきされていると感じて、嫁候補なのではないかと勘繰られています。でも、はっきり言っていて、早梅がはっきりと否定して堂々としているので、観ていても安心です。いじめのような陰湿さは感じません。

そのことを知った大女将は、本当にそうしないかと言いだしました。壱成は怒っています。ヤキモチですよね。壱成は旅館に対して、なにかあるみたいですね。友達も地雷と言っています。兄弟仲が悪いのも同じ理由でしょうか。

1人、女将になることなど興味がない仲居のまひろの話では、壱成と成吾の母は、何年も前に亡くなっているということでした。そこにも何かありそうですね。

成吾が母親の話をし始めた時、遮ってしまう壱成。もしかしたら、どこかで生きているのでしょうか。それとも市に秘密があるのでしょうか。父親も出てきていませんね。これも謎です。

喧嘩になってしまう壱成と早梅。姉と弟のようです。話ぐらい聞くという早梅。なにか抱えていることはわかりますよね。素直じゃないから言わないけれど。壱成も早梅にひどいことを言っていましたね。傷ついている早梅に、夫とのことを言うなんてひどいです。

かわりの掛け軸を壱成に持ってくるように話す大女将。大女将には素直な壱成ですね。掛け軸の夏の絵柄をスラスラ言えるなんて、小さい頃からちゃんと教育されてきたようです。大女将の着物の柄はポップでびっくりです。

バツ1と言ってる早梅ですが、まだ離婚届は出していないのか。菊乃と成吾の関係もよくわからないですね。

早梅に掛け軸を取りに行かせたけれど、倉庫に閉じ込められてしまいます。体調が悪くて倒れてしまった早梅を、嫌な、行きたくない旅館なのに、壱成は助けに行きます。ちょっといい感じになっています。

体が弱っている早梅は、心も弱くなってきています。話すだけで楽になることもあると、早梅に言われたことを言う壱成。気になっていることを話しだす早梅。夫の不倫相手がどんな人だろうかとか、子供出来ちゃったんだろうかとか。

おんぶして帰ろうとした壱成ですが、寒いと言われ一旦おろして羽織るものを探しに行きます。すると早梅をお姫様抱っこした成吾が現れ、医者を呼びます。

翌朝、覚えていない早梅。結局まだ早梅は成吾には会っていません。会えば青の初恋の人だということに、気がつくのでしょうか。

とにかくすべてに不満を持っていて、いつも機嫌の悪い壱成。早梅に元夫からかかってきた電話に出てしまいます。次回、どこまで秘密がわかるのか、楽しみです。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie