【6 from HiGH&LOW THE WORST】第4話の感想・ネタバレ/坂田と楓士雄の悲しいすれ違いからケンカが始まる

6 from HiGH & LOW THE WORST

放送日:2020.12.10

誠司(白洲迅)が意識を取り戻したことを聞き、嬉しさが隠せない楓士雄(川村壱馬)。

一方、楓士雄に相手にされなかった基晃(森崎ウィン)は、楓士雄を振り向かせるために、ある事を実行する。

また、真歩(見上愛)に想いを寄せる正也(小森隼)も、とある事件に巻き込まれる。

知らせを聞いた真也(中務裕太)とマドカ(富田望生)は正也の元に駆けつけるが…。

番組HPより

6 from HiGH&LOW THE WORST第4話 感想 ※ネタバレ注意

楓士雄と司が歩いてると前からマドカが。クラリネットのメンテナンスに行く途中で自転車のタイヤがパンクしたんだとか。

気を利かせた楓士雄が司に自転車屋までお供させることにしました。

マドカってイケメンの司に会いたがってたし、ファンなのかな〜って思ってたけど、司の前でもやっぱりマドカはマドカだった笑笑

なんだかチンピラにボコボコにされてる坂田、借金の返済に追われてるみたい。父親のせいで団地を追われ、母親も突然亡くなって、彼も苦しんでるんだね。新太みたいに変な方に走らなきゃいいけど。

小さい頃から周りから疎まれ、避けられ続けてきた坂田だけど、楓士雄だけは「文句があるならいつでもオレのところに来い」って、「来い」って言ってくれた唯一の人だったんだ。

タイミングが悪かったとはいえ、その楓士雄にも避けられた。自暴自棄になるのも仕方ない。本当、タイミングが悪かった。それに突き放した楓士雄にも責任あるよね。

真帆と映画を見てた正也は詩人になってる笑笑

そこへ絡んできた前に真歩に振られた男と仲間たち。正也に撃退されてしまいます。

正也を心配そうに見る真歩。正也は全然気づいてないけど、脇腹にナイフが刺さってます。鈍感すぎ笑笑

真也は久々に登場。マドカが部活引退後にもクラリネットの練習してる理由を教えてくれました。

離婚して突然消えた父のため、コンクールで優勝すればSNSで拡散してもらえる。クラリネットだけが大好きだった父と繋がってる気がする。

そこへ母から正也が刺されたと連絡が。病院に駆けつけると無事だってことがわかって一安心。

警察で事情聴取を受けてた真歩も戻ってきて正也を心配するけど、母、マドカ、真歩の女3人で意気投合してすっかり仲良しに。正也が目を覚ましてるんだからひと目会ってもいいのに。

坂田はやっぱり悪い方向に進んでしまった。昔、ジャム男をいじめると楓士雄がすっ飛んで来たから、今回もジャム男をやれば楓士雄が振り向いてくれるだろうって。

もうちょっと、こう…やりようはあると思うんだけどねぇ。不器用なんだろうね。

なんだろ、これで揉めるんならすごく悲しいケンカだと思う。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie