【天国と地獄~サイコな2人~】第8話の感想・ネタバレ/日高は兄をかばっている?それともまだ謎が?

天国と地獄~サイコな2人~第8話 感想 ※ネタバレ注意

今回もハラハラと手に汗握る展開だったと思います。彩子と日高はついに元に戻れたのでしょうか!?

東朔也の存在が明らかになり、日高は兄の犯行を止めるために探し回っていただけじゃないかと彩子は推理します。だとすれば、日高として捕まることに怯える必要が無くなる彩子はこのことが攻守逆転となるのではと考えるのでした。彩子の考えるように、これまでの行為は兄を守るために行われているもののような気がしますし、日高は殺人犯ではないのでは?と思ってしまいます。

「何もやってないんじゃないの?」どんな人でも殺されていいわけないし、誰かを殺すことも許されない。どんな事情があれ、死守すべきルールが人間にはあると彩子らしく、ど正論で日高に詰め寄りました。やはり彩子は、彩子でしたね。日高もそんなことはもちろんわかっていて、だけど東の存在がそうはさせてくれないと言っているようでした。

回想シーンにありましたが、東に「お前の人生は俺のものだったんだ」と胸ぐらを掴まれた日高は何を思ったでしょうか。実の兄にそんなことを言われてしまったら、根は優しい日高は居た堪れない気持ちになり、なんとかしてあげたいと思ったのかも知れません。だから今こうやって東を庇うような生き方をしているのかもと思ってしまいました。このシーン、日高は彩子の考えを否定しながらも日高の胸にすごく響いているように見えました。

兄を庇うことは諦めるから社長を辞任しておくようにいい自分の会社を去りながら、社員に視線を送る日高。彩子の日高としての振る舞いや話し方を見て自分のキャラクターがどんな風になっているのか気にした日高ですが、社長を辞任しなければならない状態となり、自分が作り上げてきた会社や、一緒に働いてきた仲間から離れることに少し寂しさを感じさせていたのかなと思いました。

東の犯行を決定づける証拠品を鑑識から盗み出し、さらには東の自殺を偽装する日高。まだ、東を守ることを諦めない日高に綾子はすぐにバレると諭します。しかし、問題なのはその少しの時間だと日高は空を見上げました。余命わずかな東の命の限りということなのでしょうか。満月の日に何かが起こるのではという不安と期待がそこにはありました。

捜査会議が行われる中、威勢よく登場した河原は東朔也について話し始めます。毎度ながら河原の捜査能力の高さには驚かされますし、本当に嫌なタイミングで真実を掴んでしまう河原に負の感情しか生まれません‥。河原は何も悪くないんですけどね‥。河原の調べから、東が久米の息子に恨みを持つ理由や東の顔写真も明らかになりましたし、日高はどんどん追い詰められ、何か起死回生の一手がないのかと思ってしまいました。

そして、久米の息子が殺された現場にいた犬のフンから発見された日高の乳歯。恐れていたことがついに‥。日高の乳歯が現場から出てきたという逃れのない事実を受けて、さらに絶体絶命のピンチになりました。

いつもどんなピンチも見事に乗り越えてきた日高があそこまで追い詰められたのは初めてだったと思います。なぜ東は日高の歯を現場に残したのか。東が日高をいつも側にという気持ちで持っていたものがたまたま落ちてしまったのだと願いたいですが、東が日高を陥れようとしていたのだとしたら悲しいです。それほどまでに日高に対して恨みの感情があったのか‥。

この事態を受け日高に緊急配備がかかり、二人の入れ替わりのことを五木にも話すことになりました。陸の時もそうでしたが、五木もすんなりとそのことを受け入れてくれたようでした。確かに言動の変化をいつも側で見ていた五木からするとその方がすんなりと腑に落ちたのかもしれません。警察の手から守ってくれた五木からは日高がそんな人間ではないと信じているんだろうと日高の人間性を改めて感じさせされました。

そして、日高から呼び出された彩子に、日高くんは馬鹿じゃない、それでいいって思ったってことだと五木は話しました。きっと日高だってそうしたかったはず、だけどそうは動けない東という存在があるのも確か。この決意は彩子のあのまっすぐさが日高を動かしたのだと思います。

また、八巻が捜査情報を流していることを河原に攻められているシーンは可哀想になりました。あの八巻が最後の最後まで口を割らなかったのは本当によくやったと思います。きっと彩子が頭を撫でてくれるレベルですね。

望月彩子に戻れるのだろうか、それでいいんだろうかと悩みながらも急いで歩道橋へ向かう彩子。日高は彩子に入れ替わろうだなんて一言も言いませんでしたが、それが日高らしくもありましたし、そうじゃないといけなかったのかも知れません。

あの凶器の石を渡され、逮捕されそうになる彩子。入れ替わりで呼び出されたのではないと一瞬焦った彩子でしたが、日高はサイコパスなんかじゃない、これは演技だと自分に言い聞かせていました。日高として生きる中で、日高の生い立ちを知り、日高の周りの人間を知り、殺人をするような人間ではないこと、日高という人間をある種信頼しているからこそ、この考えに至ったのだと思います。

2人は1話の時のように歩道橋から転がり落ちましたが、果たして2人は元に戻ることができたのか。彩子が自分の顔を触り確かめる仕草は、彩子が戻ったことを表している気もしますが結果は次週までお預けでしたね。

最終話に向けて、2人の入れ替わりはどのような結末へ向かうのか。まだまだ目が離せません。

無料動画・見逃し配信をチェック♪

-感想
-

画像の右クリックは禁止してます

© 2021 OTONOKO movie