【サレタガワのブルー】第7話の感想・ネタバレ/和正のクズっぷりよき。最高の修羅場で終わったラスト!

サレタガワのブルー 第7話

サレタガワのブルー第7話 感想 ※ネタバレ注意

今回も藍子はアイコパスでしたね(笑)和正のクズにも拍車がかかっていましたが、ラストシーンはやっと2人を追い詰めるところまでやってきて次回への期待が高まりました◎

離婚届を突きつけた梢に対して、和正の行動は哀れでした。愛してる、やり直したい、運命で結ばれていると口々に語り、まさにロミオ化現象(笑)

やり直したいと懇願するものの、「世界で1番の敵があなただ。あなたなんて居ない方がずっといい。」と言われ、とどめに、「これ以上失望させないで、あなたと結婚した自分に。」とまで。

そりゃ今までが今まででしたから、梢がこの態度になってしまっても無理はありません。よくここまで我慢してきたなっていう印象しかありません。

まさか別れようとしているなんて疑ってもいない藍子は和正の呼び出しに対して「正式プロポーズ来ますかね。」この発想はさすが藍子(笑)暢から多額の慰謝料を請求されている身なのに、焦りを一斉感じさせません(笑)

絶対別れると気合を入れながら、ホテルに待ち合わせた和正。呼び出した場所が別れる気あるのかよって感じでした(笑)

俺は変わるなんて意気込んでいたのに、結局藍子の誘惑に負けてまんまと‥。それでこそ和正って感じではありますが、つくづく和正ってやつはクズだなと印象づけてくれました。しかも、そのクズぶりと来たら、とどまることを知りませんでしたね(笑)

藍子に子供ができたと告白され、2人のためにと言いながら下ろすように促し‥その後すぐに高橋ともホテルへ。だけど驚いたのは、高橋が本当に妊娠してしまっていたこと。不倫だというのに避妊という概念すらもないのでしょうか‥。

さらに和正は不倫のバレた藍子については別れなきゃと思っているようでしたが、バレていない高橋との関係は現状維持ですよね。梢と本気でやり直す気があるならそもそも高橋との関係だって清算すべき。

「安心して私は何も求めたりしないし、でしゃばったりもしない、別れたふりしてあげる。」と言う高橋に、「本当にいい女だな」と言う和正だけど、単なる都合のいい女にしか思えませんでした。

それでも和正を信じる高橋は「大丈夫だから、帰って奥さんのところに。」なんて。藍子の方向とは違いますけど、高橋は高橋でいい根性してますよね。既婚者の上司で、さらに先輩の彼氏でもある男と関係を持っているんですから。

暢のマンションへと帰宅した藍子は、暢くんなら喜んでくれるのにな、好きなままで居させてくれたらよかったのにとこぼします。そして「誰も味方してくれない。」と嘆く藍子。どの口が‥。本当全て人のせいにしてますが、元凶は自分自身だなんて到底思っていない様子でしたね。

鞄から見えてしまった妊娠検査薬とエコー写真。暢と藍子の様子を伺う心の声はドキドキしました。「藍子さんがしたことは最低だけど、ちゃんとしなよ、母親になるなら。」と自宅を藍子に譲り荷造りする暢。

本当、暢って優しすぎます。普通なら不倫相手との子供を身籠った妻なんて、嫌悪感しかないはず。妊婦を装う藍子を気遣い、全く非のない自分が一旦は家を離れるなんて‥。そして。その優しさにズケズケと漬け込む藍子って本当最低すぎましたね。

一連の流れを友人たみくんに話した暢は、藍子の妊娠が嘘だと気が付かされます。最近のフリマアプリって陽性検査薬もエコー写真も売ってるんですかね、怖すぎます。そして何よりそれを利用して和正を繋ぎ止めようとする藍子の発想が1番怖い。そうでもしないと繋ぎ止めれないと思っていたのでしょうか‥。

おろすように促され作戦は失敗したようですが、それでもめげない藍子は和正のことしか見えていないんですかね。最後だからお願いと自宅に呼び出しながらも最後にするつもりは全くない藍子のメンタルには驚くことしか出来ません。

2人が自宅で会っていることを確信した暢は梢と共に乗り込みました。意を決してクローゼットを開ける暢。そこには藍子と和正の姿が。和正、トレンチコートみたいなの着てましたよね(笑)滑稽な姿に笑っちゃいました。この後どんな言い訳が飛び出すのか。次回は間違いなく修羅場!楽しみすぎます。

『サレタガワのブルー』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie