【天国と地獄~サイコな2人~】第4話の感想・ネタバレ/日高の人間性を知るうちに惹かれ始める彩子

見逃し配信(第4話)
2021年02月14日で終了しました。
見放題(全話無料)

天国と地獄~サイコな2人~第4話 感想 ※ネタバレ注意

日高が彩子の体を使って殺人をするなんて衝撃的なことが起きた前回。彩子は早速、河原に事情聴取に呼ばれます。日高によって自らも殺人犯となってしまった現実に怒りと落胆を感じながらも、日高らしく聴取に応じる彩子。

日高がまさか自分の体を使って殺人するなんて思ってもなかった彩子にとって、今回のことはかなりショックだったと思います。元に戻ったとしても自分は殺人犯になってしまう。さらに、このことで脅され殺人のために隠蔽の協力を余儀なくされるかもしれない、殺人犯を助けなくてはいけない未来にも絶望の色を見せました。

聴取の帰り、彩子の胸ぐらを掴む日高に違和感を持った河原は「望月彩子」を疑いはじめます。たまたま見てしまっただけなんですが、本当鼻が効きますよね。

元に戻ったところで人殺しだと嘆く彩子に八巻は自分は手を引きたいと伝えました。あんな猟奇的な殺人犯の側にいるだけでも怖すぎるのに裏切っていることが知られるなんて考えたくもないですもんね。彩子もきっと八巻をこれ以上巻き込められないと感じていたと思います。

日高になった彩子は社長として働かなくてはなりません。しかし入れ替わり前の日高の素晴らしい仕事ぶりについていける訳もなく‥。警察を罵られ、営業先で逆上したり(笑)社員には人が変わったようだと不満をぶつけられてしまいます。だって中身は彩子ですもんね。日高のようなスマートさには欠けますし、営業云々の知識がなくて当然‥。

さすがに隠しておけなくなった彩子は記憶障害だと打ち明けてみせるのですが、社員の手厚いフォローや妹である優菜から過去の優しいエピソードを聞かされたりと、日高の人の良さを痛感することに。特に五木がメールを送ってすぐに駆けつけてきた社員の申し訳なさそうな顔を見ると、日高ってほんに信頼があったんだろうなと感じる場面でした。なんでそんな優しいであろう人物があんな猟奇的な殺人ができるのか‥。考えれば考えるほどに日高ってどんな人なんだろうかと頭を悩ませます。

また、彩子の同居人の陸は、前回見つけた血だらけの防護服について不思議に思い、先輩に相談。彩子が二重人格なってしまったかもと推理してみますが、彩子になりすます日高のうまい言い訳を信じ切ったようでした。その後、1人入浴する日高が田所仁志、四方忠良‥と亡くなった被害者の名前に入る2と4の数字を思い返しながら、次はなんなんですかねと語る場面は、日高が殺す人を決めている訳ではないような印象を与えるシーンでした。リストにはまだまだ人の名前がありましたし、これからも被害者が出てしまうのか、またも数字が関係してくるのかと不安が募ります。彩子や日高の周りにも意外と名前が数字に関係のある人物いるんですよね‥。これも気になる点ですね。

一方で、手袋のすり換えに気がついた河原。さらに殺人現場で彩子らしき人物の目撃情報までゲットし、本当にハラハラさせる展開でしたね。目撃者が殺されるのではの心配する八巻からの連絡もあり、彩子はこれを見逃しては私ではなくなると動き出しました。日高を突き出し、自分も捕まる。それでもいい、死体が増えるくらいなら、2人仲良く地獄行きだと話す彩子。無力になってしまったけれど、「望月彩子」として「警察官」として、正しいことをするべきだと迫る彩子。

すると日高は何か納得したように「だからあなただったんですか。そうか、だから私はあなたと入れ替わったんですよ。」と話すのでした。入れ替わりが起きた理由を日高は何か気づいたようでした。

そして、今回も日高は河原よりも1枚も2枚も上手でしたね。彩子も協力し、目撃者がいるというピンチもさらりと交わしてしまいました。今回、血も涙もない、冷酷な男だと思っていた日高が、周りからの信頼に厚く、妹の心配をし、本当は優しい人物なんじゃないかと思ってしまった彩子。さらに、目の敵だった河原を捜査本部から外すことに成功という状況下で、河原のことを思いやるような発言が出たり‥。日高という人間の本当の姿はなんなのか、「日高のいう人間を知りたいから。」という彩子の気持ちの変化は殺人鬼でない部分の日高の人間性に少しずつ惹かれるようなものがあるのかもしれません。

主演の2人の入れ替わりの演技は圧倒的で、本当に日高の中には彩子が、彩子の中には日高が存在しているよう。表情、動き、言葉遣い、視線の送り方、全てが日高で、全てが彩子でした。

彩子が日高の人間性を知りたいと思い始めた今回。次回どんな展開へと繋がっていくのか、待ち遠しいです。

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie