感想

感想

2021/5/14

【桜の塔】第5話の感想・ネタバレ/千堂が強すぎる。鬼気迫る悪役ぶりが見事でした

千堂は強すぎます。上條の動きは全部お見通しでした。父を死に追いやったのは千堂だったのに、今更何もできません。父は正義を貫くために、死を選んだのでした。 上條は別のことで千堂を失脚させようとしましたが、それさえできない。なんて強いのでしょう。観ていて辛くなってきます。 富樫は水樹への思いをはっきり言っていますね。水樹が上條を好きなことを言ってしまいますが、本人は自分の気持ちに気づいていません。ドラマのヒロインにありがちな、鈍感です。周りから見るととても仲が良く見えます。本人たちは気づかないのが定番ですよね。 ...

感想

2021/5/13

【恋はDeepに】第5話の感想・ネタバレ/点と点が線でつながったような回

倫太郎と海音の気持ちは通じ合ったけれど、海音がここのいられるのはあと2ヶ月ぐらいだと言います。星ヶ浜の海で生まれて育ったって、魚なのか、やはり人魚なのか、倫太郎はそこまでは聞かなかったですね。美しい人魚であって欲しい気がします。 倫太郎の母の指輪は、やはり海音が持っていたけれど、海音がここに来たこととは特別に関係はなかったようですね。でも、ここで倫太郎の抱えていた思いがあふれたのです。倫太郎が海に飛ばしてしまったビーチボールを取ろうとして、母は亡くなってしまったのですね。今も自分を責めている倫太郎を抱きし ...

感想

2021/5/12

【着飾る恋には理由があって】第4話の感想・ネタバレ/2人のハグに思いっきりキュンキュンして温かい気持ちになった

今週も、最高でした。胸キュンだけではない、人生とか、いろいろ考えさせられます。年上の香子がいることがいいですね。途中いろんな感情がぐるぐるしていましたが、最後は思いっきりキュンキュンさせて、温かい気持ちにしてくれました。 キャンプの夜、「たぶん好きだね」と駿に言われた真柴だけど、まだ信じられない感じです。駿の言動で、一喜一憂しているところがかわいくしょうがなかったです。 でも、駿は駿で、真柴の気持ちが分からなくて、気を使っていたのだということが最後のサイドBでわかります。2人の会話はポンポン進んで、息がぴ ...

感想

2021/5/12

【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話の感想・ネタバレ/八作のエピソードが目白押し!物語が大きく動き始めた回

今話は、第一章の大詰めに近く、八作ととわ子が離婚した理由や、八作の片思いの相手をとわ子が気づいてしまうなど、3回の離婚の大元となる二人の関係性が深く描かれていました。 そして、誕生日にとわ子は攫われたり、元夫たちに縁のある女性たちの本心も見えてきて、物語が大きく動き始めた第5話でした。 先週に引き続き八作のエピソードが目白押しで、ふわふわした掴みどころのない印象だった八作の本心が、細やかな脚本と松田龍平さんの演技で鮮明に描かれていました。 モテすぎて、望んでないのに親友から彼女を奪ってしまった八作。親友に ...

感想

2021/5/11

【イチケイのカラス】第6話の感想・ネタバレ/12年前の事件がついに動き出す

本当に見応えのある1時間でした。12年前の事件がついに動き出した今回。冒頭、「蝶の羽ばたきが嵐を起こすと思うか」ささやいなことが様々な要因を引き起こし、大きな出来事の引き金に繋がるというこの考え方を用いて、日高が最高裁長官になることで法曹界にどんな影響が広がっていくんだろうと入間は問いかけます。 入間は今回、会計事務所所長の志摩総一郎宅に入った泥棒事件を裁くことに。志摩は入間が弁護士として担当した最後の事件に関与が疑われる人物であり、因縁の相手とも言えます。 そして被告人は、バカリズムさん演じる岸田。岸田 ...

感想

2021/5/10

【コントが始まる】第4話の感想・ネタバレ/母親から愛されたかった瞬太と、傷ついた人を救うつむぎの話

第4話は、母親から愛されたかった瞬太と、傷ついた人を救うつむぎのお話でした。 今話を見終えて振り返ると、瞬太はお母さんが大好きだったんだなと思います。 真壁先生の生まれたばかりの赤ちゃんを見た時に泣いた瞬太は、「生まれた時にはあんなに愛されてたんだ」「悔しくなった」と言いました。 母親の嫌いな、ゲーム、金髪、ポップコーン。愛してくれなかった母親への当て付けが瞬太のアイデンティティでした。 瞬太の作った『捨て猫』のコントで、”たま”に言った言葉は全て瞬太自身に向けた言葉です。 「早く飼い主のところへ戻れ」 ...

感想

2021/5/9

【リコカツ】第4話の感想・ネタバレ/「離婚はやめよう」優しいハグに思わず涙

青山が元彼だったとは知らなかった紘一。紘一の動揺がわかりやすくて笑えました(笑)離婚するから問題ないなんて強がっておきながら、ダメージ受けまくり。でも、知らなかったとはいえ、誰でも良かったんだろうなんて元彼に言われちゃってたら、そんな風にもなりますよね。 そんな様子を、あんなに近づけたのに‥と落ち込む咲は、紘一のことなんだかんだちゃんと好きなんですよね。言い訳したくても、紘一が気にしない素振りで余計落ち込み、モヤモヤする咲の「好きなの?私。」は印象的でした。もう一度やり直したいと言ったら間に合うのかと悩む ...

感想

2021/5/7

【桜の塔】第4話の感想・ネタバレ/ついに父を自殺に追いやった人物が判明する

上條は、23年前に自殺した父親は、自殺を強要されていたと聞き、さらに警察に対する怒りが増したと思います。 前回、押収品の横流しの方法を教えたのが、元警察官の情報屋・刈谷でした。刈谷は、警察上層部に上條の事件を思い出させるためだったといいます。当時、組織ぐるみで押収品の横流しをしていることに気がついて、その不正を正そうとしたことが父が死んだ原因でした。 当時刈谷と、現在クラブのママをしている小宮も、同じように不正に気がついていました。身の危険を感じた2人も、警察をやめたということなのでしょうか。警察の腐敗に ...

感想

2021/5/6

【大豆田とわ子と三人の元夫】第4話の感想・ネタバレ/かごめととわ子の関係性が素敵、八作はまだ多くは語られないけど心奪われるタイプ

第4話は、一番目の夫・田中八作ととわ子の親友・綿来かごめのお話でした。 ドラマの終盤、かごめは子どもの頃にとわ子と一緒に目指した漫画家”空野みじん子”を復活させるという決意を明かし、漫画を描きながらふと語りだしました。 「でも恋愛はしたくないんだよ。この人好きだな、一緒にいたいなと思っても。ごじょうさん、男でしょ、私、女でしょ、どうしたって恋愛になっちゃう。それが残念。 別に理由はないんだよ、恋が素敵なのは知ってる。キラキラってする瞬間があるのも知ってる。手をつないだり一緒に暮らす喜びがあるのも知ってる。 ...

感想

2021/5/6

【着飾る恋には理由があって】第3話の感想・ネタバレ/生活の一部に恋愛がある感じが素敵です

デジタルデトックス、手をつないだままのさらっとした駿の告白、素敵でした。写真を撮ろうとしてスマホを出した真柴からスマホを取り上げて、手をつないでしまう駿。魚食べようと思ったのにと言われたら、食べさせてあげます。 この頃真柴の夢を見るという駿。これまで話していた変な夢は全部嘘で、本当は真柴の夢を見ていたのでしょう。ふざけて「私のこと好きなのかもね」いう真柴に、さらっとたぶん好きという駿。「たぶんなんて」言う真柴に、「ただの好き」と返す駿。「ただのも嫌」と、ああ言えばこう言うで、どんどん話が広がっていく2人。 ...

感想

2021/5/6

【恋はDeepに】第4話の感想・ネタバレ/とうとう「人間じゃない」と告白

海音は、ついに「人間じゃない」と告白してしまいましたね。普通は突然そんなこと言われても、「嘘―」となってしまうところですが、倫太郎が今までのことを考えたら、思い当たるところがあるでしょう。 2人とも泣いています。何より、溺れた倫太郎をどうやって助けたのかが一番の謎でした。いつも体が冷たいことも。次回はもっと告白してくれるみたいですね。 海から来たということは人魚なのか、それとも魚が変身したのでしょうか。人魚の方がロマンティックですよね。 海音の過去についての疑惑が深まってきて、そろそろ限界ですね。研究室の ...

感想

2021/5/4

【イチケイのカラス】第5話の感想・ネタバレ/「Yってる」人生の分岐点に立たされた石倉

「Yってる」アルファベットのYのように右か左の分かれ道を選択する人生の分岐点。今回、その岐路に立たされたのは、書記官の石倉でした。 併合審理が用いられた今話。食い逃げ事件とバレエ団の傷害事件の2つが、入間の判断で併合審理によりストーリーは展開されていきます。 別々の事件であっても犯人が共通している場合に用いられる併合審理ですが、今回のようなくっつけ方は前例がない。時間がかかるし、面倒なことしかないと反対するイチケイメンバーに対して、見えてなかったものが見えてくるかもしれないと、真実をしっかりと追求できるこ ...

感想

2021/5/2

【コントが始まる】第3話の感想・ネタバレ/脚本の良さ、演者の技量の素晴らしさ、良質な作品だとわかる回でした

マクベスのコントによって、2組の兄弟姉妹がつながりました。 春斗には、里穂子と同じような状況で引きこもった兄・俊春がいるということがわかりました。二人とも、真面目で頑張り屋だからこそ、人に頼れず背負い混みすぎて、周りが気づいたときにはどん底まで落ちている。 俊春はマルチ商法にはまり、ひきこもりまで行ってしまいましたが、里穂子にはマクベスがいました。 たこ焼きパーティをしながら、マクベスの3人の前で、里穂子は惨めな自分を曝け出しました。近すぎるつむぎや家族にはできないことで、マクベスの3人だったからできたの ...

感想

2021/4/30

【桜の塔】第3話の感想・ネタバレ/警察組織とその人間関係が闇深い

上條の人間らしい一面が見えて、少しホッとしました。でも、辛い終わりでした。来週への期待が加速しました。謎がさらに膨らんでいきます。 これはフィクションだと思っても、実際の警察はどうなのか疑ってしまいそうです。警察の正義を取り戻すためには、悪にも染まるというのも納得できないです。悪いことをして上に立って、正していくことができるのでしょうか。 馳が、病んでいるような感じは、新垣も言っていましたね。確かに初めから、何か危うさを感じていました。さすが演技がいいですね。渡辺大知さん、素敵な俳優さんだと思っていました ...

感想

2021/5/6

【恋はDeepに】第3話の感想・ネタバレ/綾野剛のツンデレキャラが好き、新しい魅力で新鮮

今回は少し2人の距離が縮まった気がします。でも、謎も深まりました。 海音のことを不審に思い始めた研究員の椎木です。履歴書に経歴はないし、健康診断結果も渡されないから、気になっています。 鴨居が海で助けたのですね。来週の予告で、ついに「私、人間じゃないんです」って言っていましたね。初めに言われたら信じられないけれど、ここまでくると、信じられるかもしれません。急に嫌いにもなれません。 海音は、嫌な予感があって、海を守るために地上に来たのでしょうか。地上にいられる期限があるみたいですが。 倫太郎は、母のことを思 ...

感想

2021/4/28

【着飾る恋には理由があって】第2話の感想・ネタバレ/共同生活の甘い誘惑、会話の続きのように自然に交わされたキス

2話も素敵でした。余韻で、心がポカポカ温かくなっています。 気になっていた、真柴と駿のキス寸前の予告、まさか、本当にキスしてしまうなんて。2人とも気持ちが一つになったのに、共同生活の甘い罠とか、お酒のせいにしてしまっています。翌朝、他人行儀に敬語であいさつする2人を、陽人は不思議に思って、見ていましたね。 指切りげんまん、かわいい2人です。大事なものがあると失くした時辛いという真柴ですが、部屋の乱れは心の乱れって、駿の言葉は耳が痛いです。片づけて、本当に見つけましたね。 葉山社長の本心が見えません。真柴の ...

感想

2021/4/28

【大豆田とわ子と三人の元夫】第3話の感想・ネタバレ/今回は角田さんの好演が光りました。ダンスシーンは映画のよう

ミスター小皿の異名をもつ佐藤鹿太郎のちょっと残念で、でも憎めない人柄が描かれつつ、社長としての、とわ子の苦悩が描かれた回でした。 予算を理由に自信のあった設計を不採用にされ辞めた若い建築士が、バーで友達に散々とわ子の悪口を言った後に続けます、 俺、社長好きだけどね。 あの人、嫌われても逃げないから。 みんなに良い顔して誤魔化したり、だったらお前がやれよって逃げたり、社長がそういう人だったら会社つぶれるでしょ。 あの人はちゃんと嫌われる役を引き受けたんだよ 嫌われる役回りを引き受けた。 それって、言葉でいう ...

感想

2021/4/27

【イチケイのカラス】第4話の感想・ネタバレ/今回の裁判は千鶴の転機になったことは間違いない

「AI裁判官ってどう思う?」入間から千鶴への今回の問いかけ。感情に流されず、客観的事実に基づき判断を下すことができるAI。大量に案件を処理し、間違わないのではと千鶴は語りますが、それを信条のように掲げていた千鶴にとって、今回の裁判は裁判官としての人生の転機になったように感じました。 みちおを見守る会(笑)から、坂間千鶴の裁判は駄作だ、ベルトコンベアー裁判官だなんて言われる千鶴。このシーン、映画「地獄の花園」から永野芽郁さん広瀬アリスさん遠藤憲一さんが次々被告人として現れ、豪華でしたね。 今回合議制の案件は ...

感想

2021/5/10

【ドラゴン桜2】第3話の感想・ネタバレ/ドラゴン桜らしくなってきて見ごたえのある回でした

東大合格者を見送るための桜「ドラゴン桜」も植えられ、桜木が本格的に始動し始めました。前回、瀬戸を庇った流れで4人目へと強引に取り込み(笑)ついに動き出した東大専科コース。 実力をはかるためのミニテストをするも、中学レベルの問題に大苦戦のメンバーたち。なのに、偏差値68で理系トップの藤井と勝負をすることに。そこに乗っかった理事長の久美子、桜木を追い出したくて必死です(笑) 進学校化に反対だったくせに難解大コースなんて設立しちゃったりして、東大専科存続の危機。無理難題に見えそうなこの勝負をまたとないチャンスだ ...

感想

2021/5/4

【ドラゴン桜2】第2話の感想・ネタバレ/生徒が東大を目指す理由を丁寧に描くも、消えない半沢直樹感

今話はバドミントンの試合中心で、東大へ向けての学習メソッドみたいなものは語られることもなく、まだ東大専科メンバーを集めるところといった感じでしたね。 初回でコンビニでの万引きを桜木に見られた楓。人生めちゃくちゃにされると焦り、瀬戸に相談。2人は桜木がこれをネタに脅してくるのではと思っていたようですが、桜木はそんな無情なことを考えていた訳ではありませんでした。瀬戸は楓を守りたい一心で、楓がした放火まで庇おうとしており、愛情なのか友情なのかはっきりとはしませんでしたが、絆の強さを感じさせました。 そして、バト ...

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie