【空から降る一億の星<韓国ドラマ>】第3話の感想・ネタバレ/「やけど痕」ムヨンはジンガンが気になって仕方ない様子

空から降る一億の星

やけど痕

放送日:2020.9.20

アーツのブランドデザインを担当することになったジンガン。ブルワリーでたびたびムヨンと顔を合わせるようになるが、彼のやけど痕に気づいても見て見ぬふりをする。ムヨンはそっけない態度を取り続けるジンガンの関心を引こうとするが…。

一方、ウサンはムヨンがスンアの交際相手であることを突き止め、彼に結婚記念のビールを造ってほしいと依頼して圧力をかける。スンアは結婚に抵抗するが、母からムヨンと別れるように迫られて…。

番組HPより

空から降る一億の星第3話 感想 ※ネタバレ注意

ジングクが様々な情報を得てムヨンが女子大生殺害事件に関わっていると確信した回でした。

逮捕された恋人が犯人とは思えないこと、ユリがムヨンと2人で会ってたこと、防犯カメラに写ってたアーツのロゴの傘、極めつけはジンガンが言ったムヨンは瞬間記憶の能力があることでした。

これまでの状況とムヨンの状況を照らし合わせれば、視聴者だってムヨンが怪しいと思うはず。

どう関わってるのかわからないけど、スノードームを完全に元に戻したあたり、ムヨンが何らかに関わってるんだと思う。

そんなムヨンはジンガンが気になって仕方ない様子。ムヨンに無関心なジンガンの気を引こうとあの手この手を使います。恋心とかじゃなく、ジンガンの目を見るとイライラするって珍しく感情をぶつけてた。

いつもは感情をコントロールしてるのか欠如してるのか、のらりくらりとかわして飄々としてるのに、こんなにあからさまに感情を吐き出すなんて。

そうそう、ムヨンについても生い立ちがわかってきた。孤児院で育ったこと、孤児院に入る前の記憶がないこと、でも父親は警察官だってことは覚えているっぽく、本当っぽい。父とジングクの間で何かあったのかな?

ジンガンとチョロンは進展なし。チョロンはめっちゃ気に入ってるみたいだけど、ジンガンはまったくって感じ。

スンアはウサンの両親に紹介をすっぽかしてムヨンのところへ。ムヨンも受け入れてめでたく結ばれたわけだけど、ウサンがこのまま黙ってるわけないよね。上流階級が一番大切にしているメンツが潰されたわけだから。

ムヨンも自分の親会社の会長の息子が相手なのに良くやる笑

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 OTONOKO movie