【リコカツ】第5話の感想・ネタバレ/「離婚はやめよう」から一転し、再び離婚へと歩みだす

リコカツ第5話 感想 ※ネタバレ注意

離婚はやめようという紘一の一言から心機一転、生活を始める咲たち。キスなのかと思わせての乾杯には笑ってしまいましたが、その姿は初々しく、微笑ましくてずっとこんな2人が続けばいいのにと思ってしまいました。だけど、そう簡単にはいきませんでしたね。前回に引き続き、どんでん返しが待っていました。

緒方家。正の待つ家にやっと帰ってきた薫。正の期待とは裏腹に、給与明細を見せに来ただけ。以前の薫の装いとはすっかり変わっており、今、しっかりと自分の足で立っていることを正に証明したかったんだと分かります。

離婚届にサインを急かす薫に、お母さんの味を覚えたいと咲は料理を教えてほしいとお願いしました。これは薫を引き止める口実なんかじゃなく、紘一の好きな味をつくれるようになりたいという咲の素直な思いから。この言葉を聞いて紘一も分かりやすく嬉しそうでしたね(笑)終盤、薫が正に「どの思い出にもあなたはいない」と言う一言はトドメの一撃だったと思います。離婚届にサインする正の姿は切なく見えました。

一方、水口家。紘一を出迎えてくれたのは武史ではなく若い女性でした(笑)さらに訪ねてきた青山も加わり、謎の組み合わせですき焼き(笑)

離婚届のことを言わないでと口止めし、父と息子の約束だと武史は話しましたが、最終的にはサインしていましたね‥。前回気になっていた美土里の乳がん検診の結果については今回触れられず、美土里の様子もわからぬままでした。もし美土里が武史を思って別れようとしているのなら、どうにかならないものかと思えてしまいます。

そして、青山は間違って持って帰った離婚届を紘一に返却しました。やり直すことにしたと紘一は元彼を意識し、牽制していましたね。でも、この離婚届、たまたまですが、あの一ノ瀬も見ちゃってるのでめんどくさいことになってきました。

遅刻した紘一に変わって任務に向かい、怪我をした後輩。基地から遠くに住む紘一は前々から異動を打診されるほど不安視されていた問題が明るみに出てしまいます。咲の安全のために、遠距離通勤を自ら選んでいたのですが、仲間に怪我を負わせてしまったと落ち込む紘一。責任感が強く真面目な性格だからこそ今回のことは相当心が折れる出来事だったと思います。

咲はその頃、水無月から新境地の新作を貰えるかどうかで奔走していましたし、相談することもできず、ようやくいい感じになったはずの2人は激しくすれ違い‥。きっと紘一の性格だから、時間の有無、関係なく咲に相談なんてできなかった気もしますが、顔も見て一緒にご飯を食べられる空間があるかないかでも変わっていたのかも知れません。

徹夜で電話をしっぱなしの咲に、仕事を家に持ち込むな!と怒り、引越しに反対する咲に仕事をとるのかと言う紘一。咲ももちろん黙ってなんておれず、両立したいと返し、言い争いは加熱してしまいました。

さらに、その後咲の職場まで訪ねてきた一ノ瀬がさらに事態を大ごとにしてくれました。何も聞かされていない咲に、見ていられないと一ノ瀬は話し出し、「自分の命だけでなく助ける人の命を背を負っている、家族にはそれを支える義務がある。その自覚はあるのか、別れた方がいいんじゃないか」と言い放ちました。いや、それ、咲を山の中に置き去りにしようとした人間が言っちゃう!?としか思えなかったですが、こんなこと言われた咲は傷つくに決まっています。とことん2人を掻き乱してくれますね‥。

「私はあなたの妻なのに、なんで他人からあなたのこと教えてもらわなきゃいけないの。」家に帰ってきた咲が紘一に投げかけたこの言葉は、すごく咲の気持ちが溢れ出ていました。だけど、咲自身も仕事仕事で紘一が話し出す隙がなかったのも事実な気がします‥。

別居婚でもいいんじゃないかと言う咲に、「では、別れるということだ」と極端な紘一。紘一はきっと今まで薫が正を側で支えてきた姿を見て育ち、家族が一緒であること、妻が夫を支えることを当たり前に思っているのかもしれませんね。そして単純に、咲と離れたくないのかもしれません。咲にだって大切な仕事があるし、一緒に暮らさなくても紘一となら大丈夫だという思いもあったのかもしれない。だけど、2人とも主張ばかりで折り合いがつきません。

そして恐れていた事態が‥。「やっぱり私たち離婚するしかないのかな。」「お互いにとって1番いい選択だと思う。」本当は別れたくなんかない咲の涙が切なくて、見ていて辛かったです。いつもはクライマックス、いい雰囲気の2人に流れる主題歌も、今回は一味違い、切ない2人を包み込むものでした。出揃った3枚の離婚届。これからどう展開されていくのか‥来週が待ち遠しいです。

『リコカツ』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie