【サレタガワのブルー】第3話の感想・ネタバレ/暢が藍子の不倫を受け止る、復讐への序章

サレタガワのブルー第3話 感想 ※ネタバレ注意

ずっと現実から目を背けていた暢がついに藍子の不倫を受け止めざるを得なくなった今回。最後には和正の妻・梢とも対面し、これから反撃に向けて動き出すんだろうなと感じる展開でしたね。

まずは冒頭、自分で作ってないのに作ったかのようにお弁当を披露する藍子(笑)後輩の高橋に勧めたり、和正にもアピールしたり‥。「可愛くて料理上手な嫁いいな、俺も田川さんみたいな嫁欲しいな、うちの嫁とは大違いだよ」と言われ満更でも無さそう。暢が作っているというのに手柄横取りでしたね(笑)さらっと息するように嘘がつける藍子は、今までもそうだったんだろうなと感じさせました。

一方で、暢は残業だという藍子を疑いながらも信じたい一心。藍子が忘れていた資料を届けると言う口実で会社まで行くと、高橋に声をかけられます。すでに帰ったと聞きながら、藍子のいい嫁ぶりを褒められ、いろいろ察知し、募る不信感。「憧れのご夫婦です。」の一言も素直に受け取れることができなくなっていました。

怪しい怪しいと思っていて、ついにそれが当たってしまった瞬間でもありましたし、暢の気持ちを考えると辛いの一択です。

その後、白だと思いたかった暢の気持ちを一刀両断するかのように、限りなく黒だねとたみくんは話します。そして、見つけた藍子のSNS裏アカウントには衝撃の事実がたくさん(笑)夫としての暢の存在は皆無で、時には女友達になったり、会社の仲間になったり‥(笑)そして不倫相手が彼氏として登場していましたね。どう見ても黒、黒、黒!ここに来てもまだ、どこか藍子を信じたい暢には同情してしまいます。

家に帰り、暢なりに切り出そうとするものの、「残業って嘘だったんだ‥。のかな?」どこまでも下手な暢に、強気な藍子が対照的でした。浮気を疑う暢の浮気を疑い返す藍子はメンタル強すぎて恐ろしい(笑)

「コミュニケーション不足ってこわいね。だから浮気した?ってひどいこと言ったのも許してあげるからね?初めてじゃない?喧嘩したの。こうやって本当の夫婦になっていくのかもねー?」という一言には唖然。さすが藍子‥。

しかも、その後の心の声も最強でした。

「早くしないと今子供できてたらどうする?自分の状況理解しようよ、もうっばか!」

自分の状況理解すべきなのはどっちなのかと突っ込みたくなりました(笑)

意を決した暢は藍子を尾行しますが、目の前の光景は暢の想像以上のもの。証拠を収めようにも、待受にした幸せだった頃の2人の写真を見てしまい撮影出来ず、さらに吐き気まで催してしまいます。

だけど、そんな暢に同士が現れましたね。和正の妻の梢がこのタイミングで同じく吐き気を‥。このシュチュエーションで、ありえない出会いではありますが、やっと2人が繋がったことに期待感しかありません。

帰宅後、頭痛に悩まされる暢に、不倫相手との熱い時間のために購入したスポーツ飲料を差し出し、うつさないでなんて言える藍子。そして、「言い忘れた、愛してるよ」だなんて。さすが藍子。本当、さすがすぎます。

そしてようやく、不倫をされている現実を認めた暢。受け止めたここからがスタートでもあります。次回も面白くなりそうですね。

『サレタガワのブルー』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie