【サレタガワのブルー】第8話(最終話)の感想・ネタバレ/あっという間の最終回、もっと制裁を望んだけど...

サレタガワのブルー 第8話

サレタガワのブルー第8話 感想 ※ネタバレ注意

あっというまの最終話。藍子には毎回モヤモヤさせられましたが、まだ原作漫画では連載中のこのストーリー、どんなラストが用意されているのか、楽しみに見させてもらいました。やはり藍子はアイコパスのままなのか、暢に幸せな結末は用意されているのか、色々気になる点はありますが、サレタガワがブルーでない結末を願いながらの見守ることになりました。

前回のラストで、クローゼットに隠れる藍子と和正を取り押さえた暢と梢。弁護士も駆けつけ間違いなく修羅場のこのシーン、和正と藍子は対照的でした。

和正はいつもに増してのクズぶりで藍子を全否定(笑)別れ話をしていて最後の一回だったと正直に話したのには笑っちゃいました。和正、それでもアウトはアウトだよ‥。そして、暢が梢さんと呼んだことに対しても「梢って言うな人の嫁を。」と言ってみたり、別れたくないと懇願し「お前の方が美人だろ?この女が誘惑してきたから。」と藍子のせいにしてみたり‥。人の嫁に手を出した身でありながら、強気な和正は何様なんだろうかと思うほどの開き直りぶりでした(笑)

そんな中、「私たち本気で惹かれあってて、真実の愛で結ばれているから。遊びなんかじゃない。離婚してください。」と話す藍子はさらにぶっ飛んでいたかもしれません。

妊娠について問い立たされた時も、和正と暢、どっちの子供だというのが得だろうかと瞬時に計算しようとする藍子はさすがでしたし、あんなに和正に酷いこと言われても全然へこたれてなくて驚きました(笑)ケリがついて帰っていく和正に、「奥さんと離婚するんだし、私と一緒にはなれないの?2人で人生やり直そう。」この後に及んでこれが言えるメンタル‥藍子すごすぎる‥(笑)

暢と2人きりのマンション。自業自得なはずの藍子が自殺して見せようとしましたけど、絶対死ぬ気ないのわかっていたので焦りの気持ちすら湧きませんでした。きっとみんなそうだと思います(笑)

まひろの名前を挙げながら本当はもっと愛してほしかった、全部あなたのせいだと嘆き、「私変わるから、お願い許して。やり直したい。」と態度を一変。あれだけ暢の目の前で和正にせがんでおきながら、よくこの台詞が言えましたよね(笑)なんでそんな酷いこというの?と暢に聞いてましたが、完全なるどっちのセリフだよ状態でした(笑)

力を振り絞り、藍子を拒絶する暢。優しい暢だからこそ、突き放す一言がなかなか言えなかったと思いますが、よく言いましたよね。もっと言ってやってもバチは当たらないと思います。暢に関しては、本当によく耐えた!としか言えませんね。

ところ変わって、会社で今回のことを嘆く和正に「私は味方だよ、この子と私はいなくならないよと。」と声をかける高橋。和正ってやっぱりこういう男ですよね。そんな2人を見てしまった藍子は態度には現しませんでしたが、内心相当悔しかったはず。自分ではなくて選ばれたのは自分より劣っているとたかを括っていた後輩だなんて。

「私、譲りませんから。私の勝ちですから。」ずっと3番手で耐えていた高橋が勝利をおさめたのは意外ではありますが、強かにずっとこういうタイミングを待っていたのかも知れないですね。

弁護士が語った「サレタガワは成長しますよ、シタ側は繰り返します。」というセリフも印象的でした。名言でしたね。シタ側である和正は左遷され、社会的的制裁がしっかりありましたが、結局高橋を切るわけでもなく、(妊娠させた状況で切ったとしても最低すぎますけど)きっとこの先もチャンスさえあれば不倫してしまうんだろうなと思えて仕方ありませんでした。

だからこそ「くれぐれも不幸せに!」とコーヒーをかける梢は最高でしたね。

一方で藍子ときたら‥。

離婚届の記入に清々しくやってきて、「色々ごめんね。慰謝料のこともちゃんとするから」としおらしさがあったかと思うと、ちゃっかり次の男がいるなんて。「うざいくらい暢くんに愛されてたんだね、ありがとう!この結婚を糧にしてさ、次はもっといい恋しないとね、暢くんも早く新しい恋見つけなよー。」なんて言うから嫌な予感してましたけど、弁護士の言葉通りにシタ側である藍子は同じようなことを繰り返すのでしょうね。

忘れ物をと追いかけた暢が見てしまった藍子の次の恋(笑)もう呆れるしかないですが、それが藍子なのかもしれません。

正直、藍子にはもっとしっかりとした制裁を与え、その根性を叩き直すくらいの復讐が見たかったなとは思いますが、優しい暢にはきっとそこまで酷いことは出来なかったでしょうね。続編があるのだとしたら、藍子が少しでも痛い目に合えばいいなと思ってしまいますし、暢の今後の人生も見てみたいと思います。

ラストにはYouTuberのヒカルさんが登場し、ちょっとしたサプライズも与えてくれましたね(^^)

サレタガワのブルー。不倫は決していいことなどない。それだけは確実に刻み込まれた作品です(笑)そしてシタ側に一度でも行った人間は、きっとまた行ってしまうんだろうなとも感じさせてくれました。藍子役の堀未央奈さん、体当たりの演技が迫力ありましたし、また別の作品でも見てみたいです。

『サレタガワのブルー』を無料で見るには?

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie